<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 30日
興奮して話す息子
息子が予備校から帰宅。
何かいいことがあったようです。

有名人に会ったと。
MBS(毎日放送)の近くにある予備校なのでさもありなんなのですが。

会ったのは ジョンさん。
この番組に出ています。
番組ロケに来ていたところに行き当たったらしい。

息子と友人達が「ジョンさんや!」と見ていると向こうから声をかけてきてくれたそうです。
おしゃべりの中で「僕ら浪人なんで世の中から乗り遅れてるんですよ~」というと
『乗り遅れてもええやん。次の電車に乗ったらええねん』と。

「ジョンさんかっこええ!ほんまかっこええ!」と全員がいたく感激したらしいです。

光る言葉にビジュアルは関係ないのね。

息子が撮ったジョンさん
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-30 23:14 | くらし | Comments(4)
2006年 11月 30日
三度目の正直なのに
今朝は寝坊することなく起床。
二日連続おさぼりしたお弁当もちゃんと入れられました。
息子を送り出しほっと一息。ふとテーブルの上を見ると

忘れて行かれましたわ。    お弁当(--;)

程なく息子から申し訳なさげなメールが。
今更仕方ないですもの。
私のお昼にいただきましょう。
c0090543_1932475.jpg
昨日のブログにも登場したおかずがあるのはご愛敬。
私のは小判形。内側全部が塗装無し。おかずはラップを敷いて詰めます。
息子のは二段。おかずを入れる方はウレタン塗装が施してあります。
やはり食べたとき微妙に違います。
実際に食べてみる機会があったのは良かった。息子よ怪我の功名だ。

それにしても栗久さんのお弁当箱だとやっぱりご飯がおいしい!炊きたてより甘みが増しているようです。


男の子用のお弁当を楽々完食。
自分が怖い…

仕事の時間調整に
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-30 20:17 | おべんとう | Comments(9)
2006年 11月 29日
二日連続
昨日起きるタイミングがずれて…世間ではそれを 「寝坊」 というわけですが。
子供達のお弁当をパスしてしまいました。
言い訳させてもらえばその前の夜なんだか寝付けなかったんです。

明日こそちゃんと早起きしようとゆうべは早い目に布団に入りました。
そのお陰もあって6時に目が覚めました。
6時半からスタートでお弁当も楽々。もうちっとだけ布団にと思ったのが間違いでした。

次の瞬間ドラマチックな夢をみていました。
映画やドラマが大好きだからかけっこう筋書きのある夢を見ることが多いのです。現実にはあり得ないのにフィクションの世界だとありそうな話を。
キムタクに顔をくっつけんばかりにして囁かれたこともあるんです。別にファンでもないのに。
それからしばらくテレビで見るとドキドキしたりなんかして。
今朝の夢もそんな感じ。切ないストーリーでした。その中にどっぷり浸かっているのにふと”なんでこんなに長く夢を見ていられるんやろ?”と思った瞬間目が覚めました。

うーわ7時半!
朝ご飯だけはなんとか間に合わせました。
今日もお弁当はごめんなさい。



明日こそはちゃんと起きるからお許しくだされ~!

お詫びの印に
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-29 19:55 | うちごはん | Comments(4)
2006年 11月 28日
はるばると
新潟のいとこが荷物を送ってくれました。
「東京で器屋さん巡りをするので欲しいものがあれば…」という有り難いお言葉に甘えてお願いしていたものが届いたのです。

Ekocaさんのエコバッグと
(赤い縁取りが可愛い。これは実際に使った方が感じが伝わると思うので写真は後日)

佐藤玲朗さんのコップ。そう、グラスでなく”コップ”。
佐藤さんは兵庫県に工房を持たれている吹きガラスの作家さんです。
その工房のある町が私にゆかりの深い場所であることがきっかけでホームページに行き、作品を見てすごく欲しくなってしまっていたのでした。

ファーマーズテーブルさん幾つかあったようで、どれにするかはメールをやりとりして相談しました。彼女の感性を信じられるので実物を見ずとも買う決心はすぐつきました。

今日箱から出てきたのは”コップ”の名に似つかわしいなんとも愛嬌のある暖かい作品でした。
何度も何度もホームページの中で見て憧れていたものが目の前にある嬉しさ。
やはりいとこに頼んでよかった。ありがとう。

ここにコップの写真をアップしたいところですが届いたのは夜。これは是非とも自然光の中で撮りたい。ですのでお披露目はこちらもまた改めて。

それにしても兵庫の工房で生まれたコップが東京に行き、新潟を経由してまた兵庫へ。
よくぞやって来てくれました。
佐藤さんは日本酒とかコーラとかのビンのりサイクルガラスも使われるようなので炉で溶かされる前は何かのビンだったかもしれません。佐藤さんの所に来るまでにもコップだけが知る物語がありそうで。ますますいとおしい。

食器棚の中央に飾りました。
我が家でも物語の続きを作ってくれますように。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-28 22:50 | うつわ | Comments(2)
2006年 11月 27日
北山散策
朝から京都に仕事に出かけました。
それほど遅くならない予定だったので、ちょっと回り道して帰ろうかと目論みました。

ricoさんのホームページで見て、前々から気になっていた風土さんに行ってみたくて。
地図はしっかりプリントアウト済みです。
せっかくなのでその辺うろうろしたいとricoさんにいい所無いか尋ねたら、なんと案内してあげましょうと。
彼女のセンス大好き。そんな人のお薦めスポットならば絶対間違いない。
心強いガイドです。

風土さんで待ち合わせしました。
c0090543_22444646.jpg

オーナーさんも感じのいい方でした。幾ら眺めても飽きない作品ばかり。
三苫修さんの器を見ることが出来たのも嬉しかった。
けど今日は連れて帰るの我慢我慢。
他にも欲しい器がたくさん(片手の土鍋可愛いかった~)でしたがまたのお楽しみにしておいて
今日はこれだけ。
c0090543_835380.jpg

かせで買った麻ひもを巻いておくための糸巻きを探していました。
たくさんあった中でこれだけが色が塗ってありました。黒板みたいなグリーンが何となく可愛くて。
あと原毛ウール。本当はフェルトにしたりするのでしょうが、デュラレックスのグラスに入れて針山にしてみました。





ゆるゆる歩きながらすごくお洒落な喫茶店(今はカフェと言わなあかんのか?)でお茶もして北山通りのricoさんお勧めショップを覗いて…。

楽しかったわ~。
雨模様の中付き合ってくれてありがとうね。

ricoさんはこの界隈からは徒歩圏内の町屋に住んでいて、来年年明けに町屋ギャラリーをオープンすべく着々と準備を進めています。
ホームページも彼女のペースでのんびり更新中。アナログ人間なのだそうです。このゆっくりさがまた良いのですよ。

”オーナーの独り言”のコーナーが大好きなんです。何気ない写真からも彼女のセンスの良さと人柄がうかがえるから。

展示予定の作品も何とも言えず味があって明るくて作家さんに会ってみたくなるような…彼女のギャラリーに展示されるのを想像しただけでワクワクしてしまいます。

オープン首を長くして待ってるよ~ricoさん!

どうして気がつかなかったんやろう?
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-27 22:53 | でかける | Comments(6)
2006年 11月 26日
いつまで続くのか
雨の中出かけました。
目的地はウイングスタジアムです。
そうです。今日もJリーグの試合があるのです。ホーム最終戦。
しかもJ1昇格のかかった大事な試合なんです。
対戦相手は湘南ベルマーレ。
今日勝てばJ1昇格は勿論優勝の可能性もあるのです。
当然力が入ります。

先に試合の終わった横浜FCは勝ちました。
ヴィッセル神戸が優勝とJ1昇格を決めるにはまず今日勝つしかありません。

ここでサッカーJリーグを良くご存じない方のために…
試合をして勝つと勝ち点なるものが3点、引き分けやと1点もらえるのです。その年間トータルで成績を競うわけです。
JリーグにはJ1とJ2がありまして、J1で年間成績の悪かった下から2チームは自動的にJ2に降格します。かわってJ2の上位2チームがJ1に昇格出来るのです。
J1の下から3番目のチームとJ2の上から3番目のチームが入れ替え戦というのをやって勝った方がJ1になります。

今日の試合前のJ2の順位は
1位 横浜FC 勝ち点 87
2位 ヴィッセル神戸  85
3位 柏レイソル     85 (勝ち点は同じですが得失点差で神戸が2位になっています)

横浜が勝ったので勝ち点を90に伸ばしたわけです。今日を含めて残り2試合です。今日神戸が引き分けやと横浜は上位2位以内確定。つまり昇格枠2つのうち一つを押さえられてしまうことになるわけ。

さあいよいよキックオフ。
先制を許すも後半に1点返した。なのに二人が退場になり9人での戦いとなりました。
こちらの応援も力が入ります。
気迫とも言うべきゴールで逆転したものの終了間際に追いつかれて引き分けてしまいました。

ジャッジについてはどうこう言うべきではないと思います。が、怪我や出場停止で主力を何人も欠いた中で選手は本当に良く闘ったと思います。
幸いなことに3位の柏が負けてくれたお陰で神戸は2位の座をキープできました。
昇格争いは今度の最終戦までもつれこんでしまいました。
来月二日にはなんとしても勝って自力で昇格を決めて欲しい。
入れ替え戦突入は避けて!もう胃が痛いです。

夫はもう試合のある仙台行きの切符を購入したようです。
どこまでも熱い家族ではあるなあ。

今日は座席に新聞を切った紙吹雪が置いてありました。
試合に勝ったら撒こうとサポーターの人達が準備したのだそうです。
ゴールの時、特に2点目は逆転でしたので大喜びで撒いてしまった人がたくさんいました。
試合が終わったらそこら中新聞紙だらけ。
するとサポーターの人達が率先して拾い始めました。(私も参加)
飲み残しのペットボトルや紙くずまできちんと拾い集めてゴール裏の席は本当に綺麗になりました。
引き分けに終わったのは残念やったけどこのことはすがすがしかった。みなさん本当にヴィッセル神戸が好きなんだなあ。

帰り道
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-26 23:01 | すき | Comments(0)
2006年 11月 25日
ちょこちょこ幸せ
友人が本を貸してくれました。
c0090543_20571488.jpg

読んでみたかった堀井和子さんの本。これ全部そう。
もしかしてほとんど網羅している?

私はテレビっ子ですが、本も大好き。まだ読んでいない本が家の中にある状態だとすごく豊かな気分になります。
どれから読みましょう。


午後ちょこっと出かけました。
すごく気になる靴があって、人気も高いらしく半年待ちはざらと聞いていました。
問い合わせしたお店は注文が殺到したのでもう予約を受け付けていないとのこと。
通販という方法もあるのですが…サイズは小さい、しかも甲高幅広の幼児のような足の私にとって自分に会う靴探しはなかなか大変なんです。だから余計履いてみないとどうにも決められません。
もう諦めようかと思っていたところへいとこからの情報。
どうやら苦楽園のPermanent Ageさんで予約を受け付けてくれそう…で早速出かけたわけです。

履いてみたらなかなかの履き心地。私にとってはなかなか巡り会えない足に合う靴。思わず予約してしまいました。届くのは来年七月だそうですが。
それまで頑張れば靴貯金は大丈夫でしょう。楽しみ~。


夕方商店街を駅に向かっていたら、電車が行ってしまいました。10分待てば来るしとのんびり歩いて肉屋さんで揚げたてコロッケ買うて、八百屋さんでカイワレ買うて駅に着いたらちょうど電車到着。なんて間がいいんでしょ。こういうのちょっとニンマリしてしまう。


コロッケは晩ご飯に。
我が家の定番になった”切り干し大根の梅マリネ”と(高橋みどりさんの伝言レシピはほんとにお役立ち本です)
それからチキンソテー。c0090543_2132254.jpg
固まりのまま放り込んで、焼き上がり直前にキッチンばさみで切り分けるのが私流。
なかなかいい感じに焼き上がりました。
マイタケも添えて。

以前floorさんで衝動買いしてしまった釜定さんのフィッシュパン。使うたび馴染んでくる感じがこれまた嬉しい。そのままテーブルに出しました。

料理がうまくいくとほんまに気分よろしいねえ。






今日もよい一日でした。
明日も楽しみ。

靴と言えば
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-25 21:53 | うちごはん | Comments(6)
2006年 11月 24日
ええーっ!?
夜テレビのスイッチを入れたらなんか変な感じ。
ほどなくパチッと画面が真っ暗に。
音はしますが画面は電源を切ったときのようです。
背面の配線をみましたが異常は見つかりません。

「ひょっとしてこわれたん?」
ブラウン管がダメになったと考えるのが妥当なのでしょうか。そういえば先日から息子が画面の隅が暗い言うてたなあ。

うーわ。かなんわあ。
私テレビっ子なんです。テレビがなかったらこまるよ~。

韓国ドラマ見られへん。サッカーの試合の録画予約できへん。もう電器屋さん閉まってるし。

もう頭の中はグルグル。

夫にメール。すぐ電話がかかってきました。
「配線の具合ではないか?」(当然もう見たわよ)
「まあおかしかったら電器屋さんに相談してみたら?」(あなたはテレビっ子でないから至って冷静だわね)
「まああかんかったら新しいの買い。テレビ無かったらこまるやろ?」(ありがとう。やっぱり優しいのね。けどその出費がいたいのよ)

その電話の間しつこくテレビはつけたまま。音声が至ってクリアなのがなんだか悔しい。

「プン」というような音と共に突然テレビ復活!もう訳わからへん。ほかされるかも…と思って頑張ったの?
まあ何はともあれ良かった。

その後2回くらい一瞬画面が真っ暗に。子供達によればなんだか色もおかしい。少し黄色っぽいと。(鈍い私には分かりません。そういえばそんな気も)

器貯金や裂き織りバッグ貯金服貯金にテレビ貯金も加えないといけなさそうです。
貯まるまでなんとか壊れんといてね~!間に合うかなあ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-24 23:27 | くらし | Comments(2)
2006年 11月 23日
冬支度
子供達も出かけ一人きりの休日でした。
けれどものんびりとはしていられないのです。

先日いたい敗戦をしてしまいもう勝つしかないヴィッセル神戸の残り3試合のうちの一戦ザスパ草津戦があるのです。本日はアウェイゲーム。東京在住中の夫は地の利を活かし群馬の陸上競技場へ出かけました。私は自宅でテレビでと夫婦それぞれの場所で応援します。

1時キックオフ(試合開始)を前に早くからテレビをつけて、もうドッキドキ。
”善い行いをすれば神様はご褒美をくださるわ。きっと”などと訳のわからんことをいいつつ掃除を始めたりして…
試合が始まればそんなどころではなくなりましたが(^^;)

神戸は開始早々先制ゴールするも後半追いつかれてしまい引き分け。
半泣きになりながら(たいそうなことです)ネットでチェックすると上位チームはどちらも引き分けと負け。ウホホイ!よそ様のお陰で神戸は3位から2位に浮上です。
モンテデオ山形と徳島ヴォルティスのみなさんよくやってくださいました!ありがとう!

ちょっと元気が出たところへ宅配便到着。
ラグを買ったのが届いたんです。
昨シーズンまではホットカーペットを使っていました。
数年前○○○すけの先代のウサギがコードをかじってしまい、幸い外の皮膜の部分だけの被害ですんだので修理して使っていました。けれどもどうもコードの傷が怖くなったことと真冬はこたつを使いホットカーペットは単なる敷物になってしまっていることから思い切って捨てたのでした。
ホットカーペットカバーを敷いていましたがなんせ薄い。しかも韓国大好きな誰かさん(私でない)がトクポギの汁をこぼしてしまって小汚くなってしまった。
それでエーイと思い切ったのでした。
思いきったと言ってもあまり予算は割けません。
私も粗忽者ですからすぐ汚す。気軽に使える物を探しました。
ネットで色々調べてユニクロのを買うことにしました。
実物を見ずに部屋の広い面積を占めるラグを買うのはちょっと冒険かなと思いましたが[ホコリが取れやすい][家で洗える]の2点が決め手となりました。少し安くなっていたことも後押ししましたね。

ワクワクとドキドキで箱を開けさっそく敷いてみました(掃除は終わってましたし。へへ)

c0090543_1052187.jpg
ふむふむなかなか良い感じ。ホットカーペットカバーの上に重ね敷きしたこともあって結構暖かい。こりゃ良かったかも。と早速紅茶とか入れてまったりしてみました。
朱のお膳と色が良く合って気分良くなおさらまったりです。
オイルヒーターのスイッチもまだ入れずに我慢できそう。
やったね。






気持ちいいのでついついラグの上でごろごろしておりましたら
宅配便第2弾。

新潟のいとこからc0090543_213929.jpg
美味しいお菓子どっさりと。
マツヤさんのロシアチョコや!
ロシアケーキはお初です。
瑞花のぬれおかきに
浪速屋製菓の辛口ピー揚げ。
甘い辛いをうまく取り合わせてくれてる。
嬉しいなあ。









そんな美味しいもの達の下にメインが隠れていました。
c0090543_21461080.jpg
スカートです。
以前にも縫ってもらっていてあまりの履き心地の良さに冬バージョンを頼んでいたのでした。
実家で眠っていた英ネルを送っていたのですが一作目と違い、生地が柔らかく苦心して縫い上げてくれたようです。さすがの仕上がり。
これもリーバーシブルなんです。
どちらも黒のタートルに合わせたい。






さあ部屋も私もひとまず冬支度出来ました。
訪れる寒さを楽しみましょう。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-23 22:17 | くらし | Comments(2)
2006年 11月 22日
裏にあるもの
昨日早朝宅配便が届きました。

HARUHANAのカレンダーです。
ソウルで注文していたのは先週届いていたのですが、実はそれにまつわるお話しがあるのです。

プレゼントにしようと何部か頼んでいた中のひとつに乱丁があったのです。
娘が来年のはどんな図柄なんやろうとパラパラめくってみたのですが、たまたまそれが事故品。8月の次に3月が再び…というバラバラのページ。しかも11月以降はないという状態でした。これでは使い物になりません。

思い入れがあっただけにかなりショック。


元々8月にソウルの仁寺洞にある国際刺繍院へいったときHARUHANAのカレンダーがないか問い合わせたのが始まりでした。
まだ8月ということでさすがに翌年のカレンダーはまだ出来ていない。
「出来上がったら送ってあげましょうか」といわれたのですが送料がばかになりません。
私と娘が思案していると、「日本に展示会に行くとき持って行ってそこから着払いで送ってあげましょう。そうしたら安くでおくれるでしょう?」といわれ代金を払って帰国しました。

先日電話があり、今日本にいるが印刷が遅れているので今回の来日に間に合わなかった、次回来年早々にはまた来ると思うのでその時に送りますとのことでした。
”新年に間に合わないのか~”とちょっぴりがっかりしたのですが、わざわざこんな連絡入れてくれるということは、遅くなっても絶対送ってくれるよねと娘と話したのでした。

横浜の会社を経由して思いがけず早くカレンダーが届きました。
中には手書きの手紙が添えられていて
(すごく丁寧な文字できちんとした日本語で書かれていました)
年内に届けられて嬉しいと。
私も娘もそれは喜んだんです。

ところが…の乱丁事件だったわけです。

土曜日とりあえず横浜の会社TTコーポレーションさんに電話しました。事情を話すと恐縮された様子ですぐ韓国に連絡しますという返事でした。
今週月曜日韓国から電話が入りました。
国際刺繍院の李 恩珠(イ・ウンジュ)さんからです。
(ソウルでも彼女が接客してくれました。先日の電話も彼女から)

お詫びと共に、カレンダーなのに来年になってから送るのでは申し訳ないと思い、日本でのコーディネートをしている会社の方が韓国に来られた際に託して日本から発送して貰った。ひとつ余分に預けているのですぐに送ってもらうよう手配する。そちらの不良品は横浜に着払いで送って欲しいという説明でした。(全て流暢な日本語で会話には全く支障はなかった)

その日のうちに横浜へ問題のカレンダーを送りました。
その翌日早朝にこの代替品が届いたのです。
c0090543_0235082.jpg

こちらからの事故品が届く前に横浜から発送。しかも私と電話したその日にです。
韓国からメールで送られてきたと思われる李さんからの丁寧なお詫びの手紙と可愛い青磁の亀のストラップが添えられていました。

今回の出来事は私たちの心に響きました。
そこここに心遣いが感じられたからです。
何とかして年内に届くように手配してくれたこと。
こちらの言葉を信用して事故品が届く前に新しい物を送ってくれたこと。(不具合を確認してから送り返すところも多いでしょうに)
電話のうえに手紙とお詫びの品まで添えて、しかも即日の素早い処置。

何とも気持ちの良い対応でした。

ちょっと一言添えられるか、
タイミングを逃さないか、
などなどちょっとしたことで受ける側の印象は大きく変わってくると思います。
相手をいい気分にさせる これはテクニックだけで叶うことではないでしょう。
ましてやマニュアルだけで簡単に出来ることでもないでしょう。

相手の立場に立とうとする”おもい”があってこそではないかなあ。
それがあるのとないのでは全然違うと思います。
”おもい”は行動に出ます。言葉に出ます。そう思いませんか?

スーパーマーケットなどで代金をレジに納めながら(当然視線はお金の方を向いたまま)
「ありがとうございました。またお越しくださいませ」といわれることに違和感を覚えるのは私だけでしょうか。
言えばいいやればいいというのではない。
改めて勉強させられました。

李さんありがとう!TTコーポレーションさんお世話になりました。
娘も私もますますソウル熱上昇中。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-11-22 23:11 | おもうこと | Comments(2)