「ほっ」と。キャンペーン
2015年 11月 26日
おとうさんあっぱれ
c0090543_17054577.jpg

11月15日
父が亡くなった
苦しむこともなく孫2人に手を握られ、私たち夫婦に身体をさすられながら穏やかに旅立った

夫宛の封書が見つかった
6年前に書かれたそれには
葬儀のこと、のちの手続きのことなど書き留めてあり
そして棺の中に入れてほしいものが同封してあった
二十数年前に入院したときにわたしの子供達から送られた手紙と学生時代のノート
まだ小さかったころの子供達の手紙はとても可愛くて棺に入れる前にみんなで読み返して笑顔になった
物理のノートはまるで活字のように整然と文字が並んでいる
他のノートは全て処分したのだとか
父の学生時代をうかがわせるたった一冊のノート
これもみんなで開いては真面目だった父を偲んだ

思えばコツコツと努力するひとだった
そしてそれを自慢しないひとだった

歯医者にはきちんと検診に行き
入れ歯は一本もなかった

毎日書き留めていた忘備録
私の娘の結婚式に披露した謡の高砂を息子の結婚式でも必ず聞かせてほしいと言っていたのだが
入院直前にはこんなに書き込みがあった
「高砂を練習したけれど息が続かず
なんとかものになるよう努力したい」と
入院中も他の患者さんの迷惑にならないよう小声で練習していたようだ

結局高砂を披露することなく
これを流してくれと残したカセットテープに吹き込んだ自身の謡に見送られて出棺した

家のことは母に任せて仕事に一生懸命
お酒とタバコはつい最近までやめられず
そんなところも今となっては愛おしい

母が亡くなる直前に
父が母への思いを短歌に綴っていた
それも娘がそっと棺に入れた
おとうさん
むこうでおかあさんに会ったら渡すんだよ










[PR]

by gonnosuke117 | 2015-11-26 16:36 | くらし | Comments(2)
Commented by モリゾー at 2015-12-09 21:49 x
ステキなお父さんです。
お母さんに短歌、渡されたかなぁ。
こうして、自分が旅立った後、
家族に想ってもらえる、そんな人柄になりたいなぁっと思いました。

お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by gonnosuke117 at 2015-12-11 05:47
>モリゾーさん
ありがとうございます。


<< しきんきょり      ぽけっとのわすれもの >>