2010年 08月 15日
あいのちから
c0090543_1121056.jpg

帰省中お隣のaちゃんがTシャツとストールを持ってきてくれた

先日藍染をさせてもらっていたものをもう少し濃くしてあげようかというaちゃんの言葉に甘えて預けていたもの

あれから繰り返し繰り返し染めてくれたようで
どちらもさらに藍のいろが深くきれいになっている

早速ストールを巻いてみたが
染める前よりもさらに肌触りがいい
藍は虫除けにもなるそう
摩耶山に出かける夫にも
“ときどきは”
貸してあげようかw

ところで一口に藍の色と言っても
染めた回数や色の濃さでそれぞれ名前があるそうで

ストールは 13〜15回染めて
縹(ハナダ)
Tシャツが 18〜20回染めて

という段階らしい

色の和名というものは
とても繊細で絶妙の表現がしてあると常々思っていた
「縹」という色は初めて聞いたので少しひもといてみたらば
元々はつゆくさの色を表しているそう
ただつゆくさの色はうつろいやすく
堅牢に染まる藍の場合にも使うそうだ

一口に縹色といえどその濃さによりさらに細かく名前があり

深縹 ふかきはなだ
中縹 なかのはなだ
次縹 つぎのはなだ
浅縹 あさきはなだ
白縹 しろきはなだ

深縹よりさらに濃いものが紺
私のストールは中縹くらいか

藍で染めたものはその色の名前も美しかった
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-08-15 11:21 | つくる | Comments(2)
Commented by nori at 2010-08-16 21:16 x
いい色ですねえ。
藍は深いです。
つかえば使うほど、さらにいい。
すてきなシャツとストール。
使い込んでくださいね。
Commented by gonnosuke117 at 2010-08-17 08:12
>noriさん
そうなんです。
見れば見るほどいい色です。

使い込んでいくほどにより味が出てくることでしょう。楽しみです。


<< 間に合うかしら      おさきに >>