2012年 02月 09日
いろりのはたで
c0090543_2036399.jpg

友人とつくも窯さんに伺った
囲炉裏に自家製の炭をおこして迎えてくださった
熱いお茶をいただきながら器を眺めていると時間が経つのを忘れてしまう

土瓶のつるは鍛冶屋さんにお願いして作ってもらわれたのだそう
金属の持ち手は炭火に乗せていれば熱くならないのだとか
ガスコンロではこうはいかないらしい
不思議だ

おいとましてからも
身体にほのかについた煙の香りと
十場さんの器があの囲炉裏の暖かさを思い出させてくれる
[PR]

by gonnosuke117 | 2012-02-09 20:13 | でかける | Comments(2)
Commented by nekonomomo at 2012-02-09 22:48
はじめまして、ステキな囲炉裏ですね。
時の流れが違って穏やかになれそうですね。

以前の記事で、タオルを干す時にちゃんと空気を入れると
柔らかくなるとあった気がしますが、
実践したらたたむのが楽しくなりました^^

リンクさせてくださいよろしくお願いします。
Commented by gonnosuke117 at 2012-02-12 22:44
>nekonomomo さん
初めまして。
こちらのお宅はかやぶき屋根なんです。
入る前からわくわくします。

リンク有難うございます。
nekonomomo さんのブログにもまたお邪魔させてください。
ご主人のお誕生日ののり弁、私は大好きでした。
もうすぐ夫の誕生日なのですがとてもあの長文の海苔文字は無理です^^


<< わがやのひつじゅひん      だれかとでもひとりでも >>