2016年 05月 24日
だしとりものがたり
c0090543_18341541.jpg

最近冷蔵庫に入っているもののひとつは水出しの出汁

友人から教わったのだが、最近ネットでも取り上げられていた
水に昆布と削り節を入れたものである
数時間もあればいい出汁が取れる

ほんの少し出汁が欲しいときにとても便利なのだ
以前はお弁当の卵焼きを作るときお味噌汁の出汁を少し取り置いて使ったりしたものだったが、味噌を溶いてから出汁を取り分けるのを忘れたことに気づくことも度々で
この出汁があればお味噌汁は関係なく出し巻き卵が作れる

冷たい麺を食べるとき
出汁醤油を水ではなくこの出汁で割るとさらに美味しい
だいたいそうめんとかひやむぎなどはパッと思い立って作るもので
前以て麺つゆを冷やしておくなどという計画性の必要な料理ではではないのだ(と私は思っている)



水で出すといりこのエグミも出ないので頭やワタを取る必要がないそうだ
いいいりこが手に入ったらこちらも試してみたい

この出汁がないときや熱い出汁が急いで欲しいときにはだしポットを使う
一時使っていたものは蓋も割れたりしたため引っ越しを機に処分したものの、やはり便利だったなあと思っていたところ
いただいたカタログギフトで分とく山のだしポットを発見して迷わずチョイスした

昆布と削り節を入れて熱湯を注ぎ約1分
あっけないほど美味しい出汁が取れる

粉末のを使っていたころもあった
それはそれでとても便利だったが
これだけ簡単に美味しい出汁がとれるとなるとともう粉末だしの出番はかなり減りそうだ
粉末だしは使い切ったのを機に買っていない
無いと困ると思っていたけれど、無ければ無いでなんとかなるものなのだ






[PR]

by gonnosuke117 | 2016-05-24 13:45 | くらし | Comments(0)


<< やっぱりいえがすき      もちろんはこんでください >>