2008年 06月 29日
ごんのすけはおつきさまへ
それはあまりに突然の出来事だった
26日木曜日の夕方うちの垂れ耳うさぎのごんのすけの様子がおかしいことに息子が気付き、私は急遽帰宅
かかりつけの病院に走った

治療と検査のため入院させて朝一番で会いに行くべく用意をしている所に急変を知らせる電話が入る
大急ぎで駆けつけたけれどごんのすけは事切れた後だった

徹夜で見てくださった先生にお礼を言うのが精一杯
キルトに大切にくるんで家に連れて帰る

ごんのすけのいた部屋に入りテーブルの上にそっと置いてやる
息子が部活を休んで早く帰るという
花とごんのすけの大好物だったバナナを買ってきてくれた
それを手に持ったまま玄関を入った途端に男泣きしてしまう

夜帰宅した夫も真っ先にごんのすけの所へ
彼の頬にも涙が伝っている

仕事を終え新幹線に飛び乗って娘も帰ってきた
駅の改札口で私の顔を見た途端娘の顔がゆがむ
道中きっと一人でこらえていたのだろう

家族で話し合い
私の実家の山に葬ってやることにする

ここは以前飼っていたうさぎのピーターの眠る場所でもある
雨ですべりそうになりながら山を登る
大きな木の根元でごんのすけは静かに眠る


c0090543_20882.jpg



ふと立ち寄ったペットショップで私が一目惚れ
夫にねだって連れて来たのが4年前のクリスマスだった
人なつっこいごんのすけはたちまちわが家のアイドルになる
息子の大学受験中も
夫が単身赴任中も
娘が家を離れてからも
ごんのすけに私たちは随分助けられた

最後まで面倒を見てやるつもりではいたけれど
こんなに早く別れが来るとは思ってもいなかった

うさぎを飼っている人達の間では
死んでしまうことを「お月様に帰る」と表現するらしい
ごんのすけも空の上から私たちを見ていてくれるだろうか

3年半というわずかな間だったけれど
私たちの中に思い出はいっぱい詰まっている
ごんのすけ うちに来てくれてほんとうにありがとう

c0090543_2026402.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-29 20:24 | おもうこと | Comments(8)
Commented by こむぎ at 2008-06-30 09:08 x
つらいですね。大切な家族を失うのは・・・我家のこむぎ(キャバリアのわがまま犬です)も今病気と闘っています。ごんのすけちゃんは、お月様に帰っても、gonnosukeさん御一家をやさしく見守ってくれていると思います・・・ご家族にたっぷりの愛情をそそいでもらったうさぎさんだから・・・

Commented by win-twins at 2008-06-30 10:35
gonnosukeさんがのHNがgonnosukeたる所以のごんのすけくん
胸中お察しいたします

時間が薬ではあるのですが…忘れることはありませんね

ごんのすけくん 月に帰ったら うちのFUTAが挨拶に行くと思います
ほんとうに ありがとう しか 言葉が見当たりません
gonnosukeさんご一家も お疲れを出されませんように お祈りいたしております
Commented by ハミ at 2008-06-30 22:57 x
誰でもが、いずれむこうの世界に行くのだけれど、送る悲しみは例えようもなく、ただひたすらに愛してたことに涙します。
朝晩、知り合えた方々、仲良かった野良の犬、猫ちゃん達に手を合わせていますが、年々増えてゆくのがまた悲しい。
みんな、新しい世界でも幸せでありますように。ありがとう!
Commented by yukico。 at 2008-07-02 00:11 x
昔、うーにん というマルチーズを飼っていました。
14年も一緒にいました。
もうそれは立派に家族の一員だったわけで。
家族を失うのは寂し過ぎます。
あの時の 胸の奥がぽっかり穴が開いた感じを思い出しました。
ごんのすけちゃんは gonさん一家のこぼれんばかりの愛情に包まれて
日々シアワセに暮らしていたのでしょうね。
これからは 空の上から ずっと見守ってくれることと思います・・・。
Commented by gonnosuke117 at 2008-07-02 20:18
>こむぎさん
こむぎさんのHNも飼われている子からつけられたのですね。
こむぎちゃんのお加減はいかがですか。病気に打ち勝って元気になって欲しいです。心より祈っています。


Commented by gonnosuke117 at 2008-07-02 20:28
> win-twinsさん
FUTAくんを亡くされたときのお気持ちが今痛いほどわかります。
時間が癒してくれるのでしょうけれど、ポッカリ開いた穴は予想以上に大きいものでした。悲しみを思い出を深める力に置き換えていきたいと思っています。

FUTAくん仲良く遊んでやってくださいね。月を見上げてFUTAくんと楽しそうにしているごんのすけの姿を思い描いています。

Commented by gonnosuke117 at 2008-07-02 20:32
>ハミさん
そうですね。いつかは誰もが行くのですね。一足先に行って待っていてくれるのたと考えて、いつか向こうの世界で会ったとき恥ずかしくないように日々を過ごしたいなと思います。

今はごんのすけがいてくれた3年半を感謝する気持ちで一杯です。
Commented by gonnosuke117 at 2008-07-02 20:40
> yukico。さん
うーにん なんて可愛い名前でしょう。きっと yukico。さんのおうちで大切にされた14年間だったでしょうね。
言葉もしゃべれない小さなものたちですけれど、彼らの持つ力はとても大きかったのだと去られた今実感しています。

一人でいると知らず知らず涙を流していたり、えさをやらなくちゃとか水はあったかしらとか思ったりしてしまいます。
昨晩は夫が帰宅するなり「月を捜したけど、見えなかったわ」と言いました。
家族それぞれがごんのすけのことを想って過ごしています。悲しみに無理にに蓋をするのではなく、自然に暮らしたいと思います。


<< 忙しいことが      どこかが違う >>