「ほっ」と。キャンペーン
2009年 01月 27日
期待以上
今年いただいた年賀状の中の一枚に目が釘付け
ジェロボアムさんからいただいたものなのだが
昨年秋にレストランを始められたというのだ
その噂は聞いていてとても気になっていた

あのワインの美味しさである
レストランも美味しいに決まっている
ランチは3000円から
これなら行けるぞ
いつ?誰と?
と年明け早々からワクワクしていた
(レストランの方ばっかり気を取られてジェロボアムさんのほうのセールのお知らせは完全に見落とし)

同じジェロボアム仲間の友人とそのお姉さんと行こうと決めて
元町駅で待ち合わせ
そこから徒歩20分ほどと聞いていたのでしっかり歩く覚悟で山側へ
(実際はそんなにかからなかったけど)

竹中大工道具博物館の前を通る
三人共、こういう道具系が大好き
興味津々だったがあいにく休館中だった

更に坂を登ると右手にとても気になるお店が
トアロードリビングスギャラリーである
その名前は前々から聞いていて一度行ってみたいと思っていたけれどここにあったのか
予約の時刻まではゆとりがあるのでちょこっと覗いてみる
ドイツの銅製の湯たんぽに心惹かれるも我慢
他にも気になるものが一杯だ

さあそろそろ行きましょうとまた坂を登る
お店までもう少し…のはずが…見当たらない
予約を入れてくれた友人が少し焦った顔をしてお店の人から聞いた道順をメモした紙を見返している
予約時刻もせまっているので意を決して電話で聞いてくれた
なんとレストランは先ほどまでいたトアロードリビングスギャラリーの隣
これには三人で大笑いだった

さてさてささやかなハプニングの後にたどり着いたカ・セントは入っただけで居心地の良さを感じる素敵な空間だ
モダンスパニッシュの料理とジェロボアム厳選のワインが楽しめるレストランである
席に着く前からもう期待で一杯

前菜
サラダ
メイン(肉か魚)
フォカッチャ
パスタのパエリア
デザート2種
珈琲か紅茶

料理に集中したかったため画像は無し
けれどもいくら画像を添えたところで
事細かに説明を加えたところで
この日の私たちの興奮は伝わらないだろうな

素材からこだわったお料理は味もボリュームも大満足 
さらにお店の佇まい 食器 接客 どれも言うこと無しだった
駅からは少々離れているけれど行く価値は絶対にあり
ともかく足を運んでみられたし

ランチは3000円と4200円の2種類
初めてなのでととりあえず安い方のコースにしたけれど
かなりお値打ちの内容だった
これで4200円の方だったらいったいどうなるのかというのがお店を出るときからの私たちの話題

ジェロボアムさんがされているお店ならばワインももちろん美味しい
ワイン好きのご主人から”僕より先に行くからには絶対ワインも飲んできなさい”との指令を仰せつかった友人はそれぞれの料理に合わせてグラスワインをチョイスしてもらった
諸事情によりこの日アルコールの飲めない私は一口ずつ味見させてもらったけれど
それはもう言うまでもなく美味しくて
さらには支払のときに明細を見せてもらったがとてもリーズナブルでビックリした

この次は絶対に4200円コースで
ワインも飲むぞと心に誓うのであった

c0090543_10583392.jpg




夕方に健康診断を控えていたからであって
美味しいワインを前に
健康診断をキャンセルしてしまおうかとの誘惑にかられながらも
珍しく理性で押しとどめたのに
健康診断は食事を取り終えた時刻が遅かったために日が変更になってしまった
こんなことなら飲んどきゃよかった!
後悔先に立たずとはこのことだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-01-27 23:20 | でかける | Comments(0)


<< 世の中は狭いのだった      美味しい芋煮の作り方 >>