2010年 07月 04日
丹波布の里へ
心配された雨もどうにか持ちこたえた

私のふるさと丹波市青垣町佐治で開かれた
丹波布の里まつりに出かけていった

午後2時頃からぼちぼちと始まる
ほんとうにゆるゆるのんびりしていて
その雰囲気は青垣の空気そのまんまである

それぞれのブースがそれぞれのペースで設営、販売開始

幼なじみの家では先日亡くなられた恩師の絵が飾られており
別のところでは北区からやってきたという若い作家さんのスリップウエアの展示も

子どもの頃に帰ったような
でも初めて来た街のような
不思議な感覚で歩く

どちらにしてもやはりゆるゆると穏やかな気分である

aちゃんとtimoさんたちのブースも見つけた

c0090543_186856.jpg


aちゃんは自ら種から育てた藍で作ったすくもで染めた作品を
なかなか思うように染まらず苦労したものもあるよう

私は手ぬぐいとソックスを買う
c0090543_18101820.jpg


手ぬぐいはロウソクの蝋をぽたぽたとたらして描き出した水玉
aちゃんとkクンの合作
水玉がくっついているところはaちゃんがたらしたところらしい^^
ソックスは肌触りも良くて履くのが楽しみだ

timoさんは久々のあんこや新作のハニーレモンティーのベーグルなどを販売

手作りアクセサリーも雰囲気があってそれでいてリーズナブルでいろんなひとが足を止めてみていた
母が娘にと買ってくれたイヤリング
aちゃんが選んでくれたもの
c0090543_1819148.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-04 17:56 | でかける | Comments(2)
Commented by a at 2010-07-06 17:43 x
プチやけどしながら作った(重すぎ?笑)手ぬぐいが
gonnosukeさんにもらわれていって嬉しいです
ありがとうございました!

板締めの豆しぼり やっぱりすてきです
挑戦せねば。。。
Commented by gonnosuke117 at 2010-07-06 17:53
>aちゃん
水玉一つ一つに味があって愛おしい手ぬぐいです。
完成するまでの時間と労力を考えたとき本当に大切にしたいと思いました。
こちらこそありがとう。

kクン作の板締めの手ぬぐいも連れて帰るべきであったと後悔しています。


<< 限定4個のわけ      銀杏の木陰で >>