<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 30日
ういんたーばーじょん
三宮で友人と待ち合わせる
きょうは栄町あたりをうろうろするつもり

目的地とは逆方向だけれど少し山側に上がり
KARMAさんへプレゼント用の小物を買いに
こちらのカードケースはとても可愛い上に機能的 そしてリーズナブルなのだ

お昼ごはんはアンセムさんと決めていた
いつものようにランチセットケーキ付 飲み物はラテ
普段紅茶派の私がここでは必ずといっていいほどラテを頼むのは
泡に描かれる絵が目的
今まではクマだと記憶していたが…
c0090543_135147.jpg

スノーマンだ!
その可愛さに思わず声を上げる
周りに雪まで舞っている懲りようだ
ラテも冬の装い

友人のは
c0090543_1392340.jpg

これまた愛嬌のある顔つきの猫
肉球がいい感じ

技ありラテにまた話も弾む

彼女のたってのリクエスト草灯舎さんへ
明日のオープンを控え準備に忙しくされている隣のfloorさんもちょこっと覘かせてもらう
家具や商品が入ると部屋がしっかり息づいているよう

haksenさんにもお邪魔して本日はこれにて解散
地下鉄で帰る彼女とは別れて三宮方向に歩く

c0090543_1492064.jpg

ルミナリエももうすぐ
これを見ると冬が来たなと思う

明日から12月
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-30 23:19 | でかける | Comments(0)
2007年 11月 29日
パンパンパン
今日は一日在宅
プロ(空間コーディネーターの友人)のお知恵を借りて台所の片付けをする

このところ忙しかったこともあり心身ともに少々お疲れ
そういうときにはついつい苦手なことは後回しになってしまう
今朝の台所は惨憺たる物
友人に”あまりにひどいので腕まくりしてお越しいただきたい”と事前にメールしたほどである

10時からお昼一時間の休憩を挟んで3時半まで
がんばった~主に友人だが…

ちょこちょこっと触っただけのように思うのに彼女の手が加わるとなんだか垢抜けてすっきりするのはなぜなんだろう

忙しくて片づけがままならないときでも台所だけはきちんとしなさいね
というのが本日のアドバイス
家での日々の食事が家族にとっていかに大切かということだろうと思う
何を食べるかもだけれどどういった環境で食べるかもおろそかにしてはいけないな


さて我が家にはフライパン類がたくさんある
小さいものは100スキといわれる100均で買った鋳物のフライパン(しかも家族数)から
大小取り混ぜ様々
それをガチャガチャと棚に積んでいた
これでは使いにくかろうと大きなもの3つを移動させる
見せつつの収納となった
タイルの色にフライパンの黒が映えていい感じ
ガス台の前に立ちニヤニヤ(眺めているばかりでなく料理もしよう)

c0090543_21454548.jpg


両端は魔法のフライパン
真ん中は窯定のオイルパン
どれも油がなじんできていい具合になっている

[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-29 21:24 | すき | Comments(4)
2007年 11月 28日
首を長くしてお待ちしておりました
ポストの中に発見
ついに届いたオープンのお知らせ
c0090543_853134.jpg


栄町のfloorさんがいよいよ、営業再開されるのだ

思いがけないアクシデントで休業
その後移転されると聞いたときにはなんともいえない思いだった
栄町の中では草分け的なお店
旧店舗のあった大島ビルは小さいけれどいい感じの建物で壁には時代を経たポスターが貼ってあったりfloorさんのある3階まで階段を上るのも好きなプロセスの一つだった
ビルの北側から入りfloorさんに寄り今度はビルの南側に出て向かいにある海岸ビルヂングの草灯舎さんに 
このルートを何度たどっただろう

どちらに移転されるのか
けれども新しいお店もきっとfloorさんらしいところに違いない
どんなに遠くても足を運びたいと思っていたら

なんと移転先は
海岸ビルヂング しかも草灯舎さんのお隣
オーナーの宮武さんが「移転先は…お楽しみに」とニヤニヤされていたのは当然のことだな

秋ぐちに移転先を知ったときには少なからず興奮
floorさんのホームページにときどきアップされるお店の改装の様子を見ながらわくわくして再開を待っていた

オーナーの宮武さんデザインの家具、釜定や出西窯などのこだわりのものたち
海岸ビルヂングの空気の中で今度はどんな顔を見せてくれるのだろう
あと数日が待ち遠しい

floor
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-28 22:03 | すき | Comments(2)
2007年 11月 27日
第2弾ご到着
三連休中のお楽しみの一つがこれだった
c0090543_3524972.jpg


ビスケットキングさんのアップルパイ
今シーズン早2本目
生地といいりんごといいどこかが違う
お店に直接お願いしても送ってもらえるのだけれど
今回は友人の分も含めいとこに配送をお願いする

むふふで箱を開ける
ビスケットキングさんのロゴが並んだ上紙の下には例によってケーキの箱を二つつなげた中に行儀よく納まったアップルパイ
箱に合わせてケーキを焼くなんてことはしないのがビスケットキングさんらしくて好き
上紙のロゴもそのつどスタンプをターンターンてな感じで押して作るらしい
今回はパイがたくさんだったからかスタンプの数が少ない目なのも包装しているところが思い描ける様で楽しい
…完全にビスキンワールドにはまっている私

先日送ってもらった魚の形のパイ 最後の一枚を私が食べてしまったので息子が恨めしそうな顔をした
申し訳なかったので今回こちらも是非と思ったのだけれどあいにく無かったそう
なのでシナモンクッキーとチョコクッキーを頼んでおいた
こちらはぼちぼちいただくとしよう


いとこが一緒に入れてくれていたのは
ビスケットキングのパティシエ北村さんのお連れ合い喜多村光史さんの個展のDM
静岡で開かれているようだ

うつわを使い
さらに先日の日々さんの個展でお目にかかり
喜多村ワールドにもどっぷりはまってしまった
静岡限定でいいからどこでもドアが欲しい
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-27 22:52 | おいしい | Comments(0)
2007年 11月 26日
800-1
両親と共に叔母のうちへ

母の兄弟は五人
それぞれ車で15分位の範囲に住んでいる
一人だけ遠方に住んでいる妹がいて今日はこちらにやってくるのでみんなでお昼を食べようということになったらしい

ちょうど仕事で実家近くに来ていた私もお相伴に預かれるということになった
母方の兄弟の末っ子になる叔母の家は面倒見のいい叔父の性格も手伝ってともかく人の集まる家
私たちが到着したときにはすでにテーブルの上は綺麗にセッティングされており台所では叔母がてきぱきと立ち働いている
邪魔になりつつも手伝っているうちに全員集合

母の兄弟 夫婦五組が勢ぞろいだ
それぞれよくしゃべりよく食べる
ご馳走と美味しいお酒と(私は車なので我慢 残念)
昼間から大宴会だ

私も入れて総勢11人
年齢の合計は799歳
叔父叔母の平均年齢は74.9歳
健康不安はそれなりにあるものの
こうやって誰一人欠けることなく全員がそろって美味しくご飯がいただけて
一つの話題で会話が出来ることはほんとうに幸せなこと
この先いつまでも続いて欲しいと願う

帰り際叔母がご馳走を持たせてくれた
今夜は余韻に浸りつつ美味しい晩御飯
c0090543_354759.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-26 23:31 | でかける | Comments(4)
2007年 11月 23日
きんろうかんしゃのひ
夜帰宅した息子が照れくさそうに
コンビニの袋を夫に
本屋さんの袋を私に差し出す

「今日は勤労感謝の日なので…」

思いがけない贈り物に二人ともびっくり
袋から出てきたのは

c0090543_23593094.jpg


ビール しかもエビスじゃないか

さて私にくれた本は

c0090543_023845.jpg



息子らしい的を得たチョイスに感謝の日
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-23 23:52 | くらし | Comments(4)
2007年 11月 22日
そしてこちらは忘れた頃にやってきた
朝電話が鳴る
ナンバーディスプレイには我が家近辺であろうと思われる番号が表示されている
どなたかしら?と思いながら受話器を取る

私がお願いしていたものが入りましたという連絡だった
滅多に出ないので当てにしないでくださいねと言われていた
あれからもう2.3年経っただろうか
わたしも半ばあきらめていた

今日は自宅で仕事だったけれど開始予定時刻までには少し時間が取れそうだ
大急ぎで準備をすませて車で駆けつける

傷みはあるけれど使用には全く差し支えない
これを直さないままなのでこの価格(かなり破格だった)とのこと
配達をしてくださるとのことなので
自宅にとって帰す

休憩に入るお昼ごろそれは届いた

c0090543_1892530.jpg


シンガーの足踏みミシン
昭和35年から40年 シンガー全盛期の頃のものだそう
台の板が少しはがれたりしているけれどミシンそのものはいたって良好

お世話になったのは近所のミシンやさん
伺うところによるとお父さんが昭和3年に始められたそうで今のご主人が二代目
ともかくミシンが大好きな方のようで
嬉しそうにカタカタと試し縫いされる
このミシン ご主人の手で分解掃除済み
糸調子も送りも万全だ

私はインテリアとしてのアンティークが欲しかったのではない
電動よりもしっかり縫えること
何より自分がミシンと一体になって縫える気がすることから
実際に使える足踏みミシンが欲しかった

それにしてもよくぞ出て来てくれたこと
モーター付きに改造されてしまったものも多いよう
実際母の知り合いから譲ってもらうと言う話はそれで涙を呑んだ
ミシンやさんももう次はいつ出るかわからないと話されていた

道具が家にやってくると言うことはなんとも心躍るもので
うきうきと迎え入れたのだけれど
さてどこに置こうか
苦慮した結果
とりあえずは自作の机を撤去
使わないときはミシン部分は仕舞えるから普段はパソコンデスクとして使うことにする

何か作りたい気持ちがむくむく
用も無いのにミシンの前に座って
出したり仕舞ったり引き出しを開けたり
入学前に机を買ってもらった子供のようだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-22 18:43 | すき | Comments(4)
2007年 11月 21日
ついにそれは京都からやってきた
駅でりこさんと待ち合わせる
私の車で岡本のポルコバッチョさんへ
宮澤さんの写真展に行くのだ
私は二度目だけれど一緒に行く人が違うと感じ方も微妙に違ってくるのが楽しい

少し車を走らせてuf-fuさんでお茶をしながらおしゃべり
話の中心はギャラリーりこのこと
開催中の企画はとても面白そうだ

夕暮れの駅でりこさんと別れる
彼女は会うたび魅力を増している
毎日充実しているんだろうなとまた刺激を受ける

さてりこさん私が待ちに待ったものを持って来てくれた
ぐふふ
やはり可愛い

c0090543_25775.jpg


かまわぬのうめぼし柄の手ぬぐい

毎日のように覗かせてもらっているブログでそのチャーミングな柄に見せられて以来欲しかったもの
それを知ったりこさんが入手してくれたのだ

とうとうやって来たんだね
しばらくは眺めるだけで使えないかもしれない

求めよさらば与えられん
なんでも発信しておくものだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-21 22:10 | すき | Comments(2)
2007年 11月 20日
すれ違いランチ
お昼過ぎまで自宅で仕事
午後は車で出かける

息子は私と入れ違いに帰宅の予定
お昼は家で食べると言っていたな
週末に熱を出しまだ本調子で無い彼のために
母の愛情たっぷり(!)のお昼ご飯を用意しておこうか 
お弁当のおかずの残りやら作り置きのおかずを並べただけ ハハハ

c0090543_1434991.jpg


喜多村光史さんの磁器のお皿は使いやすくて大活躍
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-20 21:32 | うちごはん | Comments(4)
2007年 11月 19日
直球勝負のネーミング
届け物によってくれた友人をお茶に誘いリビングで話し込む

食いしん坊の二人
ふとしたことから豚まんの話になる
我が家の近くに美味しいお店があるよと言ったとたん
「買いに行こう!」
「よし行こう!」と盛り上がる

時刻は3時過ぎ
「売り切れているといけないので電話しとくわ」
と電話帳を取り出しお取りおきを頼む

その間ものの数分
あまりの素早さにそばで見ていた息子は唖然としていた

まあとにもかくにもそれぞれ10個ずつ確保
夕方受け取りに行ってそれぞれ帰宅

私もここで買うのは久しぶりだ
いそいそと蒸篭を取り出す
夫と息子と3人で熱々をほおばる

次々手が伸びて
気づけば
c0090543_1215022.jpg

すでに残り2個
名残惜しい
もう少し買っておけばよかったか

あっさり目なのでからし醤油で食べるのもお勧めのこの豚まん
売っているお店はその名も
ぶたまんや
まんまといえばまんま
これ以上わかりやすい名前は無かろう
出来てからちょうど50年だそうで
地元では”学校横のぶたまんや”と呼ばれているそうだ〈西隣が小学校)
扱っているのは豚まんとしゅうまいのみ
という名前同様潔いお店

ぶたまんや
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-11-19 22:50 | おいしい | Comments(0)