2007年 01月 19日
たいせつなともだち
c0090543_18584674.jpg

真鍮のスッカラ(韓国のスプーン)  [スプーンレストは山本哲也さん(うつわクウ)]

今から30年近く前に買った物だ。
当時私は鳥取に住んでいた。

鳥取で私の大好きだったお店が
たくみ工芸店さんだった。
隣にはお地蔵さんをまつった小さい建物があり、そこに入って一つ一つのお地蔵さんを見るのも好きだった。

近くを通ればふらっと寄っていた。
ただ学生にはなかなか手の届かない物が多くほとんど見ておしまい。
こちらで買ったのは二つだけ。

えいっと思い切って買ったのが蓋付きの藍の染め付けの器。2000円近かったと思う。当時1ヶ月3万円で暮らしていた私には大きな買い物だった。
本来の用途は知らないがご飯茶碗として使っていた。

写真のスッカラはクリスマスの頃に買ったのを覚えている。
こちらはそんなに悩まなくても買える値段だった。

その時はこれがスッカラだと知るよしもなく”なんだか面白い形のスプーンだなあ”と思ったくらい。
そんなに愛着があったわけでもないのに 卒業、結婚、引っ越しなど四たび住まいが変わったのにずっと持ち続け、不思議としまい込むこともなくそれとなく目に止まるところに置いてきた。

普段はステンレスや木のスジョ(スプーンと箸)を使うので1本しかないこの真鍮のスッカラがテーブルに登場することは少ない。

私が一人暮らしをしたのはこの鳥取での4年間のみ。
このスッカラを眺めているとその頃の沢山の思い出が浮かんでくる。
今ではすごく大切なもの。

あの染め付けの器はまだ実家にあるだろうか。
もし見つけたら連れて帰ろう。
大切なものが一つ増えるかもしれない。





チョコパン。
プチ・ブレさんの。
昨日のが大人のチョコパンなら、こちらはマドモアゼルのチョコパンと言ったところかな。
安藤雅信さんのカップとお皿でリッチ気分。
今から苦手な掃除にかかるので心身共にしっかりエネルギー充填しなくては。
c0090543_19542691.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2007-01-19 19:59 | すき | Comments(4)
Commented by ロビオ at 2007-01-20 23:06 x
30年・・・もうそんなになるのですか・・・。文字で見ると驚きです。
学生時代から、そんな渋い素敵な趣味で、そのまま使えるなんてすごーい。器好きの歴史もホントに長い。
私、学生時代に買った物で残ってるもの、あるかなぁ・・・反省反省
Commented by gonnosuke117 at 2007-01-20 23:09
>ロビオさん
歳がばれるね。
振り返ってみれば器病になる下地はずうっとあった訳ね。こりゃ一生治らんね。困ったなあ。
Commented by fumiko1177 at 2007-01-21 19:01
わーあー懐かしい名前  私は駅にご無沙汰ししているから???
Commented by gonnosuke117 at 2007-01-22 09:23
>fumikoさん
車で行くとあまり行かれない場所かも知れませんね。
随分昔のことやから今はどうなっているかと思いましたがインターネットで変わらぬ佇まいを見て嬉しくなりました。この隣にあるたくみ割烹は行きたくても行けなかったところ。今度ご一緒してください。


<< 止まってはいけない      レジ袋有料化 >>