「ほっ」と。キャンペーン
2008年 10月 29日
やっと見えた
c0090543_17515088.jpg

元町の大丸から東に移動するとき
お天気が良くてしかもそれが午後だったりすると
期待を込めて山側を見る

神戸信用金庫前の交差点辺りが絶好のビューポイントと聞いている

サンプラザかセンタープラザか失念してしまったがその南側の壁面によく見るとわかるくらいの線状の突起があり
太陽の位置により、その突起がつくる影が見事に絵になるのだ
それも一番うまく見えるのは一日のうちで20分程度と聞いたように思う

これは何年か前 神戸の歴史を重ねた建物いくつかにまるで彩色を施したかのように様々な色の光を当てるという幻想的なイベントがあり(残念ながらその名前は失念してしまったが)
少し離れたところから建物全体に光を当てるのだが、まるで直接色を塗ったかのように柱 壁と見事に色が分かれている様は 技術にも驚いたけれどまるで別の世界にきたような美しいものであった

ヨーロッパから来ていたその技術者(芸術家と呼ぶべきか)の置き土産が件の壁の突起なのである
今までに何度見上げたけことか
けれどお天気が悪かったり時刻が合わなかったりで見ることは出来なかった

今日初めてそれが見えたのだった
携帯を空に向けるようにして一生懸命シャッターを押している私を見て通り掛かりのビジネスマンが北のほうを見たけれど肝心のものには気付いただろうか
この画像では不鮮明だろうが、はっきり見えないほうが楽しみがあってかもしれない
なので敢えて図柄の説明も加えない

ともかく本当に良く計算されたものであることは確かである
しかもロマンチック

お天気のいい日の午後
神戸信用金庫の前を通りかかったら足を止めて山側の壁を探してみて欲しい

当然綺麗に見える時刻は季節によって違うわけで
ちなみに画像の撮影時刻は10/29 13:25である
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-29 17:51 | Comments(0)


<< 今年はさらに大玉      土鍋でお好み焼きを焼く >>