2006年 11月 03日
セツローさんの手仕事展
待ちに待った今日が来ました。
草灯舎さん初の企画展。

遅い方がゆっくり見せていただけるかと午後友人と待ち合わせ。
ちょこちょこ寄り道して時間調整しつつ海岸ビルジングに向かいます。

階段を上るときから既にワクワク。
草灯舎さんのドアのガラス越しにたくさんの人が見えます。
うわ!やっぱりすごい人気。

セツローさんの絵が何枚もかかっています。
いつもの草灯舎さんとはまた違った雰囲気です。
かんざしもたくさん。
初日なのにもう大半の作品が売約済みになっていました。

人の間を縫うようにしてひとつひとつ見て回ります。
かんざしに添えられた絵も素敵。
会場の奥まったところに紀元前の青銅の羊をあしらったかんざしがありました。
時を経てセツローさんによって新しい命を吹き込まれたのですね。

どの作品もいつまでも見ていたいほっとするものばかりでした。
人に囲まれてニコニコと車イスに座られていたのがセツローさん。
穏やかに でも自分の世界はちゃんと持っていらっしゃる方という印象を受けました。

会場でを買い求めました。
c0090543_221293.jpg

セツローさんがサインしてくださいました。
名前を聞きながら丁寧に書いていただいてその一文字一文字にお人柄が溢れていて…良い記念になりました。

作品に直に触れることの出来た興奮が鎮まらぬまま会場を後にしました。
胸の辺りがほかほかした感じです。
風邪気味だったのが嘘のよう。元気になっているのに気付きました。
こんな機会をくれた江藤さんありがとう。









お取り寄せのゆず胡椒と 小さな包み。
c0090543_22242131.jpg
本物そっくりに似せた荷札には「おすそわけ」の文字が。
小包に模してあるので麻ひもをかけて、後ろはガムテープで止めてあります。
細かいところまで凝ったラッピングはさすが○○にゃかさんだ!
中から出てきたのは”付せんメモ”がたくさん。
色々書き込めそうなサイズで重宝しそうです。
こういう文房具大好き。
おまけに包みを開くワクワクまでプラスされてる。
本当にありがとうね。

ゆず胡椒は早速晩ご飯に登場。
間のいいことに今夜は鍋だったんです。
しっかり辛くておいしかった~ごちそうさま。こちらもありがとう。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-03 22:42 | でかける | Comments(2)
Commented by robio0220 at 2006-11-03 23:11
今日でしたね!
セツローさんにその場でサインしてもらった本なんて、宝物だぁ~。
江藤さんの風邪をもらってあげたんじゃなーい?
いずれにせよ元気になっているようで良かった。
ほかほかはこちらにも伝わってきてます。
セツローさんの企画展の様子をおしえてくれてありがとう。

Commented by gonnosuke117 at 2006-11-04 09:07
会場全体がほかほかした感じだったなあ。
江藤さんのほかほか セツローさんのほかほか おきゃくさんのほかほか みんなが合わさってのほかほかやった気がする。
あんな展覧会は初めてだったわ。
robioさんにも味わって欲しかった。もし機会があれば是非足を運んでください。ほかほかになれます。


<< 工作      ufufu >>