2007年 08月 09日
息子小さくガッツポーズをする
水谷さんからの帰り
私には寄り道したいところがあった
その場所を告げると
「よしっ!」と嬉しそう

行き先は栄町の草灯舎さん
前の企画展のときに予約した物が入ったと昨日ちょうど連絡を貰っていたのだ

どことなくいそいそとついてくる
何を隠そう彼は草灯舎とオーナの江藤さんのファン
「先に一人で入ってみ」というがそれは恥ずかしいそう

私が江藤さんと話している間うつわを眺めている
ときおりぽつりと「これ好きやなあ」

好きだと言ったものの一つ
”えまちゃん”のうつわ
小野哲平さんのところに来ている若い女性なのだそう
(そういえばちゃんとした名前は聞かないままだった…)
哲平さんのDVDにも映っているらしい

その人の手になるうつわが何点かあり
中でも息子が一番気に入った物
幼児の飯椀にもなりそうな大きさ
釉薬の…とか焼きの感じが…とかそういうことはよく分からない
ともかく手に取りたくなる さりげない可愛さもあって

これからの作家さん
年々磨きがかかっているらしい
今後の作品がどう変わっていくのか楽しみ
c0090543_224602.jpg

携帯の画像ではその何とも言えない色が出ないのが本当に申し訳ない
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-08-09 22:25 | うつわ | Comments(2)
Commented by okariko at 2007-08-11 00:44
私は今日行って来ましたよ~♪もう行かれたかしらと
思って江藤さんに聞いたら「来られましたよ~」と(笑)
お客さんがいなかったのでしばし江藤さんとお話して
帰ってきました。息子さんは江藤さんファンなんですね(笑)
いろいろ素敵な器がたくさんで癒されました。
哲平さんの企画展も楽しみですね。
でも悲しいお知らせも耳にして・・・ご存知かもしれませんが。。。
Commented by gonnosuke117 at 2007-08-11 01:05
>okarikoさん
先ほどブログを拝見して知りました。本当に残念ですね。

一日違いだったのですね。お会いしたかった~。
草灯舎さんはいつ伺っても変わらない空気 けれども何かしら発見があって…私も息子同様ファンです。




<< 甲子園下車      息子の腕時計 >>