2014年 03月 26日
うけいれるためのちから
c0090543_11272940.jpg


母の病気が見つかったのは昨年6月のこと

まるで坂を転がる石にでもなったかのような日々であった
下り坂ばかりではなくときどきは 上り坂もあったけど
どうやらもうその石は止めようがないようである

頭ではわかっていても気持ちの部分で受け入れられない現実につぶれそうになる

そんなとき支えてくれたのは母の頑張りと
やっぱり周りの人たちだった

とりとめのないおしゃべりや、美味しい食事とお酒をはさんで過ごす時間
こんなことをしていていいのだろうかと思うときもあるけれど
一度離れてリセットすること
この時間のおかげでまた頑張ろうって思える

私の受容力のもとは私の周りの大切な人たちの存在
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-03-26 11:04 | おもうこと | Comments(0)


<< はるがきたらおわり      にそくある >>