2009年 01月 04日
越年’08→’09 行ったり来たり
夫は26日が私は27日が仕事納めだった

27、28日は自治会の用があるために自宅で過ごす
なかなか進まない年賀状と大掃除と

29日
ようやく年賀状を投函し(今年は338枚)
私の実家へ手伝いに
買い物、掃除、と意気込むも
思ったことの半分も出来ず

30日午後
神戸に戻る
夜娘を迎えに空港へ
久しぶりに家族が揃うと思いきや息子は忘年会だとかで不在

31日
再び私の実家へ
近くの神社の迎春準備の日役に夫が出てくれる
おせちは母に任せて私は掃除の続きを
娘は気が緩んだのかこたつでうたた寝
息子はバイトのために神戸で一人越年である

1日
冷え込むと思ったら雪模様である
何はともあれつつがなく新年を迎えられた幸せを思う
夕方車で15分ほどの夫の実家へ
息子以外の全員が揃い総勢14人で賑やかなお正月だ
持ってきた日本酒やスパークリングワインも開けて飲む飲む食べる食べる

2日
娘は高校時代の部活仲間との小旅行のために赤穂へ
この日合流する予定の息子から風邪をひいてしまったとの連絡を受け
私の実家でもう一泊する予定を急遽変更して神戸へ戻る
思ったよりもひどくなさそうで一安心だ

3日
初仕事を終えた友人が立ち寄ってくれる
高校サッカー3回戦を見ながらコーヒーを飲んでお持たせのロールケーキを食べて
年明け早々お客さんがあるというのはいいものだ
夜、ようやく4人揃って晩ご飯
思いつくままに料理を作る
ワインを開けたのでついついそれに合うものを作ってしまう

4日
午前の飛行機で東京に向かう娘を見送りに
チェックインギリギリになってしまったためとはいえ
振り返ることもせずターミナルビルに駆け込んで行った
あっさりしたものである
夫は少し いやかなり寂しそうである
息子は風邪からほぼ復活
バイトに出かけていった

年末年始の特別な時間は過ぎて
少しずつ日常が戻ってくる
それがどんなに幸せなことか
噛みしめるようにしみじみと思う
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-01-04 18:42 | くらし | Comments(0)


<< 美味しいお餅を食べるには      イブの日に >>