「ほっ」と。キャンペーン
2009年 12月 18日
キッチンカウンター搬入
c0090543_232349.jpg


floorさんにオーダーしていたキッチンカウンターが搬入された

お店に展示してある家具と図面から想像を膨らませてこの日を待っていた

サイズがそこそこ大きいため現場で組み立てられる

大小の箱が三つ
これを連結してナラの無垢材の天板が載るとかなりの迫力になった


c0090543_232380.jpg


仕上げはオスモのオイルで

刷毛で塗られると木目が浮かび上がりさらに重厚感が出てくる

細かいヤスリで磨いて最終仕上げ

これから引き出しの製作にかかり完成するまでにはあと少しかかるそうだ
ここまでのカウンターの出来具合を見ていて、待つ楽しみがますますわいてきた
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-18 23:02 | Comments(2)
Commented by win-twins at 2009-12-19 10:28
広いカウンターですねぇ 900mmはありそうだ すばらしい
ガスも引き出せるんだ~
こりゃ カウンターでパーティーも可能ですねw

そして 床にも蜜蝋を塗布されて

← ルイス ポールセン
よく派手なPHシリーズなどに目がいきそうですが こうやって実際のお宅に設置された Toldpod 素敵です
すばらしさを再確認しました
コードの色もいろいろあったと思いますが プレーンなのがいちばんかと
要チェックですね
我が家の居間の AKARI 和紙が劣化してボロボロなんです(涙)
Commented by gonnosuke117 at 2009-12-19 18:50
>winさん
ご明察です。900×2100だそうです。
ガスコックは炊飯器用のつもりでつけてもらいましたが、色んな使い方が出来そうですね。

蜜蝋塗りはとても楽しい作業でした。
今度塗るときには友人達を巻き込んでメンテナンスツアー(宴会つき)なんてのをやろうかと目論んでいます。講師はフロアデザインズさんと勝手に決めています。笑

ものの名前を覚えるのが年々苦手になっています。
ルイスポールセンもやっと覚えました。
でもずうっとこのトルボーが好きでした。(この名前も覚えるのに時間が掛かりました)コードの色や長さなどはフロアデザインズさんにお任せしました。

AKARIというのも知りませんで、検索してみました。イサムノグチさんのデザインによるものでしょうか。この方の名前は知っていました(^^)
和紙は光もやわらかに届きそうですね。
実は二階の照明がまだ不完全なのです。一部屋は照明無しのまま…汗
でも当面はそこで寝起きする予定はないのでじっくり選ぼうと思っています。


<< ロイヤルとトルボーと      給食へのあこがれ >>