「ほっ」と。キャンペーン
2007年 08月 08日
息子の腕時計
腕時計が欲しいと言っていた息子

ビックリするような安い値段で買える物もあれば清水の舞台から数回飛び降りなければ買えない物まで価格も機能もどんなものでもその気になれば手に入る時代

普段に使いたいので気の張る物は困る
けれども使い捨てのような物も嫌
出来れば電池式でない物…

同じなら”これでいいや”でなく”これがいい”で買いたい

そう思っているとき
ル・ボナーの松本さんからとてもいいところを教えて頂いた
元町の水谷時計修理工房さん
本来は時計の修理をされる方でそちらの腕も凄いそうなのだけれど
古い時計を幾つもお持ちでわけてもらうことも出来るそう

ともかく一度伺ってみようと二人で出かけた
松本さんから水谷さんの名刺をいただいていたこと
事前に地図で場所をしっかり確認していたこと
そして好きな物のある場所にはきっちりたどり着くという私の動物的とも言える勘によって迷うことなくお店を見つけた

大きな通りから少し入っただけなのに掛け時計の音が響くだけの静かな工房
そこににこやかな水谷さんがおられた
息子の希望を伝える
「ほんとうはお父さんとかおじいちゃんの使っていたのがあればそれを直して使うのが一番いいんやけどね~」といいながら幾つか出してくださった
世間の評価がどうとか貴重であるとかそういうことは気にしない
ともかく自分が好きだと思う物を息子は選んだ
それがこれ
c0090543_1248951.jpg

38年前のセイコーの自動巻

自分のイメージした物があった嬉しさと
「何かあったら持ってきて
最後まで面倒見ますから」
との水谷さんの言葉に感激したのとでテンション高めの息子
早速腕にはめて嬉しそうだ
部活で真っ黒に焼けてしまった腕によく似合う
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-08-08 22:22 | くらし | Comments(4)
Commented by win-twins at 2007-08-10 10:51
よく磨き上げられた躯体
サンバーストの文字盤ですか?
曜日表示まであるのが懐かしい
確かこの数年後にクオーツ全盛時代を迎えるのですよね
機械式腕時計受難の時代の幕開けです
私も時計嫌いではないのですが(好き…大好き) 時計の選び方については gonnosukeさんとまったく同意見です
年相応に 人相応に そしてできればメンテナンスしつつ その家の歴史とともに が理想だと思います
よい時計を買われたと思います
ベルトは交換しつつでよいのです
日に焼けた鍛え上げられた若者の腕に… 本当にぴったりのものだと思います
そして こういった良品を斡旋してくださる工房 職人さんのいる街 素敵だと思います 岡山にもないかな~
Commented by utamaman at 2007-08-10 20:43 x
こんばんは。お返事ありがとうございました。

息子さんの前はどんな方が使っていたんでしょうね?
新しいモノがいいという方もいますけど、こういうのは夢もありますよね。
Commented by gonnosuke117 at 2007-08-10 23:46
> win-twinsさん
サンバーストというのですか?中心部分はブルーが薄くなっています。
画像では分かりませんがカットガラスです。
クォーツは面白くない…とは時計菌に感染した方の弁です。 win-twinsさんも少し感染されてます?
ともかく思い入れの出来る物を使える機会に恵まれると言うことは幸せですね。
win-twinsさんのコメントで親子して「いい買い物が出来たなあ」と更に嬉しくなりました。ありがとうございました。
Commented by gonnosuke117 at 2007-08-10 23:50
>utamamanさん
そうですよね。そういえば前に使われていた方いらっしゃるんですよね。傷もほとんど無く、大切にされていたのだろうなと想像します。
時計一つで様々な思いが膨らみますね。
縁あって息子の元にきたもの 大切にしてくれることでしょう。


<< 息子小さくガッツポーズをする      アンセムで飲む >>