2009年 02月 07日
ぴったりすっぽり
流しに片付けていた食器を洗おうとしていたら

c0090543_2362551.jpg

                   ↑これに!

c0090543_237628.jpg

                   ↑これが…



ぴったりはまって外れない

そう言えば食器を下げようとして何気なく重ねたときに嫌な感触があったのだ

最初は少し動いていたのだ
しかし外そうと触ったらカチッとさらにはまり込んでしまった
焦れば焦るほど小鉢はぴったりとはまってしまう

そういえばまだ息子も生まれていない頃同じようなことがあった
ガラスの筒型のサラダボウルにパン皿がこれまたすっぽり
どうにも取れなくなってしまった
思い付くばかりのいろいろな救出索を試みるも埒があかず
とうとう意を決してハンマーで片方を割ったのだ
どちらのうつわを救ったのかの記憶もすでに定かではない
救出したほうのうつわも後に割ったか処分したか、我が家にはとうの昔にない

今回はお気に入りの作家さんのものと実家の蔵から貰ってきたもの
値打ちに関わらずどちらも割れては困るのだ

中に水を張りボウルに熱湯を入れたところに浸けてみる
一応科学的に考えてみたわけだ
これが効を奏して小鉢が少しだけ動いたが外れるまでにはまだまだ

えいままよとまな板の上でコンコンとやってみた
するとどうだ
小鉢が少しずつ顔を出してきたではないか
これで小鉢を掴むことが出来るようになった
後は騙し騙し二つのうつわを外しにかかる

コトッと外れたときには熟睡中の家人を起こしてこの勝利感を伝えたい気持ちを辛うじて抑えた

今思い出してもスリリングな深夜の格闘劇であった
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-02-07 09:48 | Comments(0)


<< 大阪さまざま      大切な存在 >>