<   2006年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 30日
滋賀へ 再び
今日は車で滋賀のいとこの家へ。
空間コーディネーターの友人と一緒。
前回一緒に行った友人は残念ながら今日は欠席です。
1時間半ちょいで到着です。
気抜けする位近かった。

前回と同じく仕事の後信楽へ。
やはりいとこが車で案内してくれました。

早起きして出てきたので時間はたっぷりです。
まずはみのる窯さんへ。

前回お願いしていた茶托が入荷したとのことでいただいてきました。
c0090543_22144794.jpg
アイスコーヒーのコップ(松川実さんの作品で信楽らしい色遣いの細身の。これも可愛かった)をのせて出してもらって、赤い色と中央のお花、四角い形に魅了されてしまったのでした。
今日来られなかった友人の分も買って帰ります。

ギャラリーのそばのご自宅にお邪魔してコーヒーをいただきました。
雰囲気のある素敵なお宅だったのですが、
ここで残念な事実発覚。
いとこの家に携帯を忘れてきてしまい写真が撮れない!
取りあえず友人の携帯を借りて後でメールで送信してもらうことにしました。
なので今は写真無し。
(そのかわりといってはなんですが、みのる窯さんのホームページの”みのる窯日記”でご自宅や周りの自然の様子、お二人のほのぼのとしたご様子を是非)
窓の外には秋の田園風景が広がり、ゆったりのんびりくつろげる空間です。
オーダーされたという感じのいい食器棚の中にはもちろんみのる窯さんの器がずらり。
奥様の京子さんのおもてなしも心配りが行き届いていてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

前も伺ったいとこの知り合いの大新陶材さんへ。
分けていただくようにお願いしながら持って帰れなかったこれを お迎えに。
c0090543_22364494.jpg
大正以前のものではないかというガラスボウルです。
写真ではわかりにくいですが表面に少しゆがみがあって
透かした感じがたまらなく良いのです。
これだけ大きさのあるものがほぼ完品で残っていることにも感激です。

休日出勤していたいとこのご主人ともここで落ち合い
5人で話の弾むこと弾むこと。


今日も暗くなってから滋賀を後にすることになってしまいました。
興奮さめやらぬ私たちを乗せ渋滞もなくスムーズに車は走り、8時頃帰宅。
行くたび滋賀と、滋賀の人が好きになります。
いとこ夫婦と松川さん、大新さん。
ここでは書ききれない位お世話になりました。
ありがとう。

また是非訪れたい。
今度は大新さんプロデュースのおうどん屋さんでお昼食べたいなあ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-30 22:55 | すき | Comments(2)
2006年 09月 29日
捨てられない
20年以上前に独学でパッチワークを始めました。
一時期は本当に没頭して毎日のように針を持っていました。

仕事が忙しくなり始めるのと反比例してだんだん遠ざかっていきました。
それでも布が好きで、もうパッチワークをすることはないだろうと思いつつも 気に入って集めた布を処分する気持ちになれず、いただき物の和箪笥や押入にたくさんしまいこんでいました。

最近住まい方を考え直す機会が増え、
思い切って捨てる決意をしました。

幸いなことに、一部もらってくれる人がいて残りは幼稚園の工作に使ってもらえそうで助かりました。やっぱりゴミとして処理されるのはさみしいですもの。

布の奥からこんなものが出てきました。
c0090543_23202781.jpg
中にはしきりがあって、ゴム印などをしまっておくものではないかと思います。
3年前亡くなった祖母のものです。
祖母は小さな衣料品店をしていました。
歳を取ってからも続けていたのですが、お店を閉めてからもう10年以上経つでしょうか。
その時に母がもらってきたものを私が譲り受けたのでした。






中には
c0090543_23271243.jpg
箱と一緒にもらったものが入っています。
どれ位前のものかはわかりません。

リボンのようなものには
『西陣先染 高級ガロン』の札が。
袖口裾周各一着分と小さく書いてあるところをみると何か仕立てるときに使うのでしょうか?
知識のない私には分かりませんが。

ちょっと古びたホック。

縫い針色々。50円とか60円とかの値札が貼ってあります。
本みすや針と書いたものやら京みすや針と書いたものやら。
商標が違うのでそれぞれ違うところのものでしょう。
いまだに錆もなくピカピカです。

これをもらった頃はまだパッチワークに熱中していた頃。
そんな私なら使うだろうと母もくれたのでしょうけど
結局手をつけないままになっていたのでした。

実はその存在すら失念していたのですが(おばあちゃんおかあさんごめんね)
今になって出してみると
古びた感じがなんだか可愛くて。

これらはこれからも使うことはないでしょう。
けれどもずっと手元に置いておきたい。
布が無くなってがらんとなった和箪笥にもう1度しまい込みました。
ときどき取り出して眺めるような気がしています。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-29 23:07 | くらし | Comments(4)
2006年 09月 28日
エクスパック到着
夕方待ちに待ったものが届きました。
いとこにお願いしていたスカートが出来上がったんです。

いとこにアトリエマニスの本を紹介されて、
着てみたい服がいっぱい載っていて、
けれども自分では作れそうになくて。
たまたま住吉倶楽部さんでアトリエマニスの展示会があり、
実際のマニスの服の着心地の良さ、年齢体型を問わないスタイルに
惚れ込んでしまったのですが、
なにせそれなりのお値段。
作りの丁寧さから言っても決して高くはないのですが、
私のお財布には見合わなかったのです。
そこで救いの神、器用ないとこ登場。
以前服を仕立てて欲しいと布を預けていたのですが夏生地ばかりだったのでわざわざ布を買いに行ってくれました。
スカート丈も私の希望に合わせて変更。
c0090543_20444334.jpg
←写真うまく撮れてない(涙)ごめんね。
実物はもっといいの。

うきうきと早速試着。
ウエストもちょうどです。ラップスカートなので痩せても大丈夫よね(と言ってみたいが逆を心配しろってか?!)
チラッと見える裏の布がなかなかいい感じ。
鏡餅付きの私でもウエスト周りスッキリして見えるのはさすがマニスというべきか。
リバーシブルなので
c0090543_20474514.jpg
こんなふうにも使えます→
すごーく得した気分。



これ持つことも意識して作ってくれたんじゃないかと
c0090543_20512098.jpg
c0090543_20514766.jpg
どちらにも和香さんバッグばっちり。
予想通りやね。
しっかりした木綿で作ってくれているので真冬を除けば春まで重宝しそうです。






一緒にこんなのも入れてくれていました。
c0090543_2124989.jpg
一度食べてみたかったマツヤさんのロシアチョコ。
おいしいよ~。
あと一つ…の誘惑を断ち切るのが大変でした。
箱も包み紙も可愛い。
捨てられません。

色々とありがとう。
明日早速スカートはいて出かけよう!
次の作品も期待していいかな?なんちゃって。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-28 21:11 | すき | Comments(2)
2006年 09月 27日
おやばか
今日はヴィッセル神戸の試合のある日。

Jリーグに関心のある方ならご存じでしょうが、
今ヴィッセル神戸は大事なとこなんです。
首位攻防のただ中。
J1への昇格がかかっていますので(J2上位2位はJ1昇格。3位はJ1の下から3番目のチームと試合して勝った方がJ1というシステム)サポーターとしてはほんとにリキ入ります。

恒例の『どっち勝つ?』うさ占いも 当然真剣になります。

ドキドキの今日のカレ(うちのこ♂です)の予想は…

迷うことなく神戸のほうの手をペロペロ。
よっしゃあ!勝つぞ!

体調イマイチのため、今日は自宅観戦で我慢。

テレビの前でスタンバイ。
このためにスカパー!に加入したんですから。

前半なかなか点が入らない。
今日のうさ占いの結果を伝えた友人(彼女はスタジアムで観戦中)からメールが入る。
「○○○すけ(うちのうさの名前)寝とんちゃう?!おこしといてね。」

友人に返信。
「簡単に神戸を選んだときは苦戦の末、勝利のパターンがが多いのです。試合中はトランスしとりますのでたいてい寝とります。勝ちを信じましょう」
本当にそうなんです。
くた~と寝てたり、遠くを見るような感じでぼーっとしてたり。

後半10分過ぎ三浦淳宏のそれは見事なフリーキックで先制。
(アツ~!熱があったのに本当によくやった。かっこよすぎますう!)
終了間際に田中が追加点入れて神戸勝利!

うさぎさまにごうびを
グリーンボールの芯ですが(笑)

ほうれ今日も当たった!
やっぱりうちのうさ 超能力ある気するんですけど。
c0090543_9185926.jpg
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-27 23:34 | すき | Comments(0)
2006年 09月 26日
こつこつ
しばらく通っていた、いや在籍していたというべきか
スポーツジムを退会しました。

スケジュールの調整がうまく出来ず
通う機会が減ってきて
もったいないことをしていました。

そのような状態になって1年以上経ってもやめなかったのは
運動する楽しさと大切さがわかったから。

子供達も
「辞めたら終わりだよ。それっきり運動しなくなる。
在籍してたら会費勿体ないと思う気持ちも手伝って足運ぶから」
なんて言って 運動不足になること見え見えの私にハッパをかけてくれました。

けれども今のままではいかん。
一旦区切りをつけることにしました。

その代わりにとひそかに決めたこと。
(ここに書いたら ひそかも何もないもんですが)

☆エレベーターは使わず階段
  以前は電車でもエレベーターに1番近い車両選んで乗ったりしてた

☆背筋を伸ばしてお腹引っ込めて
  意識しないと後ろ姿がもろおばさんに

☆簡単な体操を出来るだけ毎日
  韓国のテレビで仕入れた
  お腹と二の腕を同時に引き締めようと言う欲張りなヤツ

ちょっと意識すると出かけていてもなんか違う。
遠回りも苦になりません。
今のところ楽しめています。
ともかく出来ることを少しずつやっていこうと。
実は地道に努力するというのは私の最も苦手とするところなんですが
今の服が入らなくなるのを阻止するためにも頑張るわっ!
『継続は疲れる』 いや『力なり』です。

おさらば”鏡餅”&”振り袖”
この二つの言葉の意味が分かるあなた
あなたもちょっぴり気にしてません?





今日は仕事のあと実家へ
行くたび父の子供達への手紙を預かって帰ります。
自分が調べている郷土史の中で興味深いこと
読みの難しい熟語の読み方と解説(勉強の役に立つのではと言うじいちゃん心)
子供達への励まし
季節の便りなどなど
孫への思いに溢れています。

昨日は手紙にこんなものが添えられていました。
c0090543_7484222.jpg
彼岸花とムラサキツユクサ、キンモクセイです。
手紙にこれらの花が咲いたよと書いたものの子供達が実物を知らないのではないかと。
娘がいけました。
部屋の中に秋が来ました。









夫の実家へも寄り、
どっさりの旬の野菜と
取れたて新米!
お父さんいつもありがとう。
お米は今度東京行くとき持って行きますね。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-26 23:33 | くらし | Comments(4)
2006年 09月 25日
ちょっとお出かけ
海を越えて
ケーキを食べに行ってきました。

と言ってもそんなに遠くではありません。
ポートピアホテルのアラメゾンです。

ここのペアケーキセットの招待券を娘がもらったので。

ホテルへは三宮から1時間に3本シャトルバスが出ているので便利です。
15分位で到着。
アラメゾンは
ケーキの他パンやデリカテッセンもあり、楽しそうなお店です。
セルフなのでホテルの中といいつつかしこまらずにいただけそうなところ。

ショーケースの中をのぞき込んで二人とも真剣。

結局選んだのはこれ。
c0090543_20523941.jpg
手前が ティラミス。
奥のが きなこムース(だったと思う。食べる端から忘れていってる)

どちらもくどくなくておいしかったです。
きなこの方は中にワラビ餅みたいなのが入っていました。
ティラミスはあっさりめで食べやすかったです。







帰りもシャトルバスにお世話になります。
ただでケーキいただいたのにごめんなさい。

けれども行きにくい感じだったポートピアホテルが案外便利に行けることが分かったのは収穫でした。
バイキングレストランもあるようですし、
また行ってみたいです。

今日は”ホテルでお茶”つうことで
普段三宮に行くときよりはきちっとした格好で出かけました。
そいうときにはこのバッグが活躍します。
c0090543_2115119.jpg
ル・ボナーフェルディです。

「思い切った色買われましたねえ」と言われたこともありますが
何とも言えないブルーで 私の手持ちの服には合うのです。
何かと荷物の多い私ですがごちゃごちゃ入れても
それなりに様になるし
肩からかけると重さを感じない。
本当に良くできたバッグだと思います。
思い切ったのは『色』でなく『お値段』でしたけど(苦笑)
重宝しています。
使えば使うほどいい感じになってくるのでどんどん愛着がましてきています。

お気に入りのバッグ携えて 娘と おいしいケーキいただきに出かける。
本当に恵まれていると思います。
感謝しなければね。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-25 21:21 | Comments(2)
2006年 09月 24日
おひとりさま
今日は子供達がいないので一人きりのお昼御飯です。

そしたらまあ手を抜くこと抜くこと。

残り御飯を使って
「ピビンパップ気分」(あくまで気分)
太白ごま油で御飯炒めて
(はい、御飯だけです。ネギも何も無し。オンリーライスです)
軽く塩こしょう
御飯取り出したらそのフライパンで目玉焼き作って
先ほどの炒め御飯に韓国海苔ちぎってのせて
目玉焼きのせたら
だし醤油回しかけて
食す。
途中でキムチもプラスしたりなんぞして。

まな板包丁使わず。
フライパン1枚使うだけ。
栄養バランスもへったくれもありません。

「朝ご飯にお弁当のおかずの残りを色々食べたから、おひるはこれでも…」
と言い訳しつつ
いただきます。

c0090543_1732024.jpg
単純な料理ですが
おいしいんです。実は。

元々は子供達がはまっていたのの応用。
バター炒め御飯に目玉焼きのっけるだけのもの。
(さらに単純)
これはこれでおいしかったんですけどね。







やっぱり料理はおいしいと食べてくれる人があってこそ
張り切って作れるんだと思います。
そういう意味では
「結婚できない男」の阿部寛 えらいわ。
何だか凝った料理を自分だけのために作ってましたもんね。


御飯手ぇ抜いたけど デザートは豪華。
いただき物の最中に 濃いめの日本茶。
”一人きりの御飯これまた楽し”かな?
c0090543_17133015.jpg
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-24 17:18 | Comments(3)
2006年 09月 23日
シーズン到来
朝晩に秋を感じるようになると
これが飲みたくなり始めます。
c0090543_10463324.jpg
うどん屋風一夜薬本舗の生姜湯です。
手前”が中辛”。
これでも生姜がきいていておいしいのですが
さらに生姜たっぷりが
奥の”辛味絶佳”。
生姜好きにはそそる名前でしょう。

おいしいし暖まります。

我が家には、
(風邪ひきそうかも) というときのお助けドリンクがあるのですが
そこまでもいかない (ちょっとからだが冷えたなあ) とういうときには まずこれ。
飲むと気持ちいいんです。

初めは中辛でも
「う~わ 生姜!」という感じで結構刺激的なのですが
辛味絶佳を飲み始めると こちらの辛味にはまってしまいます。

あの味が恋しくなってきたよ~。
これ書いたらお湯沸かそうっと。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-23 10:43 | Comments(0)
2006年 09月 22日
沿線
今日の午後は(も?)娘と出かけました。

娘は近々帰国予定の韓国人留学生のお友達へのプレゼントを探しに。
私はそれに便乗して前々から覗いてみたかった器やさんへ。

近いのになかなか行く機会に恵まれなかった苦楽園。

おいしそうなスイーツのお店もありますが、
今日は行かない!と心に決めて誘惑と闘います。

優しい娘が先に器やさんへ付き合ってくれました。

 d さんです。

こちらには市川孝さんの作品があるとのこと。
ネットや本だけで、実物を見たことがなかったので
是非手に取ってみたかったのでした。

c0090543_21472627.jpg
c0090543_21474228.jpg
















市川さんのものは、ポットとそばちょこがありました。
うかがうとやはりポットは使い勝手がいいそうです。
私がネットで見ていて欲しいなあと思っているポットよりは一回り小ぶりでしたが
本当に丁寧に作ってある感じ。
今だとポットは1年半待ちだそうです。

オーナーさんが
「ここ1年で人気が出て、本当に入って来にくくなったんです。
本に取り上げられたりしたこともあるのだけれど
すごく良くできているので使った方の評判で広まったのでしょう。
以前から”市川君何で売れへんのやろうなあ?”と言ってたんですよ」
と話して下さいました。

思い描いていた以上に趣のある作品でした。
他の作品も見てみたい!
季の雲さんで作品展されたのを後になって知ったのがかえすがえす悔しい。

このお店は作家さんの器だけでなく、カトラリーや紅茶、リネンなど
ついつい欲しくなるものがいっぱいでした。
知らない方が良かったかも。
だって貯金箱幾つあっても足りそうにないもの。




夕方岡本で友人との待ち合わせがあったので、
時間まで岡本当たりをうろうろ。
何度行っても飽きないまちです。

必ずと言っていいほど覗くのが
NAIFSさん。
もう7,8年もまえにいとこに教えてもらって以来大好きなお店です。
今日はこんなものを買いました。
c0090543_22184847.jpg
このシリーズのスプーンを持っているのでおそろいでフォークが欲しくて。
うちの器によく合うんです。
数年前から変わらずあることが嬉しい。
布はインドリネンのナプキン。
正方形なので、お弁当風呂敷にしたりあずま袋を作ろうかなと思っています。









阪急神戸線の沿線には
雰囲気のあるお店がたくさん。
それぞれの駅で違った魅力があります。
時間のあるときに歩いてみたくなるエリアです。

いつか全部の駅で降りたって まちを楽しんでみたいなあ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-22 21:58 | すき | Comments(2)
2006年 09月 21日
さっそく
昨日買ってきた「伝言レシピ」の中のお料理
作ってみました。

”切り干し大根の梅マリネ”です。
c0090543_2153276.jpg
切り干し大根と梅干しの取り合わせは思いついても
そこにオリーブオイルとは。
「!」のおいしさでした。
本当は貝割れ大根入れるのですが無かったので省略。
青首大根の切り干しで緑があるから良かろうと
…まあ正直言うと貝割れだけを買いに行くのが面倒だったと。
単にそれだけのことなんですけど。
簡単ですし、おすすめです。
レシピも本もね。

さあて 次はどれ作ろうかな?
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-09-21 22:08 | Comments(1)