カテゴリ:くらし( 400 )

2006年 09月 26日
こつこつ
しばらく通っていた、いや在籍していたというべきか
スポーツジムを退会しました。

スケジュールの調整がうまく出来ず
通う機会が減ってきて
もったいないことをしていました。

そのような状態になって1年以上経ってもやめなかったのは
運動する楽しさと大切さがわかったから。

子供達も
「辞めたら終わりだよ。それっきり運動しなくなる。
在籍してたら会費勿体ないと思う気持ちも手伝って足運ぶから」
なんて言って 運動不足になること見え見えの私にハッパをかけてくれました。

けれども今のままではいかん。
一旦区切りをつけることにしました。

その代わりにとひそかに決めたこと。
(ここに書いたら ひそかも何もないもんですが)

☆エレベーターは使わず階段
  以前は電車でもエレベーターに1番近い車両選んで乗ったりしてた

☆背筋を伸ばしてお腹引っ込めて
  意識しないと後ろ姿がもろおばさんに

☆簡単な体操を出来るだけ毎日
  韓国のテレビで仕入れた
  お腹と二の腕を同時に引き締めようと言う欲張りなヤツ

ちょっと意識すると出かけていてもなんか違う。
遠回りも苦になりません。
今のところ楽しめています。
ともかく出来ることを少しずつやっていこうと。
実は地道に努力するというのは私の最も苦手とするところなんですが
今の服が入らなくなるのを阻止するためにも頑張るわっ!
『継続は疲れる』 いや『力なり』です。

おさらば”鏡餅”&”振り袖”
この二つの言葉の意味が分かるあなた
あなたもちょっぴり気にしてません?





今日は仕事のあと実家へ
行くたび父の子供達への手紙を預かって帰ります。
自分が調べている郷土史の中で興味深いこと
読みの難しい熟語の読み方と解説(勉強の役に立つのではと言うじいちゃん心)
子供達への励まし
季節の便りなどなど
孫への思いに溢れています。

昨日は手紙にこんなものが添えられていました。
c0090543_7484222.jpg
彼岸花とムラサキツユクサ、キンモクセイです。
手紙にこれらの花が咲いたよと書いたものの子供達が実物を知らないのではないかと。
娘がいけました。
部屋の中に秋が来ました。









夫の実家へも寄り、
どっさりの旬の野菜と
取れたて新米!
お父さんいつもありがとう。
お米は今度東京行くとき持って行きますね。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-26 23:33 | くらし | Comments(4)
2006年 09月 19日
ポジション
今日の仕事は神戸西部へ。
車で出かけました。
山手幹線を使いました(むっちゃローカルで失礼)

c0090543_2151054.jpg

これでも結構賑やかなところ走れるんです。

ここは三宮から北野坂をあがってきた交差点のところ。
スポーツバー”League”(つづり合ってるかな?)やCHECK&STRIPEさんへ向かうときは
この写真で言うと
左から右へ横断することになります。

何度も通っている道ですが、
こうやって車で走ると違った道に見えます。
同じ道でも行きと帰りが違う道のように思えたり。

立ち位置が違うと見えるものも違う。
だから感じることも違う。
道に限らず色んな場面で経験することですね。

色々な立ち位置を経験することは物事をより正しくとらえようとするとき
とても役に立つと思います。

経験できない立ち位置は
想像力を働かせることで補っていくことも必要でしょう。

そういうことの大切さを感じるようになりました。
歳取った証拠とは思いたくないですが…

おまけ
c0090543_21192456.jpg
この辺りを走るとき
私の1番好きなところです。
街路樹の感じがお気に入りです。
因みに左1番奥の濃い茶色のビルが兵庫県庁。
これで私のいる所が分かる人は
相当の神戸っ子でしょう。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-19 21:31 | くらし | Comments(6)
2006年 09月 16日
すぐれもの
ガスコンロの脇に調味料などを入れた棚を置いています。
ワイヤーラックなので上からものが見える。
ホコリも入る。
なので上に布を置いていました。

なんとなくすっきり感はなかったのですが他に方法を思いつきませんでした。

空間コーディネーターの彼女が一言。
「れんがを置けばいいのよ。
油汚れも吸うし、熱い物を置いても平気やし」

なるほど!
すぐにホームセンターへ。
棚に出来るだけぴったりはめたいので、サイズをきっちり測って行きました。
れんがのサイズを見て必死で暗算です。
5枚でぴったりと割り出すまでに少々時間がかかりましたが
(普段電卓にばかり頼っているツケがこんな時に…)
何とか購入。

c0090543_2031884.jpg


うまく収まりました。
鍋敷き代わりに、配膳に、重宝です。
そして思いがけないおまけが。
れんがが水分も吸ってくれるので、
おひつを置いておくと具合がよいのです。
今まではおひつを置いているところが濡れて気になっていましたが
余分な水分をれんがが吸ってくれます。
これで悩み解消。
心なしか御飯がさらにおいしくなったような。


先日ブログに載せたお茶コーナー。
濃い茶の棚をもらって黒のエスプレッソマシンも浮き上がることはなくなったのですが
今まで置いていた本立てが置けなくなりました。
何か良いものはないかと考えていました。

今日やっと思いつきました。
ここにもれんがです。

たまたま使わなくなったのがあるぞ。
思い立ったら即実行です。
c0090543_2046187.jpg
エスプレッソマシンに寄りかかっていた本達が行儀良くなりました。
お気に入りの本です。
傷が付いては困ります。
なので
c0090543_20491419.jpg










布のガムテープ貼り付けました→
なかなか良いではないかと
一人悦に入っています。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-16 20:54 | くらし | Comments(2)
2006年 09月 11日
あるがまま
午後三宮へ出かけました。
片づけをしていて出てきたテレフォンカードの束をチケットショップで買い取ってもらおうという至って世俗的な用事のためです。

たまたま元町に友人が来ていることがわかり、一緒にお茶を飲んだ後
電車に乗って最寄り駅へ。
改札を出てすぐの本屋さんでちょっと立ち読み。
安藤明子さんの本はさんざん悩んだ末今日は我慢しました。

駅下のスーパーで家族の好きな男前豆腐を買い込んで家へ向かいます。

家までゆっくり歩いても15分足らず。
左手に和香さんのバッグ。右手にお豆腐。

なんだかとてもゆったりした気分で帰路を楽しんで歩いている自分に気付きました。

今日は45rpmのスカート(何年か前にセールで買った)、木綿のブラウス(ユニクロ)、カーディガン(好きな洋服屋さんの福袋に入っていた。これも何年か前のもの)
足元はものすごく贅沢しています。
c0090543_206457.jpg

夫に買ってもらったストロバー。
(写真右側のずんぐりのほうです。
隣は娘のカンペール)
なかなか合う靴の見つからない私が今一番歩きやすい靴です。

どこも締め付けず自然な感じで歩いている。
その心地よさを改めて感じました。

元々背が低い、
スタイルも良くない。
このコンプレックスは私の服や靴を選ぶとき少なからず影響してきました。
補正力のある下着やヒールのあるほっそりした靴を買ったこともあります。

けれども最近 そう最近になってやっと
チビでもお腹出ていても
それはそれでいいじゃない
と思えるようになってきました。
格好悪くても私は私。

体重やスリーサイズの数字を気にするより
背筋を伸ばして 広い歩幅で颯爽と歩いていきたいなあ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-11 20:21 | くらし | Comments(1)
2006年 09月 08日
もーぉバックバク
今日は車で仕事に出かけました。

帰り 教えてもらった近道を通ってみることにしました。

途中で道が狭くなりました。
充分交わせるのですが、怖がりなもので減速してやりすごそうとしたら
対向車がいきなりパッシング。
(真ん中に寄りすぎていたかなあ。ごめんね)と思いつつも
妙に引っかかる。

道幅も広くなって走りやすくなり、そのことを忘れかけた2,3分後
眼に飛び込んできたのは
速度取り締まりのあの機械 そしてお巡りさん。

あのパッシングはそういう意味やったのかあ!
瞬時に視線はスピードメーターへ。
うううっ微妙ですぅ…

免許更新の時 又講習組ですかい。
あーあ。
事故起こすよりは
罰金で済むんだしい(泣)
しゃあないかあ
と、短時間でも人間て色んなこと考えられるものです。

「はーい。いらっしゃい」とお巡りさんがお待ちの場所までが遠く感じたこと。

徐々に近づくも お巡りさん無反応。
ひょっとして大丈夫やった?
ほんとにいいのね。
行くよ行くよ。
通過しまっせ。
もう知りませんよお~

どうやらセーフだったようです。
やれやれ。

誰かがストレスかかったら血流5%悪くなるらしいと言ってましたが
あのときの私
50%位悪くなってた気がするわ。

このドキドキを忘れず安全運転を心がけますです。はい。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-08 18:08 | くらし | Comments(2)
2006年 09月 06日
育てる
京都の町屋に住む知り合いが言ってました。
昔からの木の部分は水ぶきしたらさあーっとつやが出てくる感じ。
後から作った部分は汚れが染みこんでいく感じと。

入居に当たってお世話になった設計士さんに
エゴマの油を塗るといいよというアドバイスをもらったそうです。

先日二人でいった山中油店で見つけました。
住居用のエゴマ油。
c0090543_055737.jpg
そばに見本が置いてありましたが、なかなかいい感じのつやが出ています。













そこでふと思い出しました。
以前トールを習っていたときに買ってしまい込んだままになっているあれ。
そのまま放置するのは勿体ない。

上等のオリーブオイル並みのお値段でしたが思い切って買ってみました。

一昨日時間が出来たのでいよいよ実行。
c0090543_0104493.jpg

右側の蓋だけ塗ったところですが、違うでしょ?
気が付いたら夢中になってやっていました。
しばらく使って又油塗って…を繰り返していたらいい味出てくるかなあ。

一回やって即完成!それはそれでいいけど 時間をかけないと出てこない魅力ってやっぱりあると思います。
昔の人って身近にある自然のものでお手入れしながら淡々と使い続けていって、その結果いい風合いが出てきたんだろうなあ。
私のは大量生産の木製品ですが、今 もういとおしい感じがしています。
うまく育ってくれるといいなあ。
楽しみです。

町屋の彼女もせっせと塗ってるかなあ。
ますます居心地のいい空間になるんだろうなあ。
c0090543_0483592.jpg


自宅を町屋ギャラリーにする計画があるそうです。
センスのいい彼女のこと きっと他にはないものになることでしょう。
けれど 油を塗り込んで,拭いて、使って…とおうちを育てるように ギャラリーもゆっくり時間をかけてその過程を楽しみながらつくっていく、そんな気がします。
ワクワクしながら見守らせて欲しい。
ポッキーママ 頑張れ!
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-06 00:29 | くらし | Comments(2)
2006年 08月 27日
宿題
保険でお世話になっている友人から、会社の企画でタイムカプセルに納めた手紙が5年後に届けられるというのがあると、用紙が届けられたのが6月だったでしょうか。
妙にあらたまってしまって、なかなか書けません。
とうとう締め切りまで一週間になってしまいました。

もう今日書くしかない!と覚悟を決めて紙に向かいました。
c0090543_1731165.jpg

何とか書き上げやれやれ。自分にもしたためました。
5年後が楽しみです。












「5年後」 すぐのようで まだまだ先のようで…
ふと部屋の中を見渡してみました。 
5年前も持っていて、今でも愛用しているものはいったい幾つあるのだろう。
5年後も使い続けていくものはどれだろう。
ものをかうとき 5年後 10年後を考えて買ったことあったかなあ。

京都にノキロアートネットさんという素敵なギャラリーがあります。
c0090543_1727238.jpg
その展示会の案内状にこんな文章がありました。

永く愛されるものを作りたい
愛着の持てるものを使いたい
『京都的ムダのない暮らし』

5年後の私 ムダのない暮らし 出来るようになっているでしょうか?
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-08-27 17:35 | くらし | Comments(2)
2006年 08月 25日
じつは
片づけるのが苦手です。
決して散らかっているのが平気なのでもありません。
仕事が忙しくて…というのが言い訳なのもわかっています。
けどスッキリ暮らせない。


そんな私に救世主が現れました。
仕事で知り合った方が なんと空間コーディネーターだったんです。
彼女のセンスと人柄にこれまた惚れて、お世話になることにしました。

まずは台所から。
ともかく捨てる捨てる。 捨てる基準が違う(勿論捨てるにあたっては私の意志を尊重してくれますが)
なんとここだけで ゴミ袋にして20以上! ううっ恥ずかしい。
言っておきます ゴミを溜めていたわけではありません。 無くてもすむものを溜めこんでいたということ。 まあ別の意味でショックですが。

彼女のモットーは のちのち そこに住む人が片づけやすい なおかつ見た目もおしゃれにすること。
彼女の手にかかると 食器棚もほうら。
c0090543_10353083.jpg

一つの棚に置くものの色目をそろえる。 
目の高さのところは飾るように。 
こうすると他の棚に結構詰め込んでいてもぐちゃぐちゃしてみえないそうなんです。
なるほどなるほど。
彼女に納めてもらってから器が選びやすい。
お陰でお蔵入りしていたお気に入り達が日の目を見ることとなりました。




1番の頭痛の種が仕事関係の書類・資料。こればかりは人任せに出来ません。
しかも日に日に増殖中。
何回か彼女に来てもらううち 少しは技を身につけられるのではと思うのは甘い?


夫が単身赴任を終えて戻って来る頃には見違えるほどの快適空間で迎えたいと思っています。
そんな私の夢が詰まっているのがここ。
c0090543_10483167.jpg

最近お気に入りの本達です。
ここに出てくる空間はどれもすっきりしていて、しかも気取りがない。
肩を張らずに暮らせそうな気がするんです。
それには先ず 捨てる捨てる捨てる捨てる…ですね。 頑張ります。
憧れの器や 裂き織りのバッグを買うための 小銭貯金のビンが並んでいるのはご愛敬としてください。
人間は矛盾の固まりです。 エヘヘ
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-08-25 10:39 | くらし | Comments(2)
2006年 08月 24日
買うということ
器が好きになってずいぶんたちます。
はじめはいつだったのかはっきりとは思い出せないのですが、先日つらつら振り返ってみると このときからではないかと…

もう10年以上前のことです。母の行きつけの服屋さんにお供した帰りのこと。 何気なく店頭に置いてある器を見ていると、「お茶入りましたからどうぞ」と店員さんが声をかけてくださいました。買うでもなく見ていただけなのにとなんか嬉しくて厚かましくいただきました。
その時出されたのがこのお湯飲み。
c0090543_2021581.jpg




手に持ったとき 一目惚れしてしまい お値段を聞いたら、当時の私なら即やめていたであろう価格でした。
なのに なぜか「えいっ!」と買ってしまったんです。

さあ帰ろうと地下鉄の駅への道を尋ねたら、ちょっと遠い。
「送りますわ。乗ってください」と恐縮する私たちをさっさと車まで案内してくださいました。それまでの接客も素晴らしかったし、感激してしまいました。
その方に惚れたというのでしょうか(素敵な男性ですが、変な意味はありませんよ)それからちょくちょくそのお店に立ち寄るようになり器の奥の深さにはまっていったのです。
神戸元町のサノヤさん。老舗のすごさってそういうとこなんかなあ。

考えてみると、そのものが気に入って買う これも勿論有りですが、私の場合人に惚れて買う場合結構あるんです。 良く立ち寄るお店の大半は私の名前を覚えていてくれる (チビだから覚えやすいのか?) バッグはここ。服はこことかはほぼ決まっています(服の場合は年齢、そして何より体型により お店の選択肢少ないっつう現実は有りなんですが…トホホ)

そういえば 夫も お酒とか買うとき「あの人から買わせてもらい」とかよく言ってたなあ。少々高くても近所の酒屋さんとかで買ってました。
電気製品もどれにするか比較検討はしても 買うときは信頼できる店員さんのいる決まったお店に行ってました。少しでも安く!と店舗巡りはして無かった気がする。
そこらへんの価値観は一緒で良かったなあ。 ちょっとのろけです(笑)

最近会って惚れ込んでしまった方が
信楽の 大平さん。 発想の豊かさと真面目すぎる位の親切さ。 
21日のブログに登場した いとこの家をすごく素敵にしてくれている人。
私もいとこ達と同じように し○○くんと呼ばせて欲しいくらい。

そして こちら
c0090543_17272573.jpg

 

神戸栄町にある 草灯舎 さん。
お店も 扱っておられるものも 好きなんだけど なんといってもオーナーさんが素敵。 
ナチュラルな感じだし、誠実に対応してくださいます。
こちらで買い求めたのがこれ
c0090543_20435837.jpg


大きい方はいとことおそろ。実は昨日小さい方買い足してしまいました(ひょっとしてこっちも持ってる?)











お二人ともきちっと自分の世界があって 揺れていない、そんな感じ。
私がそうじゃないから 余計憧れるのでしょう。
”この人”っていう人に出えるとその人から広がって出会える 人 もの どちらも間違いない気がしてすごく楽しみになります。
そういえば 大平さん紹介してくれたいとこ夫婦も すごく安定した生き方してるなあ。 そういう人にはそういう人が集まってくるのでしょうか。 
私もその端くれでええから入れるようになりたいものです。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-08-24 22:08 | くらし | Comments(2)
2006年 08月 20日
やってしもうた
今日も娘は部活で京都へ なんと7時前の電車に乗らないといけないらしい
あわせて私も早起き
娘を送り出した後 9時過ぎに出かける息子のためのお弁当づくりにかかる
なんせまだ7時過ぎ
楽勝!とばかりにゆったりした気分で他の用事と並行しながら台所を行き来していた
お鍋でご飯を炊く我が家 
(ほう ええ感じに沸騰してきたぞ 後12分で炊きあがるな)とタイマーをセット 
定番の卵焼きも焼いて もうお弁当は出来たようなもの
緊張感の抜けた私の鼻に 何やら香ばしいにおいが…と思った直後タイマーのベルが
イヤな予感を胸にガス台の前へ
やっぱり!蛍火にするのを忘れて強火のまんま
クラクラッ ってかんじ
おそるおそるしゃもじでかき混ぜてみる
底の方は焦げ焦げ 当たり前か…c0090543_14505629.jpg
三合炊いたのに二合ぐらいになってる感じ けど焦げてないところはいいお味(…ということにする)
気を取り直して というか開き直って おひつに移す
蛍火にしたのにタイマーかけ忘れというのはちょくちょくやってたけどここまでの焦がしは久しぶり
今日はお鍋洗うの勇気要るわ








アクシデントにも負けず何とかお弁当完成
c0090543_1503164.jpg 
何事もなかったかのように息子送り出しました
朝ご飯も焦げ臭い言うてなかったし まっ だいじょぶでしょう(汗)
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-08-20 15:06 | くらし | Comments(5)