2008年 06月 22日
オモニの味
お世話になっている方のお宅におよばれ
招いてくださったのは日本に来られて14年になる韓国の方
奥様も韓国の方
しかも今はソウルからお母様が来られているとかでより本格的な韓国料理をご馳走してくださるというのだ

韓国式の招待ですから、くれぐれも手ぶらでお越しくださいというお言葉に甘えて本当に何も持たずに伺う
総勢12名
リビングにはずらりとご馳走が並んでいる



プルコギ
チャプチェ
チヂミ
キムパップ
ナムル
トッポギ
ククス
かつて食べたことはあるけれど どれも食堂などお店でのみ
家庭で作られた物は初めてである
あっさりした味付け
辛さもほどよく
丁寧に作られたのがよくわかる優しいお料理だった
まさに「お母さんの味」という感じ

ちょうど向かいに座られていたのが韓国からの留学生の方で
彼女からも色々と料理について教えてもらえた
ことに干したナスのナムルは初体験
丸ごと干したナスを裂いてナムルにするのだそう
ナスの旬が来たら是非とも試してみたい

c0090543_1710327.jpg


おしゃべりしながらだと箸も進んでおいとまする頃にはお腹が一杯
それでももたれた様な感じがちっともしないのは野菜中心のお料理だったからだろう
ソウルに行くと韓国の女性の肌が綺麗なのにいつも感心していたけれど
こういうものをいつも食べていたらきめの細かい肌にもなるだろうな
わが家の食卓を改めて反省

帰路についても口の中はまだまだ韓国モード
家族にも今日の美味しさのお裾分けをと
大胆にもチャプチェに挑戦
…ていうかストック食材の中にチャプチェの素を見つけたからだけど

チャプチェは春雨の炒め物
春雨といっても韓国のはサツマイモから作っていて少し黒っぽく太くてしっかりしている
冷蔵庫の野菜を思いつくままに刻み本来は牛肉のところをちょっぴり残っていた豚肉で
ああ…やっぱり”なんちゃって”料理になってしまいそう

見た目も味もやっぱり大違い
ま、当然だな
c0090543_1723621.jpg


お母様に料理を教えて頂ける機会がもてないものかと真剣に考え中
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-22 22:54 | おいしい | Comments(0)


<< 1文字違いで      宛名の文字 >>