2007年 01月 25日
二人展
今日はいよいよギャラリーりこのオープン第1弾
二人展が始まる日だ。

北大路の駅からはタクシーでないときついよ~
と、りこさんから言われていたのだが
お天気もいいしのんびり歩くのが好きなもので地図を片手にてくてく。

途中感じのいいおそば屋さんがあったのでそこでお昼ご飯にした。
後で聞いたらりこさんもそこがお気に入りでいつか私を案内しようと思っていてくれたお店だったことがわかってその偶然になんだか嬉しくなった。

近づいて来るにつれ歩くリズムに合わせて期待感も高まってくる。

格子戸を開けたら見たことのある部屋なのにパーッと明るい勢いのある空間になっていて驚いた。靴を脱いであがってじっくり作品を見せてもらう。
c0090543_22444068.jpgc0090543_22485742.jpg













c0090543_22501253.jpgc0090543_22503865.jpg
お二人とも自分の世界がきっちりある感じ。
見ていて楽しくなってくる。

近藤さんはコピーの裏側を使って書かれたりもしていて微妙に文字が透けて見えるのが面白い。オーソドックスな植物の絵に見えて土台になっているのはタバコのピースの銀紙を貼り合わせたものだったり何かしら遊びがあるようで面白かった。
ポストカードにして欲しいような作品も何枚かあって。りこさん頼んでくれないかなあ。






ゲロリーナさんの人形は思っていたよりも小さかった。
手に取ってみても構わないとのことで上から下から回しながら感触も楽しみつつ見せてもらう。
「是非後ろからも見て」と りこさんに言われて背中からも見る。
c0090543_231403.jpg
背中の肉の付き方腰の辺りの感じすごくリアル。細かいところまできちんと作ってあるからかなり大胆にデフォルメしてあっても実際にいそうな存在感があるのだろうか。
















c0090543_23131410.jpgc0090543_23133669.jpg
















左はギャラリーオープンに合わせての新作。
お出迎えするりこさん。
妙に似てるんだなあ。
なので私は勝手にげろりこと呼ぶことにした。

右はこれが一番ゲロリーナさんに似ているということでりこさんと意見が一致したゲロバルーン。
これは入れ物になっていて写真の右にちょろっと写っているのは彼女の下半身。
何故か足が三本。

もうこれらの作品の楽しさや迫力は見てもらうしかない。
機会があれば是非足を運んで欲しい。

2月3日まで。
27日は近藤さんが
28日は近藤さんゲロリーナさんお二人共が在廊予定と聞いている。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-01-25 23:33 | でかける | Comments(4)
Commented by fumiko1177 at 2007-01-26 18:16
人形は粘土???それとも焼き物ですか??毎日が楽しそう***いいなあー
Commented by gonnosuke117 at 2007-01-26 19:06
お人形は軽い紙粘土です。
色がとてもきれいなのですがその裏には手間のかかる秘密の作業があるようですよ。
げろさんのお人形は見る人を楽しく元気にしてくれる不思議な力があるようです。fumikoさんにも見せてあげたい。
Commented by 京のこいさん at 2007-01-27 06:00 x
 遅ればせながら沢山のコメントありがとう。遠いのに彼らに逢いに来てくださって(涙)楽しんで幸せな気分になっていただけた様子。
それが一番りこがテーマにしていることなんだな~良かった!
Commented by gonnosuke117 at 2007-01-27 08:29
>京のこいさん (さらに”さん”をつけるべきかな?)
こちらこそ有り難う。素敵な作品があってその場を作ってくれる人があったおかげ。
橋渡しをしてくれるあなたがいることで本当ならば出会う機会のない作品に触れることが出来るの。感謝しています。

二人展はとてもこいさんらしいスタートだと思いました。
これからも期待しているよ~。



<< お帰りなさい      第4のビン >>