<   2008年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 31日
新年度に向けて
昨晩家に着いたのは22時を回っていただろうか
ヴィッセルが勝ったことで疲れも感じることなく
試合の録画を見 神戸のシュートシーンは何度も再生して勝利の余韻に浸る

布団に入った頃にはとっくに日付が変わっていた
そして嫌でもおうでも朝は来る
私の疲れに関係なく世は月曜日なのである
勿論夫は出勤 息子も部活に行くらしい
起きあがろうとしたときに昨日一昨日のハードスケジュールのツケをひしひしと感じる

ここでへたれてはいけない
せめてお弁当は入れようと思う
転勤になった夫は今の職場への出勤は最後の日なのだ
時計を見ながら時間との戦い

変わりばえのしないものだけれど気持ちだけはくんでねと思いつつ詰める

通勤時間が40分くらい長くなる夫
明日からはそれに併せて私も早起きしなければならない 
生活リズムの変化に適応するまでに時間のかかる人間
早起きは三文の得と言えるようになるまでどれくらいかかるのか甚だ不安である


c0090543_1730104.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-31 17:38 | おべんとう | Comments(6)
2008年 03月 30日
天童から仙台へそしてホームズへ
土曜日伊丹から仙台へ飛ぶ
毎年3月最終の週末は仕事の関係で山形へ行くのがこのところの恒例なのである
仙台空港へは海から滑走路に入る
お天気も良く海岸線がくっきりと見える
窓側の席は特等席だ

バスで天童へ向かう
夜は宴会 そして温泉

予定のスケジュールが終了すればとんぼ返り
これもまた毎年の恒例だ

日曜午後の便で来た道を逆戻り
仙台から伊丹へ
c0090543_913363.jpg

仙台空港のターミナルビルは屋根のカーブが美しい

東北はいいお天気だったのに関西は冷たい雨が降っている
飛行機の遅れと道路の渋滞でバスで三宮へ戻った頃には日はとっぷりと暮れていた

本日これにて予定終了…ではない
重い鞄をものともせず地下鉄に乗り換えて御崎公園に向かう
ヴィッセル神戸とジュビロ磐田の試合があるのだ
15:00キックオフの試合が多い中
19:00キックオフというのは私の帰りを待っていてくれたのかと思ってしまう
一緒に山形から帰ってきた友人とスタジアムへ急ぐ
試合は既に始まっていて前半が半分過ぎたところ
日曜夜の試合とは思えないほど席が沢山埋まっている中
先に行っていた夫をようやく見つけて席に着いた直後無念のオウンゴール

ドット疲れが出そうになるところ
後半は布陣の変更が効いたのか選手の動きが見違えるように良くなる
どんどん攻めていく
更に1点の失点はあったけれど
3点取って勝利
家でテレビ観戦中の息子からも嬉しそうなメールが入る
c0090543_9144954.jpg


試合に勝った日は駅へ向かう足取りの軽いこと
いつのまにこんなに熱心なサポーターになってしまったのか
なんにしてもヴィッセルが私の活力のもとの一つであることには間違いない
そして家族4人の重要なコミュニケーションツールであることも否めない事実である
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-30 23:35 | でかける | Comments(4)
2008年 03月 27日
かわいいおみやげ
車で一時間かけてお母さんと一緒にやってきてくれた男の子
彼もウサギを飼っているのでわが家のロップイヤーと遊ぶのを楽しみにしてくれていたようだ
ウサギのいる部屋に入って何をしてるのか
静かだなあと思ったらはじけるような笑い声がしたり
どんな様子なのか隣の部屋にいる私も楽しくなってくる

お父さんにウサギ小屋を作ってもらうのだそうで
メジャーを使ってサイズを測り
ケージの様子をスケッチして帰った
彼の中ではすでに新しい小屋に移ったウサギが浮かんでいるのだろうか
楽しそうなスケッチが出来上がっていた

赤ちゃんの頃から知っている彼は4月でもう5年生
少年ぽくなった外観と
いつまでも変わらない子どもらしい可愛さとが混在している
そんな彼がくれたお土産

c0090543_14175358.jpg

小さなトトロ
ドングリの胴体にわたの種の耳
何ともいえない愛嬌のある顔は子どもでないと描けない魅力を持っている
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-27 14:20 | くらし | Comments(0)
2008年 03月 26日
鉄鍋フレンチトースト
いただき物の食パンが2枚残ったままになっていた
食べないときは何故か食べないもので
このままではカビの餌食になりそうだ

ちょうど牛乳もあるので
フレンチトーストを作る

卵を溶いて牛乳を加える
この時点で甘みは加えず食べるときに適宜メープルシロップをかけるのが好き

バターをたっぷりめに入れて焼く
メープルシロップをかけたら
そのまんまテーブルに
各自取り分けて熱々を食べる

c0090543_13593384.jpg


人気料理スタイリストさんがパンケーキを焼くのに使われていることからパンケーキパンという通称のある南部鉄のフライパン 
上手く焼けるのは勿論だが
形も可愛いのでそのままテーブルに出せるのが好きなところ
実は私もフカフカのパンケーキを焼いてみたくて買ってのだけれど
いまだ実行には至っていない

○○しようと意気込んで道具を揃えて作った気になってお終いというよくやるパターンである
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-26 23:55 | うちごはん | Comments(0)
2008年 03月 25日
脱織り姫彦星
以前住んでいたところでほんの半年ばかりお隣になった人
年齢も私よりも下なのに不思議なご縁で
時々会って美味しいものを食べておしゃべりしてという関係が続いている

彼女の仕事の関係でここ何年かは会うのは夏に一度
ちょうど旧暦の七夕の頃というのが定例になっていた

今年は春にも会う
彼女のお嬢さん二人のダブル受験が無事終了したのをお祝いして
”受験生の母お疲れ様ランチ”に行こうというのである

美味しいものを食べようと選んだお店は
ラルドワーズさん

早く着きすぎてお店の前の磯上公園でおしゃべりしながら待つ
ちょうどどこかの女子大学生がラクロスの練習試合をしている
彼女はこれから始まるお嬢さんの大学生活に思いを馳せ
私は息子の部活の様子を思い浮かべる

11:30ちょっと前にお店に入れてもらう
綺麗に整えられたテーブルに着く
幾つかリザーブのカードが立てられている
私たち以外にも予約している人がいるよう

ランチは春のしつらい
サーモンとレンズ豆のタルタル 上に乗っているのはマスカルポーネのムース
c0090543_846997.jpg


菜の花のスープ
c0090543_847175.jpg


メインが出てくる頃にはお店は満席

スズキのポアレ
ホタルイカとイカスミのリゾット
c0090543_8474041.jpg



前菜もメインも気があって同じ物を選んでしまったのでデザートは別々に
チョコレートのテリーヌアイスクリーム添え(菩提樹のアイスクリームだったか)
ブランボアーズのジェラートc0090543_8481573.jpgc0090543_8491177.jpg


















メインの前に出てきたフカフカの丸パンに大喜びでかじりついてしまったため
今回も画像なし

美味しいものをゆっくりと楽しいおしゃべりをはさみながらいただくのは
心身両面の大切な栄養補給

会う度に刺激しあえる大切な友人
お互いまたしばらく頑張って
この次は定例の七夕の頃に会いましょう
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-25 23:28 | でかける | Comments(0)
2008年 03月 24日
それは計算外だった
とても気に入って買った長靴
気に入りすぎてなかなか登場させられなかった長靴
先日ついに履いて出かけた

ところが
階段が歩きづらいのだ
試し履きしたときには平らなところを歩いてみる 
当然階段などは歩かない訳でこんなこととは思いもしなかった
背の低いというか足の短い私にはこの長靴は少々長すぎて膝を曲げると膝の裏に当たってしまうのだ
ことに階段を降りるとき
カクンカクンと不自然なこと
これは困った

ちょうど帰ってきた娘に
「要る?」と聞いてみる
「要る!」と即答
履いてみたらサイズも良かったよう
長靴が欲しくて買おうと思っていたところなのだという

長靴は娘の後を追うように本日宅配便にて関東に向かっていった
私はもう少し丈の短いものを捜すとしよう
お蔵入りにならなくて良かったこと
c0090543_19452021.jpg

娘の所に行ったのは右の長靴
買ってすぐに嬉しくて撮った画像
ああ短い足が恨めしい

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-24 19:45 | くらし | Comments(4)
2008年 03月 24日
なぜか乗れない
10日間の休暇を終えて娘が東京に戻る

新幹線よりは飛行機のほうが好きなようだけれどどうも相性が悪くて
暮れにはフライトに乗り遅れ空港から大慌てで引き返し最終の新幹線に滑り込み
今回の休暇で帰神するときも飛行機の予約が取れていないことに直前に気付く
(幸い予定していた便に空席があり駆け込みで乗れたけれど)

今日も今日とて
娘の携帯にメールが入る
娘の搭乗予定の便が機材繰りの都合で欠航になったというのだ
前後の便に変えるか新幹線に乗り換えるか

幸い車で近くまで行っていたのでとりあえず空港まで走る
前の便にはギリギリでアウト
後の便では帰りが遅くなってしまうため新幹線を選択する
新神戸→東京間の新幹線代、新神戸までと浜松町から羽田までの交通費 14,700円也を航空会社のカウンターで受け取って出てきた娘を乗せ新神戸駅へ向かう

車の中で携帯電話からアクセスして新幹線のチケットを取る
何とも便利な世の中になったものである

空港からまっすぐ山に向かえば新神戸駅
渋滞もなく15分弱で到着
駐車場の空きが最後の一台のところへ運良く停められた
順調に事は運んで予約していたのよりも1本早いのぞみに乗れそう
後ろを振り返るゆとりもなく娘はホームに向かっていった

ちょっぴり気が抜けたようになって車に戻る
ここから家までは20分もかからない
ほんの少しだけ回り道をして帰ろう

娘と息子の母校の下を通るルート
子ども達がかよっていた頃は送り迎えだのPTAだのでよく通ったものだった
この学校の保護者として過ごせた6年間のうちに私にとっても母校だと思えるほど好きになった場所である
なんだか懐かしい
もう半月もしないうちにこの辺りの桜も咲き始めるだろう

娘にも息子にもそれぞれ後輩の出来る春がやってくる
c0090543_16524790.jpg

つぎこさんどのへんかわかります?
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-24 16:11 | くらし | Comments(4)
2008年 03月 23日
Song de Vivre
栄町の海岸ビルヂングへはいつも裏口からはいる
草灯舎さんもfloorさんもこちらからのほうが近いからなのだけれど
実はわりと長い間こちらが正面だと思っていた

明治時代に建てられたこのビルは石造りの重厚な外観で
本当の正面玄関からはいると2階3階への階段が続いていて一どきに3階まで見通せる
ちょっとほの暗くて
そこに足を踏み入れただけで何かしら外とは違った空気を感じることが出来る

入っているお店もそれぞれ押しつけない個性があり
栄町の中でもことに私の好きな場所である

珍しく正面玄関から入ろうとしたとき小さな看板を見つけた
輸入の服と雑貨のお店と書いてある
赤いかわいらしい看板だったので何となく若い華やかな傾向のお店だと思った
この日は娘と彼女の通勤用の服を探しに来ていた
”合わないかもしれないけれど とりあえず覗いてみようか”
と階段を上る

こちらの洋服はオーガニックコットンやリネン、ラミエ(麻の中でも最高品質のものだそう)、シルクなど天然の素材を使われているのだとか
私よりも年長だと思われるとても感じのいいご夫婦がオーナーさん

SONGというブランドで 
デザイナーはフランス人 ベトナムで手刺繍を施したという洋服は上質で手触りもいい
何気ないように見えても着てみるとよく考えられたデザインなのだなというのが分かる
それでいてちょっぴり頑張れば買えるお値段なのだ

Songはベトナム語  Vivreはフランス語
どちらも”暮らし”とか”生活”という意味だと聞いた

私のお買い物ルートはちょこっと延伸しそうな気配である

c0090543_912068.jpgc0090543_914991.jpg
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-23 22:04 | ぬの | Comments(0)
2008年 03月 21日
それを買った訳
娘息子と三人で
神戸学生青年センターの古本市に行く
私はすでに三回目

ロビーに並んだ本棚にびっしりと詰まった本たち
日々補充されているようで行く度に見かけなかった本がある
だからついつい何度も足を運ぶ訳だが

今回も掘り出し物を何冊かみつけた
相変わらず食べ物関係のが多いのだが
それはそれとして

娘の選んだのは
好きな作家さんのものや勉強しようかなと思っている(あくまで”思っている”だけに終わるらしいが…)分野の本
それに混じって

c0090543_11463872.jpg

なぜか「JISハンドブック 日本規格協会」なるものが しかも”工具”ときている
中身だってこんな感じ
c0090543_11495721.jpg


もちろん何かに使う訳ではなく
なんとなく買った
けど見ていると面白そう
なのだそうな

私はそれを選んだあなたのほうがうんと面白い
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-21 11:32 | でかける | Comments(2)
2008年 03月 20日
逃げ切り
ナビスコカップ初戦は浦和レッズが相手
雨の中埼玉スタジアムで16:00キックオフ

午前中からの用が長引いて帰宅したときには既に試合が始まっていた
帰宅するなり
テレビで観戦中の息子が
「えらいことになってる」と言ってくる

なんと言ってもアジアチャンピオンの浦和である
私が観戦していて今まで神戸が浦和に勝ったのを見たことがない
もしかして既に大量失点でもしたのだろうかと心配になるが
息子の様子でどうもそうではなさそう

大急ぎで録画を見る
(わが家は基本的に放送されるヴィッセル神戸の試合は全て録画する 後に勝った試合もしくは印象に残った試合のみDVDに保存するのだ)

なんと開始2分でレアンドロが見事な先制シュート!

けれども浦和ががこのまま終わらせてくれる訳もない
それからが長かった
ことに後半は押し込まれるシーンの連続でハラハラしっぱなし

何とか逃げ切り試合終了のホイッスルが鳴る頃には疲れてしまっていた
なにはともあれ勝ちは勝ち

c0090543_18374732.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-03-20 18:39 | すき | Comments(0)