2010年 04月 08日
これがあの
c0090543_19354917.jpg

前々から気になっていたコーヒー屋さんの豆をいただいた

私の知り合いの中でもコーヒーにかなり詳しく、こだわりも持っている人をして
「久しぶりに感動するコーヒー豆に出会った」と言わしめたものである

島根の松浦珈琲のノイブレンドは
「限りなく深煎り、それでいてバランスがとれていて美味しい」(松浦珈琲のblogより)のだそう
こちらの珈琲はしっかり火が通っているので時間と共に熟成するのだとか
だから常温保存せよと…
いただいた豆も焙煎してから二週間ほど経ったもの
熟成のピークが1ヶ月以上経ってから訪れるものもあるそうなので
一杯ずつ時期をずらしていただいてみようと思う

まずは大切に缶にしまった
上から覗いて見れば艶々とした褐色の豆が側面にも映ってとてもきれいだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-04-08 19:35 | おいしい | Comments(2)
Commented by モリゾー at 2010-04-08 22:50 x
コーヒー豆って、かじると美味しいんだろうな~と安易に思ってかじったんです。
予想外の味でビックリしたのが中学生の頃(笑)

島根の服部珈琲店が好きで、島根に行ったら必ず行くようにしているんです。
島根って、珈琲が美味しい街なんでしょうね。
こちらの珈琲もとっても興味があります。
手作りのネルドリッパーでいれる珈琲はまた格別ですよね♪
Commented by gonnosuke117 at 2010-04-10 19:59
>モリゾーさん
コーヒー豆って見た目は麦チョコに似ていませんか?(^^)
先日コーヒー豆をかじりながらジンを飲んだと言う人がいましたが。
大人ならともかく中学生には劇的な体験だったでしょう。

服部珈琲ですね。メモしておきます。

ネルのフィルターはだんだんいい感じの茶色に染まってきました。普段は水洗い。時々煮出すくらいで手入れも楽です。
味の違いは…正直なところよくわかりません(汗)
一度きちんと飲み比べてみようかしら。



<< さてこれは      今年もありがとう >>