2007年 07月 30日
あなたが会わせてくれたのね?
仕事からの帰り道
今日は珍しくJRをつかった
明日でもいいかなと思ったけれどついでに銀行に寄ろうと思い、改札を出て家とは違う方向へ歩き始めたときすれ違った人
「あれっ?!」
お互いに声を上げた

今月初めになくなった友人の告別式で会った人だった
何となく別れがたくて
お茶を飲みながら話す

以前からお互い名前は知っていたし共通の友人が何人かいたのではあるがじっくり話したのはこれが始めてだった
告別式で会っていなければすれ違っても気付かなかったことだろう
亡くなった友人のことがいつも心のどこかにあって彼女を知っている誰かと話をしたい…二人共がそう思っていた

友人のことばかりでなくお互いの近況とりとめもないことなど沢山話した
始めて話したとは思えないほど

3ヶ月間だけスキルアップのために自宅から電車で30分くらいかけてこの近くの学校に通われているのだとか
学校から駅までの距離は歩いて5分もない
しかも朝と夕方の二回寄り道もせず通過するのみ
私は私で滅多に通らない場所なのだ
どうして会えたのか 何か不思議な力が働いたような気がしてならない

友人とはもっと会っておけば良かったという後悔をお互いに深く持っている
ほんの少しだけれどそれを軽くしてくれるような出会いだった
お互いの連絡先を交換して別れた
また会うために
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-07-30 22:59 | おもうこと | Comments(0)


<< 今年はもうおしまい      どろなわ >>