2006年 09月 26日
こつこつ
しばらく通っていた、いや在籍していたというべきか
スポーツジムを退会しました。

スケジュールの調整がうまく出来ず
通う機会が減ってきて
もったいないことをしていました。

そのような状態になって1年以上経ってもやめなかったのは
運動する楽しさと大切さがわかったから。

子供達も
「辞めたら終わりだよ。それっきり運動しなくなる。
在籍してたら会費勿体ないと思う気持ちも手伝って足運ぶから」
なんて言って 運動不足になること見え見えの私にハッパをかけてくれました。

けれども今のままではいかん。
一旦区切りをつけることにしました。

その代わりにとひそかに決めたこと。
(ここに書いたら ひそかも何もないもんですが)

☆エレベーターは使わず階段
  以前は電車でもエレベーターに1番近い車両選んで乗ったりしてた

☆背筋を伸ばしてお腹引っ込めて
  意識しないと後ろ姿がもろおばさんに

☆簡単な体操を出来るだけ毎日
  韓国のテレビで仕入れた
  お腹と二の腕を同時に引き締めようと言う欲張りなヤツ

ちょっと意識すると出かけていてもなんか違う。
遠回りも苦になりません。
今のところ楽しめています。
ともかく出来ることを少しずつやっていこうと。
実は地道に努力するというのは私の最も苦手とするところなんですが
今の服が入らなくなるのを阻止するためにも頑張るわっ!
『継続は疲れる』 いや『力なり』です。

おさらば”鏡餅”&”振り袖”
この二つの言葉の意味が分かるあなた
あなたもちょっぴり気にしてません?





今日は仕事のあと実家へ
行くたび父の子供達への手紙を預かって帰ります。
自分が調べている郷土史の中で興味深いこと
読みの難しい熟語の読み方と解説(勉強の役に立つのではと言うじいちゃん心)
子供達への励まし
季節の便りなどなど
孫への思いに溢れています。

昨日は手紙にこんなものが添えられていました。
c0090543_7484222.jpg
彼岸花とムラサキツユクサ、キンモクセイです。
手紙にこれらの花が咲いたよと書いたものの子供達が実物を知らないのではないかと。
娘がいけました。
部屋の中に秋が来ました。









夫の実家へも寄り、
どっさりの旬の野菜と
取れたて新米!
お父さんいつもありがとう。
お米は今度東京行くとき持って行きますね。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-26 23:33 | くらし | Comments(4)
Commented by まるまるDuke at 2006-09-27 19:05 x
いいジムだったのに残念ですね。というわたしも名谷のジムに登録したものの夏の暑さにまけて休みっぱなし(とほほ)
鏡餅?振袖?おほほほほ…うちでは猫とわたしとで鏡餅が一対(猫は後ろ脚を前に投げ出してお座りしても、倒れません!)
あぁなんとかせねば、街のウインドーにうつる自分がこわい…
Commented by gonnosuke117 at 2006-09-27 19:22
着込んで体型が目立たなくなるこれからこそ気を引き締めねばね。
年々ごーかになってる我が鏡餅。何段重ねればとまるのか?
お~こわ!
Commented by robio0220 at 2006-09-27 20:46
泣いてます。号泣です。おじいちゃんの孫への思い・・・おじいちゃん心・・・号泣です。びんびんに伝わりますよ。(私に)
大事にしなきゃねぇ。
Commented by gonnosuke117 at 2006-09-27 20:59
本当だね。両親四人共元気で長生きして欲しいものです。
あれこれしてやらねばというのが元気でいることへの後押ししていると思うわ。そんな風に考えると、子供(私)が頼りないのも ある意味親孝行?


<< おやばか      ちょっとお出かけ >>