2007年 06月 21日
お出かけのお供
年々衰えていく記憶力
ともかく書き留めること
ことに仕事に関することはまめに記録していかないとえらいことになる

元来怠け者 コツコツというのは苦手な作業なのだ
なので楽しくなるように持っていく 文房具にこだわるのもその所以か

予定やその記録を書くのはクオバディス
今年から使い始めたが、大きさ 紙の色 書き味 使い勝手はまずまずだ

ただこれだけでは足りなくて
ペン メモ帳 その他書類等 小ぶりのリネンのトートに放り込んでいた
まとまりが悪いのは当然のこと
思案していたところ ある方のブログでA5のノートカバーにA4の紙を挟み手帳にしておられるのを見つけた

いい方法!と思いノートカバーを探し始めたがなかなかピンと来るものがない
あるとき本棚でいいものを発見

夫の上司のイタリアのお土産だとかいう革製のブックカバー
結婚してすぐ位にいただいたので既に四半世紀近く経過している
よくぞ捨てずに持っていたこと

「これちょうだい!」

かくして
c0090543_011129.jpgc0090543_0114560.jpg
















手帳コンビ誕生

ノートカバー(本来はブックカバー)には
ペン2本
無印の複写式のメモ帳
アンジェで買ったハトロン紙のメモ
無地のノート
新聞で気になった記事のコピー(新聞の切り抜きはまずコピーして保存 しっかり読み込みたいものは2部コピーして1枚を持ち歩く こちらにはアンダーラインや時には書き込みも遠慮無くする)
などなどが収まった

仕事以外に出かけるときもこちらは携帯することが多い
電車での移動中 ちょこっとした空き時間に記事に目を通したり思いついたことを書いたり
隙間を縫ってのこれがかなりお役立ち


それにしてもどんどん膨れあがる私の手帳セット
持ち主同様かなりのダイエットが必要との自覚だけはあり
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-06-21 23:49 | くらし | Comments(2)
Commented by win-twins at 2007-06-22 12:22
すげぇ~ 聞いた事ないメーカーばかりです かっこええです
私も文具好きなのですが 現在はアスクルに頼りっぱなし トホホ

ちなみに私の理想のメモ帳は インディー・ジョーンズ 失われたアーク の最初のほうに出てくる 彼(ハリソン・フォード)が持ってるメモ帳なんです
ごちゃごちゃ~っとメモやら紙切れやらで膨らんだ聖書サイズのノートをゴム紐で巻いてるだけ
かっこえ~ いろいろ使い分けのできない私にぴったりとおもって そんなノートさがしてますが どこかありませんかねぇ
それが見つかるまでは ミセスの新年号付録のヨシエ・イナバの手帳で我慢します…これも結構好き トホホ
Commented by gonnosuke117 at 2007-06-22 23:58
> win-twinsさん
私もアスクルよく利用します。重宝しますね。
インディジョーンズのメモ帳なんとなく記憶があるような…
スッキリというのもいいですけれどちょっとくたくたになって端のめくれたようなメモが挟まっているという感じも好きです。
ヨシエ・イナバの手帳ですか!そんなのが付録に付くのですね。さすがミセスです。


<< 風が見える      お宝がやってきた >>