2007年 10月 01日
親戚のおばさんの家のような
今回の旅で食べたものの中で一番美味しかったもの
そして次回ソウルに行ったなら是非とも又訪れたいお店
それがソルネハノクチプ

スッカラ7月号でコウケンテツさんが紹介されていたお店だ
ソウルには地下鉄が整備されていてそれを使えばソウル市内をかなり自由に移動できる
環状に走っているのが2号線なのだがその沿線でソウル中心部からもすぐの合井駅
その駅から歩いて6,7分と気軽に行ける場所にある
ホテルを出るときインフォメーションデスクから電話で営業時間を確認して貰ってさあ出発

スッカラに載っていたのは簡単な地図のみ
それを携帯で撮ったものと住所と電話番号を書いたメモを持って見当をつけて歩き始める
大通りから少し入ると住宅街で人通りも少ない
しばらく歩いてみたけれどギブアップ
食料品店に入りお茶を買ったついでにそこのおじさんに道を聞く
おじさんニッコリ笑って
わざわざお店の外まででて案内してくれた
”この前の道をしばらく行って左に曲がると看板があるよ”ということらしい(娘の通訳による)

細い路地を入ったところに控えめな看板を見つけた
看板がなければ普通の家だ
中庭を取り囲むように部屋がある伝統的な家屋
”電話をしてきたのはあなたたち?”(同じく娘による通訳 以下省略)
と出てきたのは予想していたより若い優しそうなオモニ

早速部屋に通される
庭の向こうには屋根付きのかまどがあって
その屋根の上には沢山のオンギ(カメ)が並んでいる
普段生活している住居を食堂にされているようだ
唐辛子が大きな袋に置いてあったり、花が植えてあったり
生活感もあり親戚にでも遊びに行ったような感じだ

お腹もすいていたので
白菜のチヂミと
緑豆のトック
そして本日の目的のポリパプ(麦ご飯)を注文する

すぐ横の台所で包丁の音や炒める音 てきぱきと料理をするオモニの気配がする
韓国の食堂は色々なおかずがサービスで出てくるのだが今回は
白菜キムチ
黒豆を煮たもの
干しエビとニンニクと青菜の和え物
大根菜のキムチ(これが絶品だった)
キムチも辛すぎず優しい味だ

チヂミとトックは外はカリッ中はふわふわの生地
白菜のチヂミは初めて食べたけれど野菜の甘みが感じられておいしかった

さあいよいよポリパプの登場
麦ご飯に季節の野菜のナムルをよく混ぜて食べるのだ
ナムルはなんと9種類 そしてそれぞれに味付けが違うのだ
オモニが上手に混ぜてくれる
真鍮のスッカラ(スプーン)ですくい”まずはこのまま食べてごらん”と
次に”辛いのは大丈夫?”と確かめてからコチュジャンを加えて
また食べさせ”ほらさっきとは味が違うでしょ?”とニッコリ
”テンジャンチゲ(味噌汁)をかけると又違う味になるわよ”
”生の白菜と青唐辛子にはコチュジャンやこちらの味噌(名前は失念)をつけて食べなさい”
”味噌は3つそれぞれ違うものなの どれもうちで作ったのよ”
”ナムルは手で混ぜて作るのよ”

かいがいしく世話はしてくれるけれど決して押しつけがましくない
私たちが美味しそうに食べているのをニコニコしながら見た後
”ゆっくり食べてね”と台所に戻っていく
本当に料理上手の親戚のおばさんにでももてなされているようだ

化学調味料は使わない
コチュジャンも味噌も全て自家製だそう

どれも深みがあって優しい味だった
3品も頼んだのを後悔するほど満腹状態になる(野菜中心だし油っぽくもないのでもたれた感じはしない)
一品5000ウォン(約650円) すなわちお会計は二人で15000ウォン 2000円弱というところ
申し訳ないようなお値段だ
c0090543_19283618.jpg


最後にこれまた自家製の梅ジュースをいただく
口の中に梅の香りが広がる

”チャルモゴッスムニダ”(ごちそうさまでした)とお店を後にしようとするとオモニも外へ
しばらく歩くと
”こちらが駅への近道よ”と教えてくれる
道案内するためにわざわざ出てきてくれたのだ
とても嬉しくて
私もたどたどしいながら
”チョンマル マシッソヨ カムサハムニダ”(本当に美味しかったです ありがとう)と言う
”気をつけて ありがとう”と手を振って帰っていくオモニ
お腹も心も満足したお昼ご飯だった

オモニ必ず又来るね
美味しいご飯有り難う
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-10-01 20:03 | おいしい | Comments(6)
Commented by win-twins at 2007-10-01 22:43
観光客相手の店に辟易するが 予備知識と語学力のなさで 泣く泣く無難な店であきらめることが多い私の旅…
この gonnnosukeさんのご体験は まっこと そういったふがいない私の横っ面に一発でした
すばらしい!! です
行きたいなぁ
Commented by gonnosuke117 at 2007-10-02 02:34
>win-twinsさん
娘が多少は韓国語が話せることも私たちの行動範囲を広げている要因かとは思います けど理解できるのは話の2~3割だそうで…笑 かなり解釈違いしているかも知れませんがまあそれはそれでいいかと思っています 

このお店の近くには豚の3枚肉の焼き肉の美味しいお店もあるようです お腹に余裕があればそちらにも行ってみたいところでした

私たちの情報源は記事にもあるスッカラという雑誌の他 ソウルナビというサイトも重宝しています 次回行かれるとき覗いてみて下さい ディープなソウルが楽しめるかも知れません 
Commented by sheri at 2008-02-06 02:00 x
はじめまして!
この週末にソウルに行ってきまして、ソルネハノクチプで食事をしました。
本当に、親戚のおうちとか友達の実家とか、そういう感じのあたたかいお店ですよね。私もまた行きたいと思っています。

トラックバックさせていただきたかったのですが、エキサイト会員でないとできないようでしたのでコメントを書かせていただきました。
Commented by gonnosuke117 at 2008-02-07 03:59
> sheri さん
コメントありがとうございます
本当にいいお店ですよね
ブログ覗かせていただきました
韓国の情報がいっぱいで嬉しくなりました
ソンヘギョさんにお会いになったなんてかなり羨ましいです フルハウスを見て以来好きな女優さんの一人でしたので
これからも時々お邪魔させてくださいね sheri さんの記事を読んでますますソルネハノクチプに行きたくなってしまいました

トラックバックについてですけれど私のブログはトラックバックをお断りさせていただいています 以前訳の分からない怪しげなトラックバックが多かったので… 申し訳ありません
良ければまた覗きに来てくださいね
Commented by sheri at 2008-02-09 16:26 x
こんにちは。またまたお邪魔いたしました。

わがブログにお越しいただいたんですね!ありがとうございます。
ぜひまた遊びにいらしてくださいませ。

そして、ソン・ヘギョさん!本当に綺麗な方でしたよ~
お肌が透き通るように白くてもちもち感たっぷり。

トラックバックの件、そういうことだったんですね。私のブログは今のところ
無事ですが・・
Commented by gonnosuke117 at 2008-02-10 06:59
>sheriさん
ブログを読ませていただいて ソウル恋しい病が再発です 笑
この次行ったときのためにsheriさんのところで情報をたくさんいただきたいと思います 更新楽しみにしています

録画していたサンシャイン オブ ラブを見ていたらsheriさんのことを思い出しました やっぱり羨ましい!


<< 目先を変えて      大活躍 >>