2007年 06月 22日
風が見える
このころからダイニングのドアは開けたままになる

先日ここにあるものをかけた
昨年ソウルで買ってきたポジャギ
ポジャギというのは韓国のパッチワークのようなもの

絹や麻 素材も様々
実用でなく装飾としてつくられた物もあれば
風呂敷のように普通の暮らしに溶け込んだものもある
それぞれとてもきれい
本当は麻のアンティークのものが欲しかったけれどお店にあったそれはとんでもなく高価でとても手が出るものではなかった

買えたのは新しいもの ミシン縫い
それでも私にはちょっと勇気の要るお値段だった

勿体なかったのとふさわしい居場所を見つけてやらなかったのとでしまい込んでいた
ふと思いついて久しぶりに出してみたらばちょうどいいサイズ
後生大事にタンスの肥やしにしないで使い込む楽しみをとることにした訳だ

まだのりもきいていて張った感じ
それでも少しの風で揺らぐ

透かして見ると光がきれいに通って
それも好き

本当は窓辺にかけて
ポジャギを通る風と光を存分に楽しみたいところ
掃き出し窓しかない我が家ではそれはもう少しお預け
今はリビング ダイニング 二つの部屋を通ってきた柔らかい風と光を堪能するとしよう
c0090543_0394649.jpgc0090543_8312652.jpg
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-06-22 23:10 | すき | Comments(8)
Commented by okariko at 2007-06-23 01:12
淡いお色目なのでしょうか?とても上品で出過ぎない雰囲気が
どんなインテリアとも融合してくれそうな気がします。
写真で見ると質感は麻素材・・・かな?ちょうど良い透け感が空間を
遮断しすぎることなく、それでいてちゃんと存在感もあって。
テーブルクロスとして使っても良さそう。使うことで美しいだけでなく
また違った味が生み出されそうな予感。
↓クオバディス、私も働いている時愛用していました。
gonnnosukeさんはメモ帳ひとつとっても手抜きなしですね!
ブックカバーの活用、すばらしい~!!
Commented by win-twins at 2007-06-24 09:56
― ポジャギ
パッチワーク 裂き織り 刺し子…などと同じ流れの中にあるのでしょうね
エコロジーでヒューマンです
夏の窓辺の日よけには 今は芭蕉布をたらしてごまかしてるのですが 我が家にもこれほしい でも 確かに高いんですよね まあこの手間を考えれば仕方ないかもしれませんが
韓国行きたくなったです
 
Commented by gonnosuke117 at 2007-06-24 21:29
>okarikoさん
そんな風に書いてもらうとポジャギがかなりグレードアップして見えます。有り難う。テーブルクロスとして使うことは考えていませんでした。いつかやってみたいです。
クオバディス お遣いでしたか。昨年は小さいサイズを選んで大失敗でした。老眼向きではなかったです。笑
Commented by gonnosuke117 at 2007-06-24 21:38
>win-twinsさん
芭蕉布!憧れです。
着物が欲しいのですがポジャギどころではないお値段。日よけにされているなんて凄いです~。

ポジャギは京都で展覧会を見て以来ますます興味がわいています。韓国のポジャギの博物館に行ってみたいと思っています。
Commented by utamaman at 2007-06-24 23:02 x
うちも部屋の中に蚊取り線香を置いたり風鈴みたいなモノを出してきたりと少しづつ新しい季節の準備が始まっています。
部屋の中に1枚布をたらしているんですが(テレビの光よけの為)何か別のものに取り替えたくなりました。
・・・要は買い物がしたくなったのですね。笑
(そう、うちはテーブルクロスで売っていた布を垂らしているんですよ。)
Commented by win-twins at 2007-06-25 00:02
ええっ?
芭蕉布って高いんですか? 芭蕉布の着物が高いんでしょ?
なんか 網戸のような布ですよ 褐色の寒冷紗みたい? でしょ
私も来年は 多分何度か行かねばならないと思います ソウル
仕事じゃ まったくテンションあがりませんね
Commented by gonnosuke117 at 2007-06-26 02:07
>utamamanさん
季節に合わせて部屋の室礼を変えていくのは楽しみの一つですよね。
utamamanさんが選ばれるのはどんな布なのでしょう。雰囲気のあるものなのでしょうね。
Commented by gonnosuke117 at 2007-06-26 02:15
> win-twinsさん
芭蕉布は材料も織り手も少なくなったように聞きましたが着物とそうでないのとは違うのでしょうか。
何にしてもブログで拝見するお家の風情と芭蕉布はピッタリしているように思います。それに自然のもののほうが涼しいでしょうね。

ソウルにも出張されることがあるのですか。お仕事とはいえ羨ましいです。鞄持ちでついていきたいくらいです。


<< ドラマチック      お出かけのお供 >>