「ほっ」と。キャンペーン
2009年 01月 28日
世の中は狭いのだった
カ・セントへ食事に出かけた日

それはまあよくしゃべったのだけれど
ふとしたことからコーヒーの話題になった
昨年暮れにコーヒーミルを買って以来
美味しい豆の話にはピクピクと反応する私

友人の古くからの知り合いがトアロード沿いで珈琲屋さんをしているというのだ
「へえ~なんて言うお店?」と気軽に尋ねた私はその答えを聞いてびっくり

ちょくちょくお邪魔するブログで
前々から気になっていた珈琲屋さんに行ったという記事があって
とても気になっていたまさにそのお店だったのだ

早速友人が案内してくれるという

トアロードを線路を越えて少し上がったところにある
樽珈屋さん

お店の前まで来るともういい香りがしている
細長いお店の手前はコーヒーの販売
奥は喫茶コーナーになっている
常連さんで一杯だ

初めてのお店なのでとりあえず煎りの深いものから浅い目のものまで3種類ばかり買ってみる
ご主人はコロンビアまで自身で買い付けに行かれるそう
こちらもこだわりのあるお店のようで
コーヒーをたてるのが今から楽しみだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-01-28 11:13 | でかける | Comments(0)


<< まさにツボなのだ      期待以上 >>