2007年 05月 12日
新大宮通りはパラダイス
少し前のことになるが5月3日京都に出かけた。
ギャラリーricoさんで櫻山窯さんの展示会があるからだ。

友人と待ち合わせていそいそと向かう。
櫻山窯さんの作品に初めて触れる友人はその柔らかい雰囲気と普段に使えそうな形と色そしてお値段に驚いていた。

私のお目当ては蓋もの。塩や砂糖を入れるものが欲しかった。
それよりは小ぶりだったけれど、この小ささが可愛くて連れて帰った。
c0090543_13225392.jpg

蓋のつまみを入れても高さ9センチ足らず。
隣のは”連れて帰って~”とこの子がいうものでつい…


行きは駅からタクシーを使ったのだけれど帰りはランチを求めて徒歩で駅を目指す。

新大宮通を南へてくてく北大路通まで。

まず見つけたのはお漬け物の とり山本店
セロリの浅漬けと柴漬け。
そしてひね壬生菜(壬生菜の古漬け)を買う。これがまた絶品だった。酸味がいい感じ。
これを買うためだけにでももう一度行きたいくらい。

次は焼き芋と大学芋のお店。
焼き芋も買いたかったがとり山さんでお土産の分も含めかなり買い込んでしまったので大学芋だけで我慢する。

しっかりお腹もすいてきたがricoさんに教えてもらったお店はまだ遠い。
そんなとき見つけたのがgarnish deliさん。
若い男女お二人でされているデリカテッセンのお店だ。
c0090543_1336344.jpg

イートイン出来るという案内を見逃さなかった私は偉い!
ショーケースの中を二人でのぞき込んで迷いに迷って何品かチョイスする。
雰囲気も良くとても美味しかった。
デザートと珈琲まで堪能してお腹いっぱい。

この3つのお店はかつてricoさんちでご馳走になったものばかり。
この界隈には彼女御用達のお肉屋さんもあるそうな。気になるぞ。
ricoさんとこからこの通りをふらついて北大路の駅を目指すルートは私の定番になるかも。
今度はキャスター付きの買い物バッグを持参しよう。



ricoさんのところで作陶展をされた櫻山窯の標工平さんは
神戸でも近々作陶展を予定されている。 こちらも楽しみ。

《季ににちなみ花器を主役に》 標工平作陶展
5月19日(土)~24日(木) 11:00~18:00(最終日は17:00まで)
南天荘画廊
神戸市東灘区御影中町6-1-8
TEL078-851-6729
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-05-12 13:14 | でかける | Comments(0)


<< マイデスク      きょうだいそろって >>