2007年 06月 03日
賢くなったもんだ
古くなった我が家のガスコンロ。
3口あるのでお鍋でご飯を炊くために1口ふさがってしまう我が家には重宝だったのだが、
さすがにくたびれてきた。

度々来てくれている空間コーディネーターのTさんにも
買い替えを勧められていた。
「うつわを何枚か我慢したら楽々かえるよ~」と。(おっしゃるとおりです。はい)

昨日夫と出かけた家電量販店でキャンペーンをしていて
とうとう買ってしまった。

知らない間にガスコンロも進化しているものだ。
様々な機能がついている。
天ぷらの温度調節やら
沸騰すれば勝手に火を止めてくれたり…

手入れが楽と言うことでガラストップ。
かなり小さな蛍火が出来、熱効率もいいということで内炎式。
で機種を決めた。

これ 炊飯機能もついている。
店舗でも実際に炊くところを見せてもらった。
本当にほったらかしでご飯が炊ける。

但し土鍋は使えない。(残念!)
普通の鍋では吹きこぼれてうまく炊けなかったりすることもあるよう(これまた残念!)

我が家では蛇に足の機能になるのか?
と思ったけれど、ついてるんだから使ってみたくなるのが人情。
土鍋と併用しているステンレスのお鍋は確かに今まででも吹きこぼれはあった。けれども厚手で具合がいい。それがあるのに新しく炊飯専用鍋を買うのには抵抗がある。

お店で見せてもらった炊飯専用鍋は蓋に蒸気を逃がす穴が開いていた。
要はうまく蒸気が抜ければいいのね。

…で、ちょっと魔法をかけてみた。
ドキドキワクワクしながら火にかける。
c0090543_21164214.jpg

炊飯機能スイッチオン。

最初は強火。
そのうち蒸気が出てくる。
けれども吹きこぼれ・飛び散り無し。
よしよし今のところ好調だな。
程なく弱火になり、
最後に強火で水分を飛ばす。
(これらの火加減全て自動)

問題は炊きあがりなのだけれど
今までのものと遜色なし。しかも鍋底のご飯粒のこびりつきも無し。

思惑通り。
大成功。
お鍋買わずに済んだな。浮いたお金でうつわを…(いえいえ買わない買わない)

さて これがお鍋に施したちょっとした仕掛け。
c0090543_21265190.jpg

蓋をする前に竹串を渡しておく。それだけ。
サンマの甘露煮をつくるとき、吹きこぼれしなくていいよと教えてもらった技。
これだといい具合に隙間が空き、しかも途中で蓋がずれたり竹串がはずれたりしないのだ。

かなり前に教えてもらっていた。
考えた彼女も思い出した私も偉いぞ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-06-03 21:34 | くらし | Comments(2)
Commented by utamaman at 2007-06-05 00:03 x
竹串をこういう風に使うのは考えませんでした。
うちの無水鍋は(他ものそうなのかな?)熱が下がると蓋が開かなくなるのでいつも竹串やお箸なんかを鍋に入れっぱなしにしていたんです。
しかし、これがほんとうに見苦しくて!!(ナナメにニョキ~ッと!)
うちも今度からはこうやってみます。
これなら調理後もいい感じですね。
Commented by gonnosuke117 at 2007-06-05 23:13
>utamamanさん
ナイスアイデアでしょう?
私も以前はナナメにニョキ~ッでした。安定がよくなるよう先っぽは切り落としました。なので竹串というよりは竹ひごの形状ですね。
色んな場面で使えるかと思います。是非お試しください。


<< MUJIの晩ご飯      あそびごころ >>