2007年 05月 23日
芦屋川から栄町へ
京都からricoさんがやってきた。
目的は御影の南天荘画廊での標工平作陶展。

以前から道案内をかってでていた。せっかくの機会なのでランチもちょっと考えて…

芦屋川のベトナム料理屋さんサイゴンサイゴンへ。
ところが今日に限ってランチはお休み。
で、第2候補だったトルコ料理屋さんへ予定変更。
トルコ料理は初体験だったけれど食べやすかった。

入荷のお知らせをいただいていたのでちょこっとおつきあいねがってうつわクウさんへ。
一つとして同じ物のない中から迷いに迷って選んだ
蓮尾寧子さんのおさじ。
c0090543_2392111.jpg


車を走らせて南天荘画廊へ。
ricoさんのギャラリーでは先日標工平さんの作陶展をされたばかり。
おいてある作品も少しは違うのではあるけれど、置き場所によってかなり雰囲気が変わるものだと思う。うつわが居場所にふさわしい顔をしている感じ。


そこで友人とそのお姉さんと会い、一緒にプラスフレッシュさんへ向かう。
ケーキタイム。
私と友人のお姉さんは初対面なのにかなりうち解けてしまう。どことなく感性の近い4人でおしゃべりが弾む。

友人姉妹と別れた後栄町の草灯舎さんへお付き合い願う。
前に買って預かってもらっているうつわを迎えに行きたかったということもあるのだが
(連れて帰ったのは前から気になっていた哲平さんのうつわ。むふふ。かなりいい。近日公開?)
草灯舎さんのあの佇まいをぜひricoさんに見て欲しかったのだ。
和香さんの裂き織りバッグの新作も何点か入荷していて二人して見入ってしまう。
オーナーさんも京都在住。ricoさんと二人での京都に移り住んだ人同士の本音トークが面白かった。

ricoさんはギャラリーのお休みの日はあちこちのギャラリーを見て回って勉強しているらしい。100%客の立場の私とは視点が違う気がする。ほほうと思わせられることも幾つかあって面白かった。
会う度に魅力を増してきている気がする彼女。ギャラリーを通じて沢山の人と会うことでますます磨かれてきている感じがする。
ここしばらく気持ちのゆとり無く過ごしてきた私。ちょっとまぶしかった。
負けてはいられないな。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-05-23 22:12 | でかける | Comments(0)


<< つばきのさん      何度聞いても >>