「ほっ」と。キャンペーン
2008年 11月 30日
サロンを買いに
コーヒーカジタさんを後に私が向かったのは
桜通に面したビルの2階にあるセレクトショップ22
1階はギャラリーfeel art zero
3階はカフェとアンティークの3+
4階には11月28日にオープンしたての良質の古着を扱うお店
どのフロアもそれぞれが魅力的で上がったり降りたりしていると一日中でも飽きないかもしれない

22ではserf esteemと題した企画が行われている
ヨーガンレール/monSakata/安藤明子/to22

ヨーガンレールは神戸にお店があるので目にする機会もあるけれど後のお二人のものはなかなか見ることは出来ない
ことにサロンを買うために百草行きまで考えている私にとってはまたとない機会なのである

大きなガラスの扉越しに高いところに懸けられたサロンが見える
ワクワクしながらお店に入る

全国あちこちで時折開かれる安藤明子さんのサロン展はものすごい人だと聞いた
そういった中で自分の思い入れのあるものを選ぶのは苦手である
今回サロンの数は少なかったけれどゆったりした時間の中で手触りを楽しみ身体に当ててじっくりと選べるのはとても嬉しかった
オーナーのお母さんがいろいろアドバイスしてくださる
どれにするか悩んでいるのも楽しい時間である

c0090543_10141625.jpg


薄いのだけれどハリ感もありながら、でもふわっと軽いブルーグレーの綿と
萌葱色の絽との組み合わせ

下に持ってくる重ねサロンの色でこの鮮やかな黄緑が変化するのも楽しそう

上手く着付けが出来なくて…と相談すると
正統の着付け方もあるけれどタックでなくギャザーを寄せたり、斜めに履いたり
自由に楽しんで下さいとのこと


サロンに添えられていた安藤明子さんの文

「'self eseteem'
身につければ 衣服となり 離れれば 布に還る
衣服として 私を包み 且つ 布として 只 存在するもの」

サロンは決して特別なものではなく逆にとても自然な衣服なのだと思う
肩の力を抜いて自分なりに楽しめるようになりたいものである
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-11-30 21:47 | ぬの | Comments(4)
Commented by こむぎ at 2008-12-01 19:21 x
ステキな色合いですね 私もサロン 何枚か持っていて 今日は何色の重ねサロンと組み合わせようか・・・なんて楽しみながら身にまとっています。(子供には相撲のまわしみたいだ・・・などと言われておりますが・・・痩せねば!!)
Commented by gonnosuke117 at 2008-12-02 08:29
>こむぎさん
 ありがとうございます。
 他にも好きなのが沢山あって迷いました。予算で諦めたものもありますけれど…。笑

 単純な形ながら着る人を選ばない。その人なりの体型の美しさを出してくれる衣服ではないかと思います。
 初めてサロンを着たとき、紐の長さに思ったほどのゆとりが無く愕然としました。私こそ痩せねば!!です。ああ~

ル・ボナーさんがティアの制作に入られているようですね。こむぎさんのところにパープルのティアがやってくるのももうすぐでしょうか?私までウキウキしてしまいます。
 
Commented by こむぎ at 2008-12-02 10:45 x
ティア ウキウキ・ドキドキしながら待っています。幸せなひとときです。
 
Commented by gonnosuke117 at 2008-12-02 18:00
>こむぎさん
ティアは憧れのバッグです。
そのまま見るよりも肩からかけている方が本来の美しさを発揮してくれるような気がします。
長く待たれたので手元に届くのが本当に楽しみですね。


<< のんびり帰ろう      名古屋だぎゃ >>