「ほっ」と。キャンペーン
2010年 03月 31日
何年ぶり?
c0090543_93319100.jpg

きらず料理のよしみ亭さんは水曜木曜だけ営業のお店だ

友人と息子の三人でランチに出かけた

日替わりランチは650円
お店の前のボードにメニューが書かれている
今日はなにかな?

ええ〜!
メインは白身魚とカキの春巻きだと

数年前カキにあたって以来トラウマになり
カキを受け付けなくなってしまった私
どうしよう…
他のものを出していただけるかなと思いつつドアを開けたら
先客につぼまんさんがおられてランチ中
で、件の春巻きを絶賛されている

こうなれば食べてみようと決意する
よしみ亭さんは私を気遣い
「別のものにしましょうか」と言ってくださったが
よしみ亭さんのオリジナル料理の美味しさはリュックサックマーケットでもよく知っていたこともあり
カキトラウマから脱却させてもらえるかもという期待を胸に久方ぶりのカキに挑戦することとする

出てきたのはおからのサラダに雷豆腐、お吸い物
そしてドーンと春巻き三つ
三つだよ〜(ドキドキ)
カキがうまく隠れていると表現すればいいだろうか
ともかくカキが前面で存在感を主張しない
でもカキの美味しさはある
そんな感じ
タルタルソースがあっさりしていてこの春巻きによく合うのだ

めでたく三つとも完食


さてこちらには特別なお茶がある
お願いすれば何杯でも気前よく注いでくださるが
このお店で一番仕込みに時間がかかるのがこのお茶なのだそうだ
なんとおからのお茶である
半日ほどかけて焦がさぬようにじっくりと煎りつけていくらしい
香ばしくてとても美味しい
一度作ってみたいが、果たして半日も丁寧に煎り続ける根性が自分にあるのか?と思いついつい先延ばしになっている
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-03-31 20:33 | でかける | Comments(0)


<< Twitterの威力      公州への旅 その6 番外編 >>