カテゴリ:うつわ( 53 )

2013年 12月 04日
たびのきねんに
c0090543_11263939.jpg


コペンハーゲンで見つけたヴィンテージの鍋
あまり使用感がなく中もきれい

レンジ、オーブン、直火もOKとのこと

DANSK のもののよう
お店でもらった手書きの伝票には
FLAMESTONE
QUISTGAARD
と書いてあったが
それ以上のことはよくわからない
付帯する情報はさておき

ほぼ一目惚れであり
慎重に包装しずうっと手荷物で大切に持ち帰った

手前のは対のスプーンがないので安くしてもらった(と思われるwなにせ語学力自信なし)

さてどんなお料理を作ろうか
[PR]

by gonnosuke117 | 2013-12-04 11:10 | うつわ | Comments(2)
2013年 01月 25日
そろそろでかけないといけないんだけど
c0090543_12292856.jpg

食器棚をさわり始めたら時間を忘れてしまった
[PR]

by gonnosuke117 | 2013-01-25 12:26 | うつわ | Comments(0)
2013年 01月 09日
あおときいろ
c0090543_9584100.jpg

安部太一さんのコンポートと無農薬の八朔
[PR]

by gonnosuke117 | 2013-01-09 09:56 | うつわ | Comments(0)
2012年 06月 25日
おべんとうばこについてかんがえる
c0090543_1314178.jpg

基本的に平日は家族のお弁当を二つ詰める
ときには私のも

お弁当箱に求める機能は人それぞれだろう
私の場合はまず美味しく食べられること
曲げわっぱのお弁当箱を初めて使ったとき
ご飯の美味しさに驚いた
適度に水分が抜け甘みが増している

息子の為に新しく漆のお弁当箱を買った
初日
折悪しく
いや、折良くというべきか
彼はお弁当不要
なので自分用に詰めてみた

出かける予定はなかったけれど
箸箱を添えて風呂敷に包んでおく
自分で作っておきながらお昼が楽しみ
背筋を伸ばしてゆっくり味わう
我ながら美味しいね
c0090543_13142164.jpg



100円でもお弁当箱が買える時代だ
単純に価格だけ比べれば曲げわっぱや漆のお弁当箱はかなりの贅沢品であることは否めない
だけど、寿命はくらべものにならない
夫の曲げわっぱのお弁当箱はすでに数年使っているが傷みはほとんどない
洗って乾かせば匂いも残らない
汁もれはするけど
元々お弁当は汁気を切って詰めるもの
そして基本的には真っ直ぐ持つもの
だからあんまり支障はない

三度の食事のうちの一回
出来る範囲でだけど
やっぱり大事にしたいなと思う
[PR]

by gonnosuke117 | 2012-06-25 13:30 | うつわ | Comments(0)
2012年 01月 21日
ふたもの
密閉性は今ひとつであるがしばらくの保存なら
ガラスや陶器の蓋物がいい
そのまま出せるしね

只今使用中の我が家の蓋物

c0090543_9154081.jpg




中味は‥

c0090543_9154093.jpg





そろそろ補充せなあかんのもちらほらやね
[PR]

by gonnosuke117 | 2012-01-21 09:10 | うつわ | Comments(2)
2011年 11月 09日
あなのこうよう
c0090543_21163923.jpg


kakkeさんで買ってきた藤本洋子さんの穴あき皿
先日の宴会では同じようなサイズのボウルと合わせて
氷を載せて出した
溶けた水は下のボウルに落ちるというわけ

今日の夜には唐揚げを
いったん油をきってから穴あき皿に盛る
蒸れないのでカリッとした状態が保ちやすかった

c0090543_21163917.jpg


温冷どちらにも穴はお役立ちなのだった
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-11-09 21:16 | うつわ | Comments(2)
2011年 10月 16日
たいかざらにはまる
c0090543_2242858.jpg


新しいうつわを連れて帰ると使ってみたくなる
そのうつわを使うために献立を決めたりは当然のこと

リュック開催が決まった土曜の朝
準備で忙しいのに
リキ入れて作った朝ごはん

十場天伸さんの耐火皿に
オリーブオイルをしき
(ほんとはニンニクも入れたいとこだけどお出かけ前なので我慢)
レンジで加熱したジャガイモを入れ
表面がカリッとなるまで焼く
オイルサーディンを載せ塩コショウ
全体が温まったならばほうれん草をばさり

テーブルに運んで熱々を食べる

後片付けも楽だし
耐火皿料理にはまりそう
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-10-16 22:42 | うつわ | Comments(0)
2011年 10月 14日
でんしれんじしようかいじょうにこころひかれる
c0090543_21422037.jpg


耐火皿というものに心惹かれる
私にとっては電子レンジにかけられることよリかなり重要

ricoさんとこで見つけた耐火皿はシンプルで手ごろな大きさ
とても使いやすい

叩き潰したにんにくとオリーブオイルをたらり
手で荒くちぎったキャベツを入れ
アンチョビを乗せたら火にかける
油がチッチと言い出して
キャベツの一部がしんなりしたらテーブルへ
その間にもキャベツにはどんどん火が入り
いただきますのころにはちょうどいい加減



寒くなってくると火にかけられる器が気になる
阪神での天伸さんの企画展でスリップウェアの耐火皿を一気に二枚買ってしまったことはここだけの話
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-10-14 21:42 | うつわ | Comments(0)
2011年 08月 18日
ふだんぎのうつわ
c0090543_2057172.jpg


じゃがいもとイカを煮た
まさに普通のおかず

先日CAMINORUTAさんから連れて帰った鉢に盛る

深さも大きさもちょうどいい
気が張らなくて控えめ
でもどこかあか抜けてて

なんだかおいしそうに見える

こんどこれでうつわを抱え込むようにして大盛りのかけうどんを食べてみたい


さて、私と異なり
CAMINORUTAさんはリュックに出店される予定
CAMINORUTAさんセレクトのうつわたちを手にとってみられるチャンスだ
小鹿田焼にまつわるいろんなお話も聞けそう
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-08-18 20:57 | うつわ | Comments(0)
2011年 08月 16日
おんたのみりょくをつたえるひと
c0090543_22335624.jpg


CAMINORUTAさんのお宅にお邪魔した
超アナログ人間の友人が小鹿田焼の器がほしいと
でもネットでは到底買うのは無理だと

厚かましくもお伺いして実際に見せていただくことになった
私?
そりゃしっかり便乗いたしましたとも

座り心地のいいソファに腰かけると正面の棚のたくさんの小鹿田焼の器たちが目に入る
それだけでもう幸せ
自転車でお酒が飲める人がいるけど
私は器でもお酒が飲める

小鹿田焼にまつわるいろんなお話を聞きながらあれやこれや手に取ってみる
お茶の次にはコーヒーにデザートまでいただいて


これまでにも小鹿田焼を目にしたことはあった
けれどもこれだけの数を見たことはない
そしてCAMINORUTAさんの小鹿田に対する思い
「日常雑器」として山合いの集落で淡々と作ってこられた器たち
その魅力を感じるには十分すぎる環境である


付添いのはずが
つい…のご報告はまた後日
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-08-16 22:33 | うつわ | Comments(2)