「ほっ」と。キャンペーン
2008年 09月 29日
08’ソウル 2 三清洞から北村へ
付岩洞から再びバスに乗る
ここで来るときに乗ったバス停の名前を覚えていないことに気付く
が、適当に降りようと暢気に構える

ここだと思ったときには既にバスは発進している
さすがソウルのバスである
次の目的地近くの地名が聞こえたように思ったので降りてみる

ちょうどすぐ傍に有名なお寺があり自分たちのいる場所は確認できた
表示を見ながら適当に歩いていたら仁寺洞に出た
ここは娘が行きたがっていたサムジキルのあるところ
洋服やアクセサリーなど様々なお店が緩やかなスロープの回廊に添って並んでいる

友人に頼まれていたオンギのお店もここにあり無事に買えた

焼き栗を食べながら仁寺洞を少しぶらぶらして
三清洞に向かう
ここは韓国の伝統家屋(韓屋)と新しい建物が共存しているところ
ガイドブックも地図も見ないで歩いてみる
そのとき日本人の家族連れの会話が聞こえる
「ここを上がっていくととてもお洒落なところがあるんだよ」

娘と小声で会話
(ついてってみる?)
(ついてってみよう。はずれだったら戻ればいいよ)

果たして…

細い路地をくねくねと進み高台に出た
坂の下には韓屋が並ぶ一角があり
その向こうには景福宮の屋根が見える
右手には青瓦台(大統領官邸)の屋根も

いつの間にか家族連れの姿は見えなくなっていた
振り返るともう少し坂を登った辺りにも韓屋が見える

その路地を入ったところでお茶屋さんを発見
朝から歩きっぱなしなのでここで一息入れようかと入ってみる
伝統茶を楽しめるカフェだった
チャマシヌントゥル

窓際の席に座ったので景福宮の屋根や民家を眺めながらゆっくりお茶を飲む
反対側の窓からは中庭と韓屋の屋根が連なっているのが見える
c0090543_13133948.jpg


娘は木蘭の花茶を
私は桑の葉のお茶を
c0090543_12572141.jpg

まずポットにお湯を入れ
片口に注ぎきる
それから小さなうつわに
テーブルにポットを置いてくれているので足し湯をして何煎も楽しめる

お腹も空いたし
かぼちゃ餅も注文
15分待ってくださいとのこと
程なくして運ばれてきたのは蒸したて熱々のかぼちゃ餅だ
フウフウいいながら口へ運ぶ
かぼちゃの香りと甘さが美味しい
二人にひとつで十分の量である
c0090543_132640.jpg


お腹一杯になったし
しっかり休憩も出来た
韓屋の並ぶ路地を歩きながら東へ移動
古くからあるお店が並ぶ細いとおりに出る
ちょうど小学生の下校時刻なのか子ども達がたくさんいる
「おじさんただいま!」と元気いっぱい
この子達がたまっていたトッポギ屋さん
かぼちゃ餅を食べていなければ絶対行ってたな

坂を登り切ったところにある中央高校はかの冬のソナタのロケ地である
韓流グッズを売るおばさんんに誘われるまま正門の前で写真を撮ったりする
坂を下りながらお店を探す
この通りに化学調味料を使わない手作りの味噌や醤油、醤油漬けのお店があるはずなのだが

見つからない
もう一度坂を登ってみる
やっぱり無い
諦めようかと思ったとき素敵な出会いが…つづく
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-29 06:32 | でかける | Comments(6)
Commented by win-twins at 2008-10-03 07:32
お帰りなさいマセ
手作り ソウルの旅
ワクワクします

どんな出会いが? …ワクワク
Commented by fumiko1177 at 2008-10-04 20:21
ソウルの旅
続きを待ってますが!!!
ダウンではと 心配してますが!!!

Commented by kojiyan1204 at 2008-10-04 23:57
こんにちは^^
わぁ、私もよく行く場所なので読みながらワクワクしてます。
中央高校前のおばちゃん、いつ行ってもいるんですよね。
素敵な出会い、気になります。
また、続きを読みにうかがいますね~^^
Commented by gonnosuke117 at 2008-10-05 16:55
>fumikoさん
思わせぶりな終わり方をしたまま放置してごめんなさい。
仕事に遊びに日々追われておりました。
ご心配くださってありがとう。かなり元気です。
Commented by gonnosuke117 at 2008-10-05 16:56
>win-twinsさん
かえりました (^^)
今回もほぼ行き当たりばったりの旅でした。
マニアックな旅を楽しみましたが、まだ行き残したところが…
ソウルは行くほどに魅力を増す街です。

Commented by gonnosuke117 at 2008-10-05 17:07
>kojiyanさん
あの辺りには素敵な場所やお店が沢山ありそうでもう少しゆっくりしたかったのですが…。
中央高校のおばちゃんはいつもいるのですね。日本語も達者でした。ペ様や冬ソナのファンという訳ではありませんし韓流グッズにも見向きもせずの反応の薄さで申し訳ないことしました。

三清洞の入り口の女子高校の正門前のトッポギ売りのアジュンマもいつもいるのでしょうか?下校の女子高生がパクついていてかなり気になりました。
どこに行ってもまず食い気で困りものです。笑


<< '08ソウル 3 ケド...      08’ソウル その1 路線バスに乗る >>