<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 30日
この形
好きなものは沢山あるけれど、
瓶も好き。

ことに牛乳瓶の口のぽってりした感じが好きだ。
一時期瓶牛乳を配達してもらっていたこともあるのだが、年々牛乳の消費量が減りとうとうやめてしまった。

子どもの頃は地元の牛乳屋さんの瓶。たしか梅田牛乳と書いてあったか。
六角形の瓶は滅多に飲めなかったフルーツ牛乳だったっけ?


瓶一つ眺めていても様々な思いが巡る。牛乳瓶には懐かしい空気がある。

これは牛乳瓶ではないけれど

c0090543_22264224.jpg


プリンの入っていた瓶。
牛乳瓶をずんぐりむっくりにした感じが可愛くてとっておいた。
樹脂のふたがついていたのでゆかりを入れている。

こうやって色んな言い訳の元我が家には空き瓶がゴロゴロしている。
告白すれば瓶を目当てで買うときもある。
何かを入れて再使用するというよりは並べて眺めて楽しんでいる感じ。

今日の贅沢
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-30 22:38 | すき | Comments(8)
2007年 04月 29日
フリマ日和
夫と神戸三宮の南にある人工島ポートアイランドへ出かける。

市民広場でフリーマーケットが開かれているのだ。
実は大のフリマ好き…だった。かつては。

いつの間にか行かなくなってしまって何年か経つ。

今日久しぶりに足を運ぼうと思ったのはokarikoさんが出店されるから。元々ポーアイのフリマは若い出店者が多いと聞いていたので興味もあった。

到着は1時前になってしまった。フリマが始まって既に2時間近く。
180ブースあるとかで市民広場いっぱいの人人人。

久しぶりのワクワクだ。

沢山あるので目移りしそうだけれど、フリマ名人の友人に以前教わった極意。
売っている人の服装が自分の好みであれば大抵はずれなし

okarikoさんを探しつつ物色。
お店の場所がどこなのか見つけるのは会場を2巡した段階であきらめて電話で聞く。

okarikoさんのご主人もおられた。とても素敵な方だ。残念ながらりぃちゃんには会えなかったけれど、ご主人と私たち夫婦とちょこっとokarikoさんと(笑)ヴィッセル神戸の話題で盛り上がった。

いいものばかりを出しておられたのだろう。午前中にあらかた売れてしまったそうだ。
欲しいものを見つけたので買う。かなり値引きしてもらった。嬉しい。

他のお店も覗いてちょこっと買い物。
格安の八百屋さんも出店していたので買い込んだ。これで帰りに買い物に回らなくてすむな。

かつてのフリマ熱が再燃しそう。今から来月が楽しみになっている。
今度はいの一番に行こう。

c0090543_22401981.jpg
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-29 22:38 | でかける | Comments(2)
2007年 04月 28日
和田山へ
息子と二人で北へ車を走らせる。
今日は二人とも髪のカットに出かけるのだ。

その前に…

fumikoさんと待ち合わせ。私と会うためにわざわざやってきてくれるのだ。
ブログを読ませてもらっていたり電話で話したことがあるとはいえ初めて会う息子は少々緊張気味だ。

fumikoさんは可愛いナイト二人と一緒。
ブログに時々登場するTくんとKくん。ひょっとしたら会えるかなと思っていただけに嬉しい。

この二人がまあ可愛いのだ。
子どもらしくて活発なのにお行儀はとてもいい。

お昼ご飯をご馳走になった上に大きな発泡スチロールいっぱいの海の幸のお土産までいただいてしまった。

c0090543_238310.jpg

その中の一品ホタルイカのスルメ。
なんとfumikoさん手作りだそう。ひとつひとつ足を外してワタを出してと面倒な作業だったことだろう。
後を引く美味しさ。美味しい日本酒が欲しくなる。


fumikoさん達と別れて美容院小野小町へ。
ここ数年夫以外の家族3人がお世話になっているお店。
神戸から和田山に移転されてからは初めて行く。

エントランスには白いタイル。広いゆったりした店内に床までの大きな鏡。レトロな殺菌機とインテリアにもかなりのこだわりを感じる。

オーナーさんご夫妻は明るくていつも楽しい時間が過ごせる。

息子も私もちょこっと変身。

我が家から一時間半。出かける甲斐はある。
c0090543_23204326.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-28 23:23 | でかける | Comments(4)
2007年 04月 28日
グランズレメディ
夫は仕事の性格上やむなく一日中革靴の生活。
しかもほとんど室内で過ごす。
最近は空調も整っているので年中靴のにおいが気になるよう。

その夫がここ数年気に入って使っているのがこれ。
c0090543_23421913.jpg

グランズレメディだ。

天然成分が主の靴の除菌消臭剤。

パウダー状になっていて添付のスプーンで1日1回靴の中に撒く。
それを靴を履くたびに7日続ければ後は何もしなくても6ヶ月間効果が持続するという優れもの。

この一瓶で4~5足分。

きれい好きでにおいに敏感な夫が消臭剤でかなり逡巡した末に行き着いただけあって効果はバッチリらしい。
難点は色の濃い靴下をはいたとき白い粉がつくことがあること。はらえばカンタンに落ちるけど。

いつの間にか娘も使っていたらしく、先日「送って~」とメールが入っていた。

プラザ(旧ソニプラ。まだ慣れない…)で購入。
他で売っているところを知らなかったので、ひたすらプラザで買っていた。

夫は単身赴任中これを求めてわざわざ電車に乗り渋谷のソニプラ(当時(笑))に出かけて買ったのに、後になって徒歩圏内にソニプラの店舗があったことに気付いた。
ちとショックだったそうな。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-28 00:06 | くらし | Comments(6)
2007年 04月 26日
ペーパータオル三段活用
ここ2,3年我が家のペーパータオルはコストコブランド。

大判で厚手。
しっかりしているので使いやすいのだ。
本来は布巾を使えばいいのだろうが清潔に保つ自信がないものでついついこちらを使ってしまう。

その代わり徹底的に使う。

お櫃を拭く。
お弁当箱を拭く。
これは毎日。

そんなに汚れていないので軽く乾かしてカゴに入れる。

それを今度は
ガス台を拭く。
鍋やフライパンの油汚れを拭く。
そこら辺をちょこちょこと拭く。(生地がしっかりしているので水拭きにも使えるのだ)

まだ捨てない。

紙パックの空いたものか不要になったビニール袋に
ぽいぽい入れておく。

揚げ物の油を処分するとき
ここに入れるのだ。
つまりは使い古したペーパータオルに油を染みこませるわけ。

これにてお役ご免。ご苦労様でしたとゴミ箱に。
よく働いてくれました。有り難う。

c0090543_227944.jpg

これかトイレットペーパーが無くなったときがコストコに出かけるとき。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-26 22:11 | くらし | Comments(6)
2007年 04月 25日
ふらり京都
急に思い立って電車に乗った。
雨の上がった京都を目指す。

いつか行きたいと思っていたお店が三つ。
この際一気に行ってしまおうという目論みなのだ。

烏丸で下車。
一軒目のお店へは四条から堺町を少し下がる。

行くのはまだ二回目なのに私のことを覚えていてもらって感激した。老舗の力ってこういうところにも出るんだな。
我が家のものと頼まれもの、お店の方が親切に相談に乗ってくださりどちらもちゃんと買えた。

南西に進路をとる。
二軒目は五条河原町の近く。適当な角を曲がっていく。

五条歌舞練場のある細い道を歩く。お茶屋さんも多くなんとなくあでやかな感じだ。

目指すお店はのれんが出ていなければ普通のお宅のよう。勇気を出してドアを開ける。
スリッパに履き替え上がらせてもらう。
知り合いのおうちの応接間で選ばせてもらうようなゆったりした気分だった。

でがけに近くに美味しいお店があるからと教えてもらった。
「うちで聞いてきたと言ってね」と地図まで書いてもらう。

橋を渡って四軒目と聞いていなければ通り過ぎてしまいそうなほどひっそりとあった
三宅製菓さん 五条河原町から西へ 高瀬川の西岸に沿って少し下ったところ

こちらで作っておられていて小売りもしてもらえるのだそう。
棚にはお菓子の袋が並んでいる。運が良かった。無いときもあるそうなので。

おじさんが出来たてのそば松葉を三つにっこり笑って差し出してくださる。遠慮無くその場でポリポリ。美味しい~。

c0090543_22471254.jpg


直売のためか1袋150円と言う安さ。

そば松葉
小丸ボーロ
レーズンパサン
ココナツリング

思わず買い込んでしまった。
もう持っていた紙袋はいっぱい。


本日のお目当て三軒目、地下鉄五条駅近くの甘いものやさんは今日は断念。
次の楽しみもとっておかないと。


思っていたとおりのものと思いがけなく巡り会えたものを詰め込んだ大きな袋をぶら下げて歩く。きっとにやついていただろうな。

さて私が行った二軒のお店はどこか。そしてそこで何を買ったのかまでわかる人は相当の京都通。そしてひょっとするとかなりの道具好きだと確信する。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-25 22:44 | でかける | Comments(6)
2007年 04月 24日
だいすき おつかい
栄町へ出かける。
今日は自分のでなく頼まれものを買いに。

いそいそと出かける。

「行くついでがあればでいいのよ」
「急がないから無理しないでね」
とかみんなとても遠慮がちに頼まれる。

そんな心配ないのに。
こういうおつかいは大歓迎なのだ。
だって大手を振って自分の好きなところへ行けるのだもの。

まずは草灯舎さんへ。
ご注文は安藤さんのうつわ達。
運良く枚数も揃っていて、ご希望通りのものが連れて帰れた。

次はfloorさん。
こちらには既に取り置きをお願いしておいた物を受け取りに。
ちょうど出西窯に買い付けに行ってこられた直後で棚には沢山のうつわが並んでいた。
頼まれていたのは出西窯の白のピッチャー。
庭のバラをどうしてもこれに生けたいということだった。
今回のは白がいい色に上がっているそうで良かった。これこそ頼まれ甲斐もあろうというもの。

いただいてしまった買い付けのお土産。
c0090543_21594866.jpg

しじみせんべい
さすが島根だわ。そういえば宍道湖はしじみの産地だったな。


無事おつかいがすんでお腹がすいたのでカフェアンセムさんで遅いお昼ご飯。
オープンサンドセットを頼む。
あっさりして食べやすいキッシュ
丸パンに
生ハム 生野菜(バルサミコがタラリ) ジャガイモ オリーブなどが添えられている。

パンも自家製だそう。
この丸パン侮れない。かなり美味しい。

紅茶はポットで出して頂ける。ミルクティーにしてたっぷり三杯。
ゆっくりとしたランチタイム。
一人で来ても居心地のいいお店だ。


さてさてこの私がおつかいにきてそれだけで済む訳がない(笑)

ちょこっと足を伸ばしてしばらくぶりにカルマさんへ。
ル・ボナーさんの紐財布を見るのが目的だったのだが
ここで新たな出会いが。
c0090543_22165616.jpgc0090543_9164513.jpg
















Senさんの七宝のアクセサリー。画像が悪い~。Senさんごめんなさい。
かなり凝っていて両面に七宝が施されている。
しかもすべて一点ものだそう。
なのに”いいの?”というお値段。
ちょうどSenさんにもお会いできた。ほんわかしたいい感じの作家さん。
作品そのまんまの雰囲気の方だった。

彼女の作品が買えるのは今はカルマさんでだけ。
入荷するそばから売れていってしまうというのも頷ける。

これはGWに帰省予定の娘へのプレゼント。

More
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-24 22:51 | でかける | Comments(6)
2007年 04月 23日
手伝って~
思ったより早く息子、夫と立て続けに帰宅。

晩ご飯の支度はまだ出来ていない。
息子はかなりお腹がすいているようだ。急いで準備を始める。

ご飯はお櫃にあるからおかずだけでいい。
出来上がったものから出していくやりかた(これを私は”フルコース出し”と呼ぶ)で今日もいこう。

ほうれん草とツナのサラダは息子に調味を任せる。
お腹がすいているならば少しでも早く食べられるように協力頂こう。
味見をしつつ慎重に作ってくれたお陰でなかなかの出来だった。
c0090543_22492893.jpg


安藤雅信さんの小皿に入れて。


これが先日の衝動買いのうつわ。
草灯舎さんで見つけてしまった。


一緒にいた息子もこれなら好きとのことで決定。
十数枚あった中から彼が選び出した四枚。
じーっと眺めた後すっすっすと選んだ。
この選び方は私とよく似ている。

あとで選んだ理由を聞いてみると
あのお皿自体がきれいで好きなのだがその中できれいすぎないのを選んだ。
ゆがみ具合とか黒い点がちょこっと入っているとか愛嬌があるのが好き。
なのだそうな。
この辺も似ているなあ。

草灯舎さんでは好きなうつわがたくさんあるとはしゃいでいた。
中でも好きだと言ったのが安藤さん 赤木明登さん 小野哲平さんのもの。(但し作家さんの名前は一切知らない)
何焼きかとか有名がどうかとか人気があるかどうとかは関係なく自分が好きかどうかだけ。
この点も私と一緒。

残念ながら息子への”うつわ菌”の感染はどうも確実のようだ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-23 22:51 | うちごはん | Comments(4)
2007年 04月 22日
夫とドライブ
夫の運転で苦楽園へ。

予約していたものが思いがけず早く入荷したとのことで受け取りに行くのだ。

行く先はPermanennt Ageさん。
待っていたのはこれ。
c0090543_21554627.jpg

オーロラシューズ。

人気が高いうえに、量産体制に入らずかたくなに同じペースで作り続けられていること。さらに職人さんのお一人が体調を崩されたとかでますます納期が遅くなってしまうということで予約の受付をやめられたお店もあるようだ。Permanennt Ageさんでは予約を受けてくださると聞き出かけていったのが冬の初めだったか。
7月までにはと言うことだったのでのんびり待っていたがこんなに早く届くとは嬉しい誤算だった。

半日はいただけでも足に馴染んでくるとのこと。
出かけるのが楽しみになりそうだ。

帰り道せっかく近くを通るからと六麓荘へ回り道。芦屋の中でも豪邸の建ち並ぶ高級住宅街だ。”豪邸”なんぞという言葉でくくれないような立派なお宅が並んでいる。
ここまでくると現実感は無くなるものだとわかった。

あまりにかけ離れた世界に少々疲れてしまい、
uf-fuさんで一休みすることにする。
夫はイチジクのパウンドケーキ。
私はガトーショコラ。
お茶のチョイスはウーフさんにお任せする。
それぞれ
ダージリンのストレート。
ペパーミントティーにミルクを入れて。

二人で取りかえっこしながら両方堪能した。
やっぱり美味しい。
ことにペパーミントティーにミルクというのは初体験。これがものすごく美味しかった。

勧められたソファの席は今が見ごろの八重桜が見える場所。
こういう心遣いが嬉しい。
ゆっくり風景を眺めながらのティータイムは家でのそれとはまたちがった時間が流れる。

二人でこんな時間を過ごすのは今までほとんど無かったなあ。
幸せな日曜日。

More
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-22 22:33 | でかける | Comments(4)
2007年 04月 21日
初めてちゃんと
高橋みどりさんの「伝言レシピ」
大好きな料理本のひとつ。

この本の中で一番よく作るのは
01 切り干し大根の梅マリネ

美味しい梅干しと香りの高いオリーブオイルがあれば出来たも同然。
簡単なのにとても美味しいのだ。

何回も作ってもう本を見なくても大丈夫!
…と思っていた。

ところがところが
材料をひとつ抜かしていたことについ先日気付いたのだ。
まあ美味しかったからええかと開き直っていた。

昨日久しぶりに作ることにした。
今度は本の通り。
c0090543_1459028.jpg

今まで入れ忘れていたのは かつおぶし
入れるとやっぱり違うわ。
途端に味がまろやかになった。

又作ろう。勿論正調の方ので。

余談だけれど
伝言レシピというのは高橋みどりさんがお友達のところでご馳走になって美味しかったものを教わって自分で作って…というものが載っているレシピ本なのだが

件の切り干し大根の梅マリネを教えてくれたのは吉田昌太郎さんといって恵比寿でアンティークス・タミゼ」という古道具店を経営されている方。
彼デザインのカフェが栄町にある。
カフェ アンセムさんだ。
店内の室礼も素敵で落ち着けるお店。
美味しいし、お店の二人の男性もかなりかっこいい。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-04-21 22:50 | うちごはん | Comments(2)