2007年 03月 10日
ごめんね
先日お知らせがポストに入っていた。
近日全戸に工事があるそう。
ふんふん、そうか。安全対策のためのものなので有り難いことだなあとのんびり構えていた。

何日かたって改めてじっくり読み返してみた。
「各部屋に…」とある。
なんですと?ということはあの部屋もこの部屋も業者の方がお入りになるということ?
これはえらいことだ。

人をお通しするリビングダイニングは最近頑張っているつもり。
けれども和室は戸を閉めてしまえば完全に見えなくなるのでどうしても手を抜いてしまっていた。

ちょうどいい機会だ。
この際一度本腰を入れて片づけよう。

いつもながらのお助けウーマン空間コーディネーターのTさんにご登場願う。
「この部屋をどんな風にしたいの?」
「どうもこうも…モゴモゴ
「ではどこが一番気になっているの?」
「どこもかしこも…モゴモゴ
”だろうね”といった表情の彼女。
即座に「では押入からかかりましょう」

冷蔵庫の時と同じやり方。
一区画ずつ進めていく。
みるみるゴミ袋がいっぱいになる。どうして今まで捨てられなかったのか。

はじめはどうなるかと思ったけれど、午後にはかなり片付いた。




お陰でしばらくぶりに
c0090543_1917551.jpg

物置状態になってしまっていたライティングビューローの扉が閉められた。
いかに前が惨憺たる状態だったか…ああ恥ずかしい。

これは数年前アンティークショップのセールで買ったもの。
アメリカの物らしい。衝動買いできるくらい安かった。
最初はダイニングに置いて食器類をしまっていた。
扉を開けて配膳したりお茶を入れたり。
そのうち食器棚を買ったのでこれは私の机になった。

それなのに書き物はリビングですることが多く、こちらにはついつい物を置くだけのスペースになってしまっていた。
今日の片づけで随分スッキリしたのでこれからはこちらで事務処理や手紙書きなどすることにしよう。
縁あって我が家に来たのにちゃんと使っていなかった。
見る度に少し心が痛んでいた。
これからは人目につかないところも気を抜かないよう頑張ろう。

このライティングビューローで一番好きなのが
c0090543_19333060.jpg

このライト。
これと対称にもう一つついている。右奥に見えるのはスイッチ。黒いポッチを押して点灯させる。
ここで書く手紙には万年筆が似合うと思う。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-03-10 19:42 | くらし | Comments(4)
Commented by utamaman at 2007-03-11 01:00 x
どうもこうも・・モゴモゴ、には笑いが。
分かりますよ~~~!この空気感。
あぁ、うちもどこから手をつけよう。
まだ色々ともの語れない我が子の目が
ここって汚れてるんじゃない?と最近言っているように見えます。
・・・思い込みって恐いですけど、でも本当に今にも言い出しそうです。
Commented by merry_bess at 2007-03-11 10:22
困った時に相談できる素敵なお助けウーマンがおられていいなあ。。。
うちは「見えない所がごちゃごちゃ」としてしまい、見えないものだからついつい掃除は後回しになってしまい、ますます見えないというか「見ない」所になっています。

よし!!明日、片付けよう。。明日…きっと明日。

Commented by gonnosuke117 at 2007-03-11 10:44
>utamamanさん
息子さんが言っているように見えるのはutamamanさんが何とかしようと思っている証でしょう。

私は前もって不要な物を捨てておいてねと言われていたにも関わらず部屋を見て立ちすくむのみで手つかずのまま当日を迎えてしまいました。
あそこもここもと思うとかえって動けなくなりますね。

彼女が常々言っていること。
全体をしようと思わないでここと決めた一カ所だけ片づけましょう。
本でも何でもまっすぐにしておくだけで片付いているように見えます。

彼女の話を聞いているとなーんだ簡単!出来そうと思ってしまうのですがなかなか…片づけられない症候群は易々とは改善しないものですね。
Commented by gonnosuke117 at 2007-03-11 10:55
> merry_bessさん
見えているところだけでも綺麗なら優秀です!

「見ない」…の表現的確です。私の場合目をつむらないといけない所が多すぎて…


<< ごほうび      これからは安心 >>