<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 31日
今年最後の
2006年も今日でお終い。

年々日が過ぎていくのが早くなっている。
ついこの前年賀状書いた気がするのに。

辛い永遠の別れもあったけれど
大切にしたい新しい出会いもあった年。

この世で起こることは全て必然と言うけれど
今私が色んな人に囲まれてこうしていられるのはたくさんの奇跡の積み重ねの上に起きていること。
そう考えると一日一日大切にしていかなければと思う。
今日はもう二度とない日なのだから。

暦は人間が考え出したもので別に今日の昇った太陽と明日昇る太陽が違う訳ではない。
見る側が違って見るだけなんだけど。そのことが大切なのだと思う。
意識が違うと世界が違って見える。
それが今を変える原動力になるのだから。

淡々とやり続けること、生き続けることって難しい。
区切りを意識することで気持ちが改まり、また頑張ろう!と思えるから年の節目の行事って大事にしないといけないのだろうな。

ようやく年賀状を書き、大掃除という言葉はなかったこととし(先日テレビに出ていた松原ちあきさんが「ハワイでは大掃除ってやらない」とか言ってたし)
辛うじて年越しそばだけは作ろうと思っているような私が偉そうに言えることではないのだが。

それでも今朝は「今年最後だなあ」と思ってお弁当詰めた。
c0090543_18435159.jpg

最後だからってことさらおかずに変化があるわけではない。
来年もこうやって家族にお弁当作り続けられるといいなあと思いつつほんのちょっぴり丁寧に風呂敷に包んだだけ。

息子と、風邪っぴきというアクシデントに見舞われて帰省できなかった娘と私の三人での年越し。(夫は父母二人だけの私の実家で何か手伝えることがあればと一人帰ってくれた)

来年もいい年になりますように。
今年出会えた全ての人に感謝しつつ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-31 19:07 | おもうこと | Comments(4)
2006年 12月 30日
まったり大晦日イブ
風邪がすっきりしないということもあり、一歩も家からでなかった一日。

したことといえばお年玉の準備。
いつも通りの家事。

今夜も息子は予備校で遅い。娘は同窓会とやらで出かけていった。
夕食は夫と二人。
c0090543_2254986.jpg

ほっけの開き
高橋みどりさんの伝言レシピから切り干し大根のベーコン炒め
こんにゃくの田楽 yukakkoさんのブログで知った献立いろいろ味噌をかけて
白菜のおひたしに黒すりゴマをたっぷり

有頂天ホテル見ながらゆっくり食べて…

こんなことしていていいのか?

年賀状
大掃除
という単語をこの世から消したい夜。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-30 23:04 | くらし | Comments(0)
2006年 12月 29日
帰省準備
暮れからお正月にかけ実家へ帰るのが例年。
夫と私の実家は隣町どうし。親戚も近くにあちこち。
なかなか会えない人にいちどきに会えるチャンスでもある。

残念ながら今年は息子の受験のため彼と私は居残り。
夫と娘が夫と私の実家にそれぞれ一泊ずつする予定。

お土産を準備するのも楽しみの一つ。
相手を思い描きながら何が喜んでもらえるか思いを巡らせる作業は大好き。
ちょっと珍しくておいしいものや日々使ってもらえそうなもの。「この人にはこれや!」という物を見つけたときは本当に嬉しくなる。

親戚が多いのでお土産の数もそれなり。
c0090543_22435922.jpg


前々からアンテナ立てておいて少しずつ準備したものたち。
気に入ってもらえるかなあ。

買い物した私が帰れないので、渡し間違いのないよう名札を手作りして紙袋につける。
今年もお世話になりました。来年もよろしく。そして皆さんにとってもいい年になるようにと、ひとつひとつ思いを込めて。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-29 22:58 | くらし | Comments(2)
2006年 12月 28日
セルフでどうぞ
夫が帰神。

久々の家族での食卓なので夫が普段東京で食べていないであろう献立を考えた。
c0090543_2343463.jpg

天ぷらパーティ。
マグカップに衣を入れて各自で揚げる方式にした。

さつまいも
マイタケ
シイタケ
タマネギ
海老
一夜干しのイカ

ここまで準備したらすごい量になったのでピーマンはやめ。
なんかベージュ系の種ばっかし。

ロイヤルクイーンの電気フライパンだと温度調節しなくていいし、丸洗いできるので後始末が楽で具合がいい。

このやり方は初めてだったので夫も楽しみながら揚げていた。
大根おろしをたっぷり天つゆに入れて食べる食べる。
けど食べつつ次のをタイミング良く揚げていかないといけないので案外と頭は使うのだ。

賑やかだと食も進む。残った竹串を見てどきっ!
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-28 23:21 | うちごはん | Comments(4)
2006年 12月 27日
備蓄
いとこからメール。
放置していたぬか床がえらいことになっていたらしい。
そういえば私もここしばらくさわっていない。どきっ!

暮れだし冷蔵庫の掃除もしないとなあ。
今日は冷蔵庫の中にあるもの中心での晩ご飯にしよう。

冷蔵庫の扉を開けて目についた物から脈絡無く作っていく。
c0090543_23381140.jpg

仕事が立て込んで買い物に行けない時のためにとついつい買い込んでしまう。
冷蔵、冷凍、常温保存 家から一歩も出なくても栄養バランスを無視すれば相当な期間食いつないでいけるくらいストックがある。

ちょうど大掃除年賀状と忙しい。この際出来るだけ買い足さず食品関係も在庫処分してみよう。
どう組み合わせるかによってはそこそこの献立になるかも。おつむの使いどころだな。

ぬか床?
まだ蓋を取る勇気はない。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-27 23:48 | うちごはん | Comments(2)
2006年 12月 26日
うずうず
毎月楽しみに買っている雑誌スッカラの今月号を見ながら娘が声を上げる。
「お母さんこの人だ」
どれどれとのぞき込むと

ソウルで買ってきてすごく気に入っているミルクパンの作者でもあり、サムジキルにあるソンネオンギのオーナーでもある方のことが記事になっている。

以前から韓国の土鍋は使っていて、毎朝のお味噌汁や一人分の湯豆腐などに重宝しているのだけれど、釉薬がかかっていて、大量生産的な感じ。

この夏手に入れたソンネオンギのイ・ヒョンベさんの作品のミルクパンはもっと素朴で何とも言えず愛らしいのだ。
c0090543_0141882.jpg

帰国直後から、重いのなんのと言わず他の作品も買ってくれば良かったと後悔していた。
ソンネオンギには心惹かれる物がたくさんあったのだ。イさんの作品は主張しすぎない存在感といえばいいだろうか。伝統的な物ではなく現代の作家さんの器を買うつもりだったのに引き込まれるようにお店に入って行ったのを思い出す。
ミルクパンはどれにするか迷いに迷って一点に絞ったもの。
この本によればイさんは韓国でも注目のオンギ作家の一人なのだそう。「お母さんすごい!見る目あるよ」という娘の言葉を真に受けて悦に入る。
雑誌の記事を見てまた未練がむくむくと頭をもたげる。

ソウルに行きたい!
出来ればソンネ村にも行ってみたい!

雑誌を眺めてウズウズ。

夜遅く
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-26 23:43 | くらし | Comments(2)
2006年 12月 25日
右?左?
京都での年内最後の仕事。
地下鉄を乗り継いでいく。
1日乗車券は600円で乗り放題なので帰りに途中下車したいとき便利。

駅のエスカレーターで何やら違和感。
みなさん右を空けて立っている。
関西では左を空けるのが一般的だと思っていた。

ところが乗り換えた先の駅では左が空けられている。
さっきのは私の記憶違い?!

夫によれば駅によって違うのだそうな。(なんで知ってるんや?)

あちこちの駅で乗り降りするから(なんせ乗り放題)どこの駅がどっちか分からなくなる。
前に人がいるときはその人に倣うが先頭で乗るときはエスカレーターの前で一瞬ドキドキ。まずどちらかに寄って尚かつとりあえず歩く。しょうもないところで小心者なのだ。

神戸に帰ってきてたまたま先頭でエスカレーターに乗ることになった。とっさにどっち空けるんだか分からなくなって右に寄ってダンダン登っていたら左側からお兄ちゃんがすいすい抜かしていった。
右が止まっていていい方なのね。
けど何故か止まれなくて(引っ込みつかない感じと言えばいいか)そのまんまダンダン登ってしまった。



さて今日の寄り道はお茶が目当て。
一保堂さんでおつかいもの用に大福茶と自宅用の大缶の玄米茶を買う。
渡辺有子さんと伊藤まさこさんの本「おいしくてかわいい」で見て以来行きたかったところ。
伊藤さんの真似をして箱に入れないで包んで貰う。
本店限定の包装紙だそう。ほどくのが惜しいような包み方だ。
c0090543_17232932.jpg

店員さんも誰もがにこやかでいい気分で買い物が出来た。
大きな袋に綺麗に包まれたお茶の缶が四つ。上から覗いてはニマニマしてしまう。

もう一軒お茶屋さんをはしご。今度は福寿園さん。一保堂さんの袋下げて入るのは勇気が要ったので大丸で買うことにする。やっぱりここでも小心者。
一保堂さんの包装紙と缶も中のお茶と同じくらいお目当てだったが、今度もそう。
こちらの高山という銘柄のお茶はあの開化堂の茶筒に入っているのだ!
これは○みちゃんに借りた堀井和子さんの「もの好きの食器棚と愉快な時間」で知った。
う~なんだか情報に踊らされているぞ。
私にすれば煎茶に出すには超スーパーウルトラ極上のお値段だが茶筒の質を考えればお値打ちではないかと…ああやっぱり言い訳に聞こえる…

けれどもこの缶 美しいのだ。本で見たよりずっと。
眺めてさすってニヤついている私。

c0090543_17495768.jpg

お茶も勿論美味しかった。いつになく丁寧にいれる。
三煎目までそれぞれの味を楽しんだ。
はあ~ゆったり。

大掃除できていない部屋の中にはこの際目をつむろう!どうにかなるさ。
…こういうところは小心者になれればいいのに。なかなか都合良くはいかないものだ。

本日のメインイベント
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-25 18:04 | でかける | Comments(4)
2006年 12月 24日
プチ変身
美容院に出かけた。
行きつけは電車とバスを乗り継いで約1時間かかるお店。
c0090543_18573360.jpg

若いご夫婦でされているお店。通い始めてもう7年くらいになろうか。
ご主人はカラーリングのセンスが抜群。
奥さんはカットの腕が抜群。
何より二人の人柄がいい。
私だけでなく子供達もここまで通ってきている。

大まかな要望だけ伝えれば後はお任せでなんの心配もない。

今日は雰囲気を変えようと思っていた。
前髪を短めにつくってみたいと前々から目論んでいたのだが勇気がなかったのだ。イブだし(関係ないか)思い切ってチャレンジしようと決意していた。

それを前提に色も決めて貰う。少し抑えめの色になった。

いよいよカット。
短くてパッツンの前髪だと服をころっと変えないといけなくなるそう。
私の髪質から服の傾向までよく知ってくれているし、彼女のセンスに任せる方が間違いない。
パッツン断念。ちょっとほっとしたところもあったりして。
前髪の量を増やしてオンザ眉毛と言いつつも柔らかい感じに仕上げてくれた。


髪を切ると気分も変わる。
新しい年を迎えるにはちょうどいいくらいの変身。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-24 19:30 | くらし | Comments(2)
2006年 12月 23日
納得の理由
夫が出張先で買ってきてくれたこれ。
c0090543_18163518.jpg
いちご煮。
東京に行ったとき貰ってきた。
このまま食べてもいいみたいだが三人だとあっという間。
ご飯に炊き込むことにした。
味を見て薄口醤油を少々足す。
雲井窯の土鍋で炊きあげる。
ステンレスのお鍋よりは少し時間がかかるが炊きあがりはやはりこちらの方が好き。
台所にいい匂いが漂い始める。

「今日はうまく炊けたかな」と蓋を取るときのワクワク感がお鍋でご飯を炊くときの醍醐味か。

今日は少々柔らかめながらまずまずかな。


c0090543_18513163.jpg
yukakkoさんに教えてもらった大根と人参の胡麻サラダ【クックパッド スタッフたかこさんのレシピ】は後楽窯さんのボウルに入れる。この器はもう10年くらい使っているがシンプルで大きさもちょうどよく重宝する。
エアレーベン八千代の薄揚げを焼いてのお昼ご飯。
ご飯おかわりしてしっかり食べる。我が家のご飯茶碗は安藤雅信さんのイタリアボウル。私のは小さいのであんまり入らない(ということにしておく。写真に写っているのはは息子のお茶碗)
いちご煮ご飯は磯の香りがしてなかなか美味しい。
珍しく3人揃っての昼食となった。
全員良く喋るので賑やかだ。






食後には羽田で買ってきた豚まんをふかして食べる。
ちょうどテレビではサッカー天皇杯の準々決勝甲府対札幌の試合の生中継。
ついつい力が入ってしまうので食欲も…
c0090543_18574578.jpg
この豚まん大きい!
少食の人ならばこれだけでお腹一杯になるかもというボリューム。
これをぺろりと完食…したのは私と娘の二人。
息子は食べず。ご飯だけでお腹一杯なのだそうな。
風邪気味ということを差し引いても普段からやはり私の方がよく食べていると思う。

昨晩19歳の息子と私の体重がほとんど変わらないことが判明。
これだけ食べてりゃそれはそうだわねと思いつつも、ちとショックだった。
それでも食べるけど。

夕方
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-23 19:20 | うちごはん | Comments(0)
2006年 12月 22日
どーーーーーん!
我が家のテレビが壊れかかったとき友人から救いの手が差し伸べられアクオス君が代打でやってきた。
猶予を与えられたお陰で折を見て電器屋を回って研究できた。その結果買うならば20型、あとはどの機種にするか価格機能を見比べて決めようという段階まで来ていた。
友人が急がなくていいのよと言ってくれるものでのんびり構えていたつもりが、なんだか勢いで先日思ったよりも早く買ってしまった。
しかも32型!
夏のボーナス払いOK+現品処分価格を更に値切っての破格値というのが決め手になった。

本日それがご到着あそばしたわけである。
我が生涯で最大の大きさ。テレビっ子ではあったがテレビ本体には今まであまりお金をかけてこなかった。新婚生活は私が下宿時代に使っていた白黒テレビでスタートしたくらいだもの。

ただ勢いで買ってしまったため置き場がまだない…取りあえずは今までと同じ場所に設置してもらう。違和感ありあり。

ただしこの大きさともなればさすがに迫力はある。ちょうど帰宅していた娘と最初に見たのはヴィッセル神戸の昇格決定の試合。あいも変わらずではあるが何度も見たシーンなのに大きい画面で見るとまた感慨もひとしお。ウルウルしてしまう。我ながらあほだわ。

次に娘が始めたのがテレビゲーム。しかも怖い系の。大きい画面だと恐怖感も増すと思ったのかも知れないが、あなたまだ真っ昼間なのだから。ちと無理よ。

とにもかくにもこの巨大テレビ君の居場所を定めてやらねばなるまい。困ったときの○いさん頼み。近いうちに彼女に空間コーディネーターの腕をふるってもらおう。

それにしても大きいわ。存在感ありすぎだ。
c0090543_14595749.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-22 15:03 | くらし | Comments(6)