カテゴリ:おもうこと( 86 )

2016年 10月 10日
しゃしんのないがくぶち
c0090543_10331867.jpg

ソウル中心部景福宮の前からまっすぐ伸びる道路に挟まれた光化門広場

私が訪れた10月9日はハングルの日だった
光化門広場にはハングル文字を作った世宗大王の像があることもあり、様々なイベントが開かれていた

その広場の少し南
両脇に小さな建物が建っている
たくさんの写真が壁一面に飾られている
日本でも大きく報道された
セウォル号で亡くなられた人たちだ

その中の多くがまだあどけなさの残る若い人たちだが、それ以外にも様々な年代のたくさんの方が犠牲になられたことを今さら思い知らされて辛くなる

献花をして手を合わせた

幾つか写真の入っていない額縁があった
写真の代わりに
「〇〇はまだ海の中にいます」
という言葉が入っていた

胸がつぶれそうになる

向かい合わせの建物ではこの事故の原因究明と再発させないための法の整備などを訴える署名活動をされていた

大きな事故だったのに
私の中でも薄らいでいた記憶だった

けれどもまだ帰らない家族を待っているひとがいる
署名活動活動をされていた方も
「知って欲しい」
「忘れないで」
と話されていた

すぐそばではきらきらした秋空の下
楽しそうに催しに参加した人たち
けれどもここに居るご遺族にはあるときから止まってしまった時間がある

起きてしまったことは変えようもないが、私たちに出来ることは何かあるはず
署名したとき、つけてもらった黄色いリボンを大事につけて帰ってきた






[PR]

by gonnosuke117 | 2016-10-10 22:17 | おもうこと | Comments(0)
2015年 10月 14日
かいけつさくはわかっている
c0090543_16333196.jpg


パート2も買ってしまった

写真見てはあこがれのため息をつく

物を捨てよ!
これが私の最初にすべき課題だと
認識してはいるのだ

今度こそやらねば


[PR]

by gonnosuke117 | 2015-10-14 16:29 | おもうこと | Comments(0)
2015年 10月 07日
たんばとうじ
c0090543_11265879.jpg



朝、叔母から電話が入る
実家のご近所の方が亡くなられたと
いとこが香典を届けてくれるとのことだったが
両親がとてもお世話になった方であり、仕事の段取りをつけてご葬儀に駆けつけた

私のふるさとからは冬の農閑期に出稼ぎに灘に日本酒造りに行く人たちがおられた
丹波杜氏と呼ばれたその集団は灘の酒造りを支えたと言われている

その方も17歳から酒造りに関わられ真摯にお仕事をされ、最後にはその方の名前をだけでお酒が売れるような腕の良い杜氏さんだったと父から聞かされた

父と母からの思いも込めて心いっぱいの感謝の気持ちで手を合わせた


先日たまたま撮った画像には
杜氏されていた酒蔵の辺りも見える




[PR]

by gonnosuke117 | 2015-10-07 10:16 | おもうこと | Comments(0)
2015年 09月 21日
はんとし
c0090543_18071507.jpg

今日9月21日は母の月命日である
半年前の今日父に見守られながら旅立った

病気が見つかってから2年とちょっと
そのほとんどを病院で過ごすことになる
少しずつ衰えていった最後の1年は私たちの別れの準備ための時間を母がくれたように思う

告別式と
その後に続く法要と
そして一人残された父のこと
寂しさに浸るいとまはなかった

一人っ子の私を案じて家族だけでなく叔父や叔母、いとこたちのサポートのおかけでなんとか様々な課題をこなせた

半年経った今でもまだ実感はない
ようやく少し泣けるようになった

告別式の日に名残り雪が舞った庭ももう秋の気配である

申し訳ありませんがこの記事へのコメントはご辞退させてください



[PR]

by gonnosuke117 | 2015-09-21 17:51 | おもうこと
2015年 08月 17日
しゅうせんきねんび
8月15日はお盆の行事であたふたしているうちに終わってしまった

それでもこの時期
平和ということについて考える時間が増える
今の暮らしが当たり前ではないことを
戦争が終わって何十年経とうとも、消えない身体と心の傷を抱えている人がいることを
世界のあちこちではたった今も戦火に怯えている人がいることを
決して忘れてはならないと思う

8月14日に買った本

c0090543_07083419.jpg


[PR]

by gonnosuke117 | 2015-08-17 17:24 | おもうこと | Comments(0)
2014年 05月 20日
ごじゅうななさい
c0090543_10293232.jpg



いいことも、そうでないことも
ない交ぜになって押し寄せてきた
それだけに今まで以上に人に恵まれた56歳

57の歳も良いものにしたい


楽しみがいっぱい詰まったカードは息子からの誕生日プレゼント
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-05-20 10:19 | おもうこと | Comments(0)
2014年 03月 26日
うけいれるためのちから
c0090543_11272940.jpg


母の病気が見つかったのは昨年6月のこと

まるで坂を転がる石にでもなったかのような日々であった
下り坂ばかりではなくときどきは 上り坂もあったけど
どうやらもうその石は止めようがないようである

頭ではわかっていても気持ちの部分で受け入れられない現実につぶれそうになる

そんなとき支えてくれたのは母の頑張りと
やっぱり周りの人たちだった

とりとめのないおしゃべりや、美味しい食事とお酒をはさんで過ごす時間
こんなことをしていていいのだろうかと思うときもあるけれど
一度離れてリセットすること
この時間のおかげでまた頑張ろうって思える

私の受容力のもとは私の周りの大切な人たちの存在
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-03-26 11:04 | おもうこと | Comments(0)
2013年 10月 01日
ますてでゆめをみる
c0090543_23201027.jpg


ぴゅーんってひこうきにのって
ほくおうにいこう
[PR]

by gonnosuke117 | 2013-10-01 23:16 | おもうこと | Comments(4)
2013年 09月 28日
いつのまにかきせつもかわり
c0090543_13342890.jpg


母の入院は六月のことだった
二度の手術に耐え、よくがんばってくれた

母の入院生活もようやく終わりを迎えられそうだ

今年母は夏のないまま
丹波はもうすっかり秋である
[PR]

by gonnosuke117 | 2013-09-28 13:28 | おもうこと | Comments(0)
2013年 09月 27日
ふたりよう
c0090543_1011458.jpg



娘が
お父さんと使ってねとプレゼントしてくれた
スウェーデンのヴィンテージのカトラリー


うつわやカトラリー類を求めるとき
これまでは4客揃えていた
もうそろそろ子供たちの分は考えなくていいんだな

子どもとの住まいが一緒でも別々でも
夫との暮らしを充実させることが一番の子孝行なのだと思う
[PR]

by gonnosuke117 | 2013-09-27 09:57 | おもうこと | Comments(0)