<   2008年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 29日
それもご愛敬
一目惚れして連れて帰ったポットは
色といい形といいとても好き
棚にちょこっと乗っているのを見るだけでニコニコしてしまう

ただ難もあって
ほんの少しだけれど垂れるのだ
お茶を注ぐたびに口の所をつうーっと伝うのだ
それはお店の人からも買う前に知らされていた

ポットの機能から考えれば完璧ではない
それでもいい 
むしろこれでいいと思える何かがこのポットにはある
使う度
思ったより小柄でかなりシャイな作家さんの顔が浮かぶ
口に付いた一筋のお茶の跡も私にとってはこのポットの魅力である
c0090543_2035655.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-29 22:41 | うつわ | Comments(0)
2008年 02月 27日
質感も大切
換気扇の下にフライパンをつるしている
とりあえず家にあったステンレスのS字フックを使っていたけれどどうもそのピカピカした感じが気になっていた
用をなせばそれで良いと言えばそうなのだが台所に立つたびピカピカが目に入って仕方ない
たかがS字フック されどS字フックなのだ

栄町の雑貨屋さんでいい感じの鉄のフックを見つけたけれど
フックのカーブが小さくて日々フライパンを掛けるには不向きと断念

ふと立ち寄ったBSHOPで見つけたのはアルミの合金のS字フックだった
アルミ独特の鈍い銀色がフライパンの黒と合いそうだ
少々ごつい気がしないでもないけれどこの質感は捨てがたい

今はちょっとぴかっとしているけれど使っているうちに変化していくのも楽しみなところ
c0090543_20533318.jpgc0090543_20492543.jpg
















奥の3つがピカピカの旧S字フックなり
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-27 18:10 | すき | Comments(0)
2008年 02月 25日
アンチョビ好きには
晩ご飯何にしよう…というときのお助け本”伝言レシピ”をパラパラ

そう言えば冷蔵庫に速く救出しないといけないれんこんが転がっていた
まずは一品決まりだ

伝言レシピ 42
れんこんのアンチョビ炒め

近所の美味しい酒屋さん小網中本店で買ったアンチョビは塩気がきつくなく美味しい
しかも大瓶ときているから心おきなく使えるのだ

オリーブオイルとアンチョビの風味がいい感じ

c0090543_2317610.jpg


高橋みどりさんはきーんと冷えた白ワインが欲しくなるそうだけれど
日本酒もいいかも
夫の誕生日にプレゼントしたとっときのをちょこっといただこうかしらん
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-25 23:26 | うちごはん | Comments(0)
2008年 02月 24日
サッチモ
いとこからメールが届く
先日発売になったオール読み物に掲載されている
村松友視さんの「駿河ピープル」にビスケットキングさんが登場するらしい

出かける夫に買って来てもらう

夕食の支度もおいといてまずは読む

オーナーさんはサッチモという名で登場
一度しか行ったことがないのに
ビスケットキングの様子や
オーナーさんの表情まで蘇る
そしてあのとき食べたチョコケーキの味までも


c0090543_18382819.jpg


ああビスケットキングのケーキがまた食べたい!
夫の喜多村光史さんをして「日本ではない」と言わしめたビスケットキングにしかないあの佇まいの中でケーキを食べる機会はまたいつか来るだろうか
静岡はやはり少し遠いのだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-24 18:43 | すき | Comments(0)
2008年 02月 24日
お留守番ありがとう
昨晩は夫と息子二人の晩ご飯
寒いときだし鍋の用意をしておこうかと思ったら息子に却下される
ゆっくり晩ご飯を食べる時間がなさそうとのこと

仕方なし
予定変更だ
寒いときだし暖かいものをと粕汁をつくる
酒粕は冷凍庫に保存しているので思い立ったときにいつでも作れる

太刀魚の一夜干しも冷凍庫にあったな
それを焼くのは自分たちでやってもらおう

そして
伝言レシピの中でもお気に入りの切り干し大根の梅マリネを
カイワレ大根は食べるときにあわせるように別に入れておく

茎わかめを八方だしにつけておいたものと
雑穀ご飯はお櫃にたっぷり

c0090543_18235021.jpg


頑張って準備したのは
一人美味しいものを食べに出かける申し訳なさを少しでも軽くするため?
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-24 18:25 | うちごはん | Comments(0)
2008年 02月 23日
遅ればせながらの新年会
「年が明けたら集まりましょう」
と暮れから計画していた集まりがようやく実現した

受験生の母をしている人にとっては暦の上で年が改まってもなかなか落ち着けない時期
同じなら一山超えてからにしましょうというのが時期をずらした新年会の理由である

今日の会場は
三宮磯上公園の近くにあるラルドワーズさん
plus fresh オーナーの宮澤さんご夫婦に教えていただいたお店である
ランチも充実ということで”下見”という言い訳の元その美味しさは体験済み
今回は料理はお任せでお願いしている 期待は高まるばかりである

定刻に6人全員集合
お店まで歩いて約10分
冷たい風をものともせず足取りは軽い


c0090543_1343290.jpgc0090543_1353329.jpg
















c0090543_1371187.jpg

c0090543_1385848.jpgc0090543_13113111.jpg
















あえてひとつひとつ詳しくは言うまい
というかどう書いてもこれらの美味しさは伝えられない気がするから
画像にはないけれど料理半ばに出てくる丸パンもまた絶品なのだ
「シェフは自分のやりたいことがようやく見えてきたそうですよ」という宮澤さんのお話を思い出した
混み合っていることもあり料理が出てくるのはゆっくり目
私たちにはたっぷりおしゃべりが出来てかえって幸いである
この間に5人で(一人はアルコールがダメなのでワインを作るのと同じブドウで作ったというジュース)ワイン2本を空ける
一番飲んだのは私 ごめんなさい

c0090543_13193527.jpg

本来はこれでお終いなのであるが
下見に行ったときに私たちが食べたショコラのテリーヌをどうしても食べたいということになり急遽追加する

c0090543_13295545.jpg

さすがにこちらは2つを全員でシェアしたけれど


仲のいい人と何度も行きたいお店をまた見つけた

ラルドワーズさんのリーフレットの写真はこちらを教えてくれたカメラマン宮澤さんによるもの
5月にはラルドワーズさんでの写真展も計画されているそうである
楽しいコラボである
今から楽しみだ
c0090543_13472154.jpgc0090543_134826.jpg
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-23 23:31 | でかける | Comments(2)
2008年 02月 23日
コーノとハリオ
夫の毎朝のコーヒーは
ネスプレッソを使って自分でいれている

簡単にいれられるし後始末も手間がかからないので忙しい朝には重宝なのだ
休日はドリップでいれることが多い
これは私の仕事 正確には私の楽しみ

コーノ式のドリッパーだと美味しくいれられると聞いて愛用していた
丸い穴が一つ開いたドリッパーに円錐形のペーパーフィルター
この形が美味しさの秘密らしい

1~2杯用の小さなのものだったので来客時やたっぷり飲みたいときのために大きいサイズを買おうと思ったけれど取り扱いがあるとされる店舗には見当たらず
代わってハリオのドリッパーがやたら目につくのだった
どちらも丸い穴二つ 円錐形のペーパーフィルター
違いが分からない

どうもハリオが後発のようではある
ホームセンターでも扱いがあり手に入りやすいので
ひとます大きいサイズはハリオを使ってみることにする

c0090543_16273233.jpg


どちらがどうか?
その都度その都度美味しいなあと思って飲んでいるのでどちらでもいいかな

今朝は大きい方でポットにたっぷりといれた
夫はブラックで
私は牛乳たっぷりのオーレ

c0090543_16315230.jpg

カップの持ち手
夫は細い方が好み 私は太い方が好み ということで平和に棲み分け中

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-23 16:34 | くらし | Comments(2)
2008年 02月 20日
さあ舞台は整った
丸パンを焼きたいと思い始めてどれぐらい経つのか
何度も本を眺めて
頭の中では既に幾度となく丸パンはフカフカと美味しそうに焼き上がっているのだけれど

以前使っていたドライイーストを捜しているうちにたどりついたサイトはこだわりの食材を扱っているお店だった
同じ焼くならば国産の粉でと思っていたので嬉しくなって注文した
(パンを焼くのは久しぶり、ウデにたいした覚えもないのに…チャレンジ精神だけは一人前)

待つこと10日あまり(かなり混み合っているらしい)
本日到着

c0090543_19142479.jpg


きび糖
オーガニックコットン使用という文言に惹かれて買ってしまったパンマット
そしてイーストと
石臼挽きのはるゆたか 1㎏
賞味期限は5月まで

さあいよいよとりかかるしかないぞ
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-20 19:23 | ぬの | Comments(4)
2008年 02月 19日
コップでお茶を飲む
この数日間格闘中である
パソコンに向かい
書類の束をめくり
そして来年はこうならないように今からきちんとしておこうと思う
確か去年の今頃も同じことをし同じ決意をしていたはずなのに

やってきた確定申告の季節
日々地道に積み上げていくということを最も苦手とする私がそのずぼらさをかなり後悔する時期である

やりつけない作業を一気に片付けているとまずは気力が萎えてくる
そんなときに飲みたくなるのは
コーヒーでも紅茶でもなく日本茶である
ゆっくりと煎れて楽しむときもあるけれど
番茶をたっぷりラフに楽しむのも好き

こんな時に良く登場するコップは
セレクトショップのセールで見つけたもの
頑丈だし大きさもちょうど良く
丸みのある形が可愛いと思う
これにだーっとお茶を注いで飲む
また注いで飲む
そのうちに ”さあ、そろそろ” と腰があがる

一息つくということは大切

c0090543_18491358.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-19 18:23 | すき | Comments(0)
2008年 02月 18日
友人直伝チヂミの作り方
良くお邪魔するブログの方からのコメントでチヂミについて書かれていて
そうでなくても味覚が韓国モードに傾いている今日この頃
”チヂミ”の3文字にすっかり食欲中枢がそちらにシフトしてしまった

友人のお母さんは戦後韓国から日本に嫁いでこられた
料理もかなり上手だったそう
そのお母さん仕込みのチヂミを以前ご馳走になったことがある
チヂミが好きで自分でも作ってみたりお店でもそしてソウルでも幾度と無く食べたけれど
あのチヂミが一番美味しかった

もう一度食べたいと友人にメールで教えてもらう
忙しい中早速返事をくれた


T家風ニラチヂミの作り方
使用する粉は小麦粉 お母さんのお薦めはバイオレット
卵をたっぷり使うこと
生地の濃さはたこ焼き程度に

生地には味を付けておく
薄口醤油
ヤンニョンコチュジャン(甘口の唐辛子味噌とでも言おうか 粉唐辛子 おろしニンニク 砂糖 醤油 白味噌などを合わせてトロトロと煮詰めていったもの 有り難いことにわが家はTさん自家製のがいつもある)
ごま油
ごま(すりゴマも可)

ニラを入れたら手で混ぜること

ごま油をたっぷりひいたフライパンに薄く生地をのばして焼き上げる

既に味が付いているのでタレをつけなくても美味しいけれど
つけるならば
濃い口醤油
にんにく

砂糖
ごま油を
加減を見ながら合わせる

Tさんのチヂミは冷めてもふわふわで美味しい
ニラが無かったので今夜の所は作るのを断念
水菜や三つ葉でも美味しいそうだ

ギョーザ事件以来手作りする方が増えたのかニラが品薄らしい
美味しそうなニラがたっぷり手に入ったらその日の晩ご飯は決まりだな
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-02-18 22:40 | おいしい | Comments(2)