「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2008年 06月 29日
ごんのすけはおつきさまへ
それはあまりに突然の出来事だった
26日木曜日の夕方うちの垂れ耳うさぎのごんのすけの様子がおかしいことに息子が気付き、私は急遽帰宅
かかりつけの病院に走った

治療と検査のため入院させて朝一番で会いに行くべく用意をしている所に急変を知らせる電話が入る
大急ぎで駆けつけたけれどごんのすけは事切れた後だった

徹夜で見てくださった先生にお礼を言うのが精一杯
キルトに大切にくるんで家に連れて帰る

ごんのすけのいた部屋に入りテーブルの上にそっと置いてやる
息子が部活を休んで早く帰るという
花とごんのすけの大好物だったバナナを買ってきてくれた
それを手に持ったまま玄関を入った途端に男泣きしてしまう

夜帰宅した夫も真っ先にごんのすけの所へ
彼の頬にも涙が伝っている

仕事を終え新幹線に飛び乗って娘も帰ってきた
駅の改札口で私の顔を見た途端娘の顔がゆがむ
道中きっと一人でこらえていたのだろう

家族で話し合い
私の実家の山に葬ってやることにする

ここは以前飼っていたうさぎのピーターの眠る場所でもある
雨ですべりそうになりながら山を登る
大きな木の根元でごんのすけは静かに眠る


c0090543_20882.jpg



ふと立ち寄ったペットショップで私が一目惚れ
夫にねだって連れて来たのが4年前のクリスマスだった
人なつっこいごんのすけはたちまちわが家のアイドルになる
息子の大学受験中も
夫が単身赴任中も
娘が家を離れてからも
ごんのすけに私たちは随分助けられた

最後まで面倒を見てやるつもりではいたけれど
こんなに早く別れが来るとは思ってもいなかった

うさぎを飼っている人達の間では
死んでしまうことを「お月様に帰る」と表現するらしい
ごんのすけも空の上から私たちを見ていてくれるだろうか

3年半というわずかな間だったけれど
私たちの中に思い出はいっぱい詰まっている
ごんのすけ うちに来てくれてほんとうにありがとう

c0090543_2026402.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-29 20:24 | おもうこと | Comments(8)
2008年 06月 24日
どこかが違う
みずみずしい小松菜をいただいた
お揚げさんと炊いたんがすきだけれど
既に新じゃがとひろうすを炊き始めていたので
ナムルに決定

料理本を見直して
先日いただいた本場のナムルの味を思い出しながら挑戦
今までに何度かナムルを作ったけれどいつもひと味足りない感じ
今日こそはと思う

すり鉢で胡麻をあたる
胡麻ペーストと韓国産のごま油 塩 おろしニンニクを加え
茹でた小松菜を入れたら手でしっかりと混ぜ合わせる
ここでちょっと味見
おおっ 今日はばっちりかも
夫にも味見してもらいOKがでる

さてさて期待感一杯の晩ご飯
まずは本日の自信作ナムルから


さっきはこんな味だったか?
やはり今日もひと味足りない
ナムル道は奥が深い

c0090543_21291224.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-24 21:24 | うちごはん | Comments(4)
2008年 06月 23日
ほろ酔いで晩ご飯支度
最近ワインに目覚めてしまっている
家では殆ど飲まなかったのに
このところ晩ご飯の時にちょこっとという機会が増えている

今日は夫がまずまず早い帰宅
ご飯の支度をしている間にすでに晩酌が始まっている
今夜は私も飲みたい気分
先日買ってきた赤ワインを開ける
台所に立ちながらワインをちびちび
こういうのはキッチンドランカーとはいわないよね?
いつもラフに飲むので佐藤玲朗さんのワイングラスがいい具合だ

ご飯が出来上がる頃には私もまずまず出来上がってしまう
おかずをつまみながらまたちびちび
台所だけは片づけてから寝ようと心に誓うものの…

c0090543_21493397.jpg


今夜は
昨日の残りのチャプチェ
刺身こんにゃく
ゴーヤチャンプル
お味噌汁
韓国海苔(例の×24のやつ)
キムチ

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-23 21:53 | くらし | Comments(2)
2008年 06月 23日
1文字違いで
スーパーの棚で見つけた豆腐
c0090543_1730599.jpg


男前豆腐からこんなのが出ているんだとカゴに
そのとき今日にお値段がやけに安いなとは思ったのだが

冷蔵庫に入れようとしてやっと気がつく

c0090543_17343138.jpg


オトマエトウフ店?
なんだ?

もしかして
まねっこ商品か?

よくよく見てみると
製造者はやっぱり男前豆腐店

こちらは美味しさもさることながらパッケージデザインやネーミングがひと味違う
今回もしてやられた感じである
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-23 17:36 | おいしい | Comments(4)
2008年 06月 22日
オモニの味
お世話になっている方のお宅におよばれ
招いてくださったのは日本に来られて14年になる韓国の方
奥様も韓国の方
しかも今はソウルからお母様が来られているとかでより本格的な韓国料理をご馳走してくださるというのだ

韓国式の招待ですから、くれぐれも手ぶらでお越しくださいというお言葉に甘えて本当に何も持たずに伺う
総勢12名
リビングにはずらりとご馳走が並んでいる



プルコギ
チャプチェ
チヂミ
キムパップ
ナムル
トッポギ
ククス
かつて食べたことはあるけれど どれも食堂などお店でのみ
家庭で作られた物は初めてである
あっさりした味付け
辛さもほどよく
丁寧に作られたのがよくわかる優しいお料理だった
まさに「お母さんの味」という感じ

ちょうど向かいに座られていたのが韓国からの留学生の方で
彼女からも色々と料理について教えてもらえた
ことに干したナスのナムルは初体験
丸ごと干したナスを裂いてナムルにするのだそう
ナスの旬が来たら是非とも試してみたい

c0090543_1710327.jpg


おしゃべりしながらだと箸も進んでおいとまする頃にはお腹が一杯
それでももたれた様な感じがちっともしないのは野菜中心のお料理だったからだろう
ソウルに行くと韓国の女性の肌が綺麗なのにいつも感心していたけれど
こういうものをいつも食べていたらきめの細かい肌にもなるだろうな
わが家の食卓を改めて反省

帰路についても口の中はまだまだ韓国モード
家族にも今日の美味しさのお裾分けをと
大胆にもチャプチェに挑戦
…ていうかストック食材の中にチャプチェの素を見つけたからだけど

チャプチェは春雨の炒め物
春雨といっても韓国のはサツマイモから作っていて少し黒っぽく太くてしっかりしている
冷蔵庫の野菜を思いつくままに刻み本来は牛肉のところをちょっぴり残っていた豚肉で
ああ…やっぱり”なんちゃって”料理になってしまいそう

見た目も味もやっぱり大違い
ま、当然だな
c0090543_1723621.jpg


お母様に料理を教えて頂ける機会がもてないものかと真剣に考え中
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-22 22:54 | おいしい | Comments(0)
2008年 06月 21日
宛名の文字
白い厚紙を二つ折りにして
グレーのマスキングテープで周りを止めた
どことなく味のある封書が届いた
差出人は
椿野恵里子さん

とても素敵な写真を撮られる方で
彼女の作られるカレンダーは何気ない風景なのにその月の季節感を本当に上手く表現されていると思う

この度初めての本を出版されるそうでその案内を送ってくださったのだ
今までにも企画展の案内をいただいたりしていて
その度に感動するのは
宛名が手書きであること
きっとたくさんの方に出されるだろうに
ていねいに書かれた文字はやはり椿野さんの写真のイメージと重なる

椿野さんの写真エッセイ集ならば
それはそれは素敵なのだろう
すぐにでも書店に走りたいところだが
出版に併せて展示会が予定されているそうで
その折りに買おうかとスケジュール帳を取り出しているところ

c0090543_18342833.jpg


風景のあとに
カレンダーのくれたもの
写真・文 椿野恵里子
アノニマ・スタジオ

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-21 18:36 | くらし | Comments(0)
2008年 06月 20日
うぇるかむ かむばっく
「東京に向かってます
何か要るものある?」
といとこがメールをくれる
う~むきっとあるのだろうけれど、とっさには出てこない

しばらくしてまたメール
「かまわぬに行くけど」

かまわぬといえばあれ!あれが欲しかったのだ
すぐさまメールで依頼する
こういう時の迅速さには我ながら敬意を表する

急がないよといっていたのにすぐさま送ってくれたようで
メール便、しかも速達で届いた

かまわぬの「かむばっく」である
かむばっくというのは
縦横約30センチほどのバッグ
手ぬぐいの生地を作っているときに出た染めムラやにじみ、生地の傷など商品として販売できない製品をもう一度商品として使ってほしいということから出来たものだそう
いわばB品を袋に仕立ててある訳だけれど、どこが不具合なのか、よくよく捜してもわからない位で殆ど気にならない

少し難があるとはいえ、かまわぬの手ぬぐいと同じ生地同じ染めで525円という良心的なお値段
バッグフェチとしてはゲットせずにはおれない訳で
当然柄もその時によって色々
今回は7種類ほどの中からいとこがセレクトしてくれた


c0090543_1739348.jpg

紫のひょうたん柄のは持ち手が一本で肩掛けタイプ

ちょこっとコンビニまで行くときとか、大きめバッグの仕分け袋としても使いやすそう
さていつどのように使おうかと考えているだけで楽しい
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-20 21:19 | もの | Comments(0)
2008年 06月 19日
救いの神
木曜日は朝鮮語講座の日
今日は予定が遅くまで入ってしまったので帰宅して晩ご飯の支度が出来るか不安なスケジュールだった

いざとなればどこかでお総菜を買うことになるかもと思っていたけれどそれすら無理な気配だ
ところが日頃の精進のお陰はこういうときに出るもので(笑)
訪問先の方から
たくさん作ったからと炊き込みご飯をどっさり
タケノコの煮物までいただいた
別の人からは手作りのパンとケーキ
助かった!これで晩ご飯の支度は何とかなりそうだ

c0090543_23122969.jpg


帰宅できたのは6時過ぎ
出かけるタイムリミットまで40分

野菜室を物色して見つけたしろ菜と薄揚げをさっと煮る
その間に冷凍のビンチョウマグロを解凍
しろ菜を盛りつけたら
半解凍のマグロを切って皿に盛りつけ、氷を入れたビニール袋を上に置いておく
これで冷蔵庫に入れずとも夫の帰宅まで大丈夫

これをもらい物のパンをかじりつつ
後半は電話で事務連絡しながらやる
電話の相手も私が朝鮮語講座に出かけるのを知ってくれているから失礼ながらお許しいただいている

こうやってバタバタと出かけた朝鮮語講座は今回も楽しくて
テンションの高いまま帰宅する
夫は今日も食べずに待っていてくれたので
二人でワイン飲み飲み
刺身を食べ、菜っ葉の炊いたんを食べ
喋る飲む食べる喋る
最近教えてもらったワイン屋さんで選んでもらった白ワインは和食に合いますよといわれただけあって料理もお酒も進む進む
締めは炊き込みご飯

したたかに酔った梅雨の夜
明日も仕事あるんだけどいいのか?
けどもう遅い…
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-19 23:13 | うちごはん | Comments(0)
2008年 06月 18日
誤算
友人からラーメンを頼んでおいてと頼まれたこともあり
ネットで韓国の食品を注文した

代金引換で届くのだが、配達予定の頃はまだ帰宅できていそうにないので夫に頼んでおいた
夜9時近くなってようやく帰宅した私を迎えたのは


c0090543_0531970.jpg


巨大なダンボール箱が二つ
台所への入り口をふさぐようにドーン!と…
確かにラーメンはかなりの数だし
テンジャン(味噌)も3キロ入りを二つ頼んだけれど
それにしても予想を裏切る大きさなのである

箱に書かれた文字をぼーっと見ているうちに理解した
上の箱は韓国海苔だ
いつもは缶に入った岩のりを買うのだけれど
セールになっていた小袋入りを注文したのだった
それも3袋入りを24個
24個で買うと値段が3分の2くらいになる
いつもあっという間に食べてしまうのでこれくらい買ってもすぐに消費できると思ったのだ

ネットで注文するときの落とし穴がここにあり
私がイメージした袋は小さかったのだ
実際に届いたのはそれよりも一回り大きく
しかも”×24”な訳で
どこに置いておこうかと思案中であるが
結論はまだ出ない

救いは
この海苔が美味しかったこと
賞味期限が2009年8月まであったこと
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-18 23:47 | くらし | Comments(2)
2008年 06月 16日
奇跡の出会い
三谷龍二さんのバターケースが入荷いたしました
とのお知らせがうつわクウさんのHPに書かれていた
けれども気付いたのがほんの少し遅かった
大慌てで電話したときには既に遅くバターケースは完売であった
それが2006年の秋のことである

このおかげでうつわクウさんという素敵なお店を見つけることが出来たのではあるが
バターケースはそれ以来ずうっと現物を見ることすら叶わなかった

そのうち三谷さんは予約注文を受けられなくなってしまったので
バターケースはますます夢の存在になってしまった

「使い込むといい感じになるの」
「バターナイフがまた良くできていて冷蔵庫から出したてでもバターがすうっと削れるの」
既に愛用中の友人がそう言うのを指をくわえつつ聞く

もう私の手元に来ることはないだろうなと諦めかけていたけれど
ついにその日は来た
うつわクウさんでの運命的とも言える出会い

欲しいと熱望しても手に入らないときは
まだ持つべきときではないのかもしれない
私に然るべきときがやってくるまでに2年半
待った甲斐があった

c0090543_23315796.jpg

c0090543_23323427.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-06-16 23:05 | うつわ | Comments(4)