2007年 04月 09日
さくら三昧
仕事で山科へ。
その後 りこさんと待ち合わせ。

友人から醍醐寺のことを聞いていて行ってみたくてりこさんにお付き合いしてもらうのだ。

いつもは閑散としている地下鉄山科の駅も醍醐駅を目指す人で混雑している。
醍醐駅の改札を出たところでは行き方を書いた紙を配っている人もいて、
「あら~、名所だったんだ~」とビックリ。

醍醐寺の前に立ったときにもう
沢山の人がこの季節こちらを目指す訳がわかった気がした。
c0090543_919676.jpg

ここから見えるだけでもそれは見事なさくらの海。

浮き立つような気持ちで門をくぐる。

そこここに咲くさくらを楽しみつつゆっくりと歩く。

はらはらと散る花びらもとてもきれいだ。

りこさんは朱印帳持参。京都に住まうようになってから少しずつ集めているそう。
わたしもやってみようかな。京都に来る楽しみが更に増しそうだ。

山科でりこさんと別れ、私は地元の人に教えてもらった琵琶湖疎水へ足を伸ばす。
c0090543_9443779.jpg

琵琶湖から京都へ水を引くために明治時代に造った水路だと伺った。
菜の花は地元の方が植えられたそうだ。
こちらは生活の中にあるさくらという感じ。

ほんのちょっとだけ見るつもりがもう少しもう少しとかなりの距離を歩いていた。

ほんの短い季節しか愛でることの出来ない花。
今年は満喫した。
いい春だ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-09 23:09 | でかける | Comments(2)
Commented by fumiko1177 at 2007-04-10 20:53
最後のいい春だ   貴女の気持ちが一杯伝わってくるいい言葉ですね。本当にいい春だ。
Commented by gonnosuke117 at 2007-04-10 22:20
>fumikoさん
そういえば去年一昨年はさくらを楽しむゆとりもなかったかも。
いい春が迎えられて有り難いことです。


<< 段取り      もう一つの楽しみ >>