2007年 03月 19日
まだまだ負けないわよ
息子も新しいスタートに備え部屋の整理中だ。

当たり前だが娘の部屋とは違うものが出てくる。
誰かにあげてと持ってきたものの、
久しぶりに遊んでみると面白くて再度はまってしまったのが
c0090543_22551922.jpg


ジュニア・ポリオミノという木のパズル。
木村良夫さん(当時神戸商科大教員)と原義勝さんが1982年に考案されたとかで10年以上前に友人から分けて貰った。
単純な造りながら、やり始めると面白くて私も夢中になってやっていたことがある。

正方形の枠の中に白木で出来たパーツをはめていくのだが赤いパーツで模様を作るところがミソ。
息子が苦心惨憺して出来なかったのが
c0090543_234153.jpg

「よーいどん」の模様だ。
赤い木の模様の隙間に下のパーツをはめ込んでいくのだが何度トライしてもどうしてもうまくはまらない。
かなり根気よく取り組んでいたがとうとう投げ出した。

「貸してみ」
と私も挑戦。

あららかなり簡単に出来てしまった。
私もやるもんだ。ほほほ。

息子かなり悔しかったようで
すべてを制覇すべくちょこちょこっとリビングに来ては一問ずつやっている。
(黄緑色の紙には問題が書いてある。模様を作って隙間を埋めていくのは全部で60問)

全部解き終わったら、私のチャレンジを高みの見物と決め込むつもりかな。
それにしても実によくできたおもちゃだ。
なんとこれを使ってピタゴラスの定理も証明できるらしい。

私も暇をみて挑戦してみよう。まだまだ息子には負けられない。
息子が簡単に解いたものにはやる気が失せて、四苦八苦していたものをやってみたくなる負けん気の強い母。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-03-19 23:28 | くらし | Comments(4)
Commented by utamaman at 2007-03-19 23:51 x
赤がポイントになっていて可愛いですね。
パズルは頭の柔らかさが鍵ですよね。
私はとても苦手でジグソーパズルは少ない物ですら完成したことがありません。
だからってわけでもないですが子どもにはパズルは好きになって貰いたいなぁ。
外国の木のパズルなど素敵な物がありますものね。
Commented by gonnosuke117 at 2007-03-20 00:05
>utamamanさん
このパズル今見るほうが好みです。我ながらなかなかよいものを買っていたなあと鼻が膨らんでいます。
子どもにはパズルが好きになって欲しいという思いわかります。
外国のものにも今でも欲しくなるようなのがたくさんありますね。結局造りがよくて単純なものがいつまでたっても飽きないようです。
Commented by merry_bess at 2007-03-20 16:01
パズルとか全く駄目な私。
「じゅにあ・ぼ〜み〜の〜り〜お〜?のりお?あ、ちがったオミノやった。」とすでに日本語すら怪しい私。
地図を見れる人すら尊敬するのにこんな脳トレ的なものがパパパっとできるなんてすごいですね。
簡単そうに見えて難しい。こういうのが一番はまってしまいますね。
…私ははまりませんが(^^;)
Commented by gonnosuke117 at 2007-03-20 21:51
>merry_bessさん
我が家は出来ないと必死になるタイプのようです。
もう一息ではまらないときの悔しさと言ったら…
誰にでも出来ます。違いはムキになるかどうか。
今どうしても解けないのがあって気になって気になって。


<< やっぱり素敵な人だった      お宝発見? >>