「ほっ」と。キャンペーン
2009年 07月 27日
ケーキ屋さんでビールを飲む
夫と息子とでplusfreshさんに行く

入口のボードに生ビールの文字が

私と息子はケーキと紅茶を選んだが夫はとりあえずビールを

ビールとともに運ばれてきたのは
美味しそうなオリーブと茄子
(思わず写メを撮ったがお店の了解を得るのを忘れたので画像なし)
茄子のほうはご主人のチャーリーさん手づくりだそうで
夫が一口食べて とても美味しいから一切れあげるよと言う
ありがたいお言葉ではあるが丁重にお断りした

だって夫のを見た瞬間にケーキの後で頼もうと思っていたんだもの
息子も右へ倣え
夫もお代わり

ビールは綺麗に泡が立ち
オリーブはポルコバッチョさんのもの
美味し~い
茄子もとろとろでガーリックの風味がなんとも言えず
ビールがますます進んでしまう

たまたまそばに来られたチャーリーさんに厚かましくも作り方を聞くと丁寧に教えてくださった

ニンニクを叩き潰し
オリーブオイルとともに鍋へ
それから火をつける
ニンニクの香りをオイルに移しつつ温度を上げる
タカノツメも入れて辛みも出す
ニンニクに少し焦げ目がついた頃に適当な大きさに切った茄子を入れる

揚げている間に容器を準備
容器の底にパラパラと塩を降る
茄子に完全に火が通る直前に引き上げて
容器に並べていく
一段並んだらその上からまた塩をパラパラ
さらに茄子を
を繰り返す

そのまましばし放置してなじませたら
(チャーリーさんによれば、その間にお風呂にでも入ってと…)
ま、ともかくその位置いたらざざっと全体を混ぜる
でおしまい

冷蔵庫で冷やせば美味しい前菜の出来上がり
何日か持つそうなので茄子の出盛りの時期にまとめて作っておくといいだろうなあ

早速家でも作ってみた

c0090543_18322567.jpg


美味しいんだけど、やはりチャーリーさんのとは似て非なるものになってしまった
ぜひplusfreshさんでビールを注文してこの茄子の味も体験されたし

plusfreshさんではビールは樽を開けて三日までのもの
野菜は可能な限り有機のものをと
こだわられている

お店が広くなったからとあれもこれも手を広げずに出すからには確かなものをという姿勢はplusfreshさんらしいなと思う

ワインが飲めるときもありやと聞いているし、いつか庭で収穫されたオリーブが出されるかも
行く度に新しい変化がありそうで
やっぱり入り浸りそうだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-07-27 18:32 | おいしい | Comments(0)


<< なにがおきているのだろう      一気にサングラス長者 >>