2008年 03月 11日
ほんのちょっぴりフライング?
昨日帰り道神戸学生青年センターに寄る
ロビーには本が沢山
その光景を見ると今年もこの季節がやってきたなと思う

毎年恒例の古本市である
震災後に始まった 兵庫県下で学ぶ留学生支援の奨学金のための募金活動なのだ
本を寄贈してもらいそれの売り上げが奨学金になるそうだ

この活動を知ったのはこちらに住むようになってしばらくしてから
読まなくなった本が役に立つのならばと寄贈したのが最初だった

ハードカバーは300円
漫画文庫新書は100円
という均一価格
この時期になると各地から本が送られてくる
わが家でも冬になるとこの古本市を意識して本を取り分けておく
私の基準は100円300円で買おうと思うかということ あまりに傷みの激しいものは寄贈をしないことにしている

善意で集まってくる本の中には掘り出し物も沢山あり
期間中何度も足を運んで買い込んでくる

古本市は今月15日からのはずなのだがすでに料金箱が置かれているので職員の方に尋ねると
本の寄贈受付が始まっているので既に沢山本が集まってきているのです もう買うことも出来ますよとのこと
それではといそいそと本棚へ

既に相当の数の本が並んでいる
見ているようで見落としていることが多いので何回もグルグルと見て回る
努力の甲斐あって見つけた今回の掘り出し物は
c0090543_13444389.jpgc0090543_13452196.jpg
















映画化でまた気になっていた「陰日向に咲く」劇団一人
「肩掛けボストン鞄の旅」根本きこ
「葱とわかめと油揚げ 私のむだなし料理百選」阿部なを

他にも
こんなのや
c0090543_13553875.jpg

こんなのもあって
c0090543_13562657.jpg

これらは既に私の本箱にあるので買わなかったけど(当たり前か)
私にすればかなりのお宝本だと思う
寄贈した人は太っ腹だなあ

本の寄贈受付は今月いっぱい
毎日どんどん届くのでこまめに足を運ぶ
本を買うことが誰かの役に立つのだからという大義名分があるがため財布の紐は無いも同然
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-11 13:48 | でかける | Comments(0)


<< もらっちゃったカンペール      あっけないほどの >>