<   2008年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 29日
罪なかりんとう
かねがね食べてみたいと思っていたかりんとうをもらった
銀座たちばなのかりんとう
かりんとう御三家の一つに上げられるほどの名品

たちばなさんは他に店舗もなく地方発送もされていないようなので銀座に足を運ぶしかない
これは当分お目にはかかれまいなあと思っていた矢先のいただき物である

朱色に金色でかりんとうの文字とたちばなの模様がかかれた可愛い缶をあける
いじくり回していない正統なかりんとうという感じ

「ともかく一ついただいてみようか」と夫と二人でつまむ
「あと一つだけ」を何度繰り返したことか

こんな美味しいもの息子にも食べさせてやりたいという親心が働かなければきっと二人で空にしていただろうな

c0090543_1335345.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-29 22:19 | おいしい | Comments(2)
2008年 07月 28日
ヤンニョムカンジャンは万能調味料
先日うちに来た友人がわが家にあった材料でちゃちゃっと作ってくれた
ヤンニョムカンジャン 韓国風薬味醤油

おろしニンニク
韓国粉唐辛子

醤油
ごま油
ごま
砂糖少々
を加減を見つつ混ぜ合わせる

彼女の配合は酢は余りきつくない
胡麻風味のニンニク醤油といった感じ

作り置きして冷蔵庫にあるととても重宝なのだ
冷ややっこにかけたり
細切りにした蒸しナスに和えたり
色んなものによく合う

買いすぎてしまったエノキがあったので
中途半端に残ったシメジと共に
ごま油で炒めたのちヤンニョムカンジャンで和えてみた

これがなかなかヒットだった
ニンニクの風味にピリッと唐辛子がきいて胡麻の風味もいい感じ
お酒が欲しくなってしまう味
けど飲まなかった ワインを切らしていたから
いただき物のマッコリがあることを思い出したのは
ごちそうさまの後だった…
ちょっと悔しい

c0090543_2310651.jpg


三苫修さんのうつわに入れて
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-28 22:47 | うちごはん | Comments(2)
2008年 07月 27日
油の始末のお役立ち
揚げ物をしたはいいけれど困るのが後の鍋の始末である
天ぷらのときには残った衣を入れてゴムべらでかき取ると油が綺麗に取れると聞きやってみた
確かにうまくいく

けれども揚げ物=天ぷらではない訳で
素揚げや唐揚げのときにはどうするのか
ペーパータオルで拭くのだけれど手がベタベタになるのが嫌さにすぐ取り替えてしまい結局何枚も使ってしまうことになっていた

わが家ではご飯を炊く都度精米している
当然毎回糠が出る
ぬか漬けに使うといってもそうたくさんは要らないので普段は捨てていた
ふと思いついてこの糠を使ってみたら実に具合がいい

油を紙パックなどに空ける
あとの鍋にパサッと糠投入
ゴムべらで鍋肌に残った油を糠に馴染ませるようにかき混ぜつつ寄せていく

c0090543_944966.jpg


そうすると鍋肌は油なんぞ付いていなかったかのように綺麗になるのだ
後は糠を先ほど油を捨てた紙パックに入れる
蓋を閉めたら燃えるゴミで処分
鍋を洗う際の洗剤も少なくて済む

問題は糠を鍋から紙パックに移すときにちょいと技術がいる位
ゆっくりやればいいものをせかせかやるものだから大抵周囲にパラパラとこぼしてしまう
落ち着きと精神集中が私の課題
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-27 22:32 | くらし | Comments(2)
2008年 07月 26日
進化する駅弁
研修会場で出されたお弁当

c0090543_2336681.jpg



野菜たっぷりであっさり目
美味しかった
これは神戸近辺では駅弁で有名な淡路屋さんの新商品らしい
淡路屋さんといえば
紐を引っ張ると蒸気で温まるすき焼き弁当とか
蛸壺に似せた陶製の容器に蛸飯を詰めたひっぱりだこ飯とか
美味しくてユニークなお弁当のイメージだった

このお弁当はその名も「野菜中心主義 身体に優しいお弁当」
しかも駅弁としても販売されているよう
今まで新幹線で出かけるときには21世紀出陣弁当がお気に入りだった
今でも好きなお弁当だけど、新幹線に乗る機会が増えた今となってはちょっと違うのを食べたいときも
この次は淡路屋さんの売り場でこのお弁当を探してみよう
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-26 23:34 | おいしい | Comments(0)
2008年 07月 24日
母は出かける あとはよろしく
山陰の友人から届いたクール便
蓋が閉まらないくらいエビがどっさり
彼女のお陰でわが家は日本海の幸に関してはかなりな贅沢をさせてもらっている
いつもいつもありがとね

c0090543_23335283.jpg


甘エビは生で
白い方はフライでと食べ方まで教えてくれる
ひとまず冷凍庫へ
その前に一匹だけ味見
その名の通り甘みがあって美味しい
今夜のメインは決まり

夕方せっせと海老の皮をむく
かなりむいたと思うけどそれでも一箱の半分ちょっと
息子の分だけ取り分けて盛りつける
他のおかずもセッティング
夫と私のは冷蔵庫へ

c0090543_2340223.jpg


息子一人分のご飯
甘エビは上に氷入りの袋を置いておく
彼は夜からバイトなのだが
私は一足先に出かけるのだ
行く先はホームズスタジアム
サッカー北京五輪代表の壮行試合 対オーストラリア戦があるのだ

指定席だからとのんびり構えていたらキックオフギリギリの到着になってしまった
いつもはヴィッセル神戸のチームカラーのクリムゾンレッドで埋まるゴール裏も今日ばかりは青一色だ

c0090543_23531058.jpg


神戸からは誰も代表に選ばれていないので私自身は正直盛り上がりに欠けるところがあったけれど
佐藤竹善さんの君が代を聴いているうちにすっかり観戦モードに入る

日本は先制を許すも前半終了間際に神戸出身の香川のゴールで追いつき
後半終了間際に岡崎のシュートがポストに跳ね返って中へ
2-1で日本の勝利に終わる

来月早々に始まる北京オリンピックでもいい試合を見せて欲しい
なでしこジャパンも頑張れ

c0090543_01260.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-24 23:40 | でかける | Comments(0)
2008年 07月 23日
東奔西走のご褒美
午前中は車で1時間ほどの所へ
帰宅したらばすぐさま
今度は電車に飛び乗り京都へ
車中でかじったSOYJOYがお昼ご飯だった
よく頑張った
予定を終え夕方電車で神戸に向かう

十三で新開地へ向かう特急に乗る
いつもなら途中で普通電車に乗り換えるのだが
今日は自宅を通過してそのまま三宮まで

待ち合わせ場所の本屋には半年ぶりに会う飲み食べ仲間がいつもの笑顔で待ってくれている
今日も彼女の案内でおいしいものを食べに行くのだ

トルコ料理のムラート
ドアを開けると
カウンターの中からニッコリ笑った迎えてくれたのがオーナーシェフのムラートさんだ
お酒と料理のチョイスは常連の友人にお任せ

まずは前菜の盛り合わせでトルコビールをグビグビ

c0090543_13155128.jpg


野菜中心でほどよくスパイスが効いている
どれも美味しかったけど、ひよこ豆のペーストとブドウの葉で巻いたのとちょっとピリッとしたみじん切りの野菜の何かがことに好きだった(料理の名前は覚えられず)
これらを焼きたてのナンのようなパンに付けて食べるとまた美味しい

お酒はトルコワインへ
今日はちょっといいのを

c0090543_13215534.jpg


酸味は少なくタンニンはほどほどで飲みやすい
食も進んで次はケバブの盛り合わせ

c0090543_13242740.jpg

鶏は一番馴染みのある味
羊は食べるほどに美味しくなる
挽肉のはスパイスがいい感じ

ほろ酔いになった頃
彼女に勧められ珍しいお酒に挑戦
透明で水で割ると白濁する
かなり度数が高いらしい
香りは独特で、消毒薬のようだといった人がいるのがわかる気がする
でも嫌な香りではない
少し飲んでみたけれどギブアップ
トルコ料理と合わせて飲むといつかはまりそうな気配ではある

c0090543_1331145.jpg


ピザによく似たピデを食べることにはお腹も一杯だ

ムラートさんは日本語も上手
会話も楽しいのでトルコ料理初心者でも安心
このお店つい2週間ばかり前に移転したばかり
東門街の入り口東側のビルの8階にある
今回はカウンター席にしたが下を見下ろしながらの窓際の席も良さそう

本日のお土産
お願いしてもらってきたトルコビールの瓶
胴体にロゴが入っているのがいい雰囲気

c0090543_1339359.jpg


帰り際ムラートさんから手渡されたもの
長さ1センチほど
魔よけだとか
スタッフの方がエプロンにつけていて可愛いなあと思っていたので嬉しい

c0090543_1342787.jpg



トルコ料理は日本人の口に合いやすいと聞いてはいたけれど本当だった
ちょっと癖になるかも
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-23 23:21 | でかける | Comments(0)
2008年 07月 22日
初イケア
本日2回目の投稿

夕方照明器具を見るという友人に道案内という言い訳の元
イケアについて行く

平日であるからかわりと空いている
良かった
二人でウロウロと見て回る
これがあのイケアかと二人ともお上りさん状態である

噂通りに安い
ついつい手を出したくなるのを理性で抑える

で、本日買ったもの

c0090543_2273016.jpg


理性で抑えたといっているわりになんでマットが2枚なんだ?
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-22 22:10 | でかける | Comments(4)
2008年 07月 22日
きっかけはカニかま
息子がカニかまをもらってきた
どうやって食べようかと思ったとき
前々から作ってみたかったあれに挑戦しようと決める

海苔とキュウリはある
たくあんを買って材料は揃った

さてさていつ作ろうかと考えているとき折良く韓国人の友人が来てくれた
二人のお昼ご飯はキムパップに決定

韓国の海苔巻きは日本のおにぎりのような感覚ではないかと思う
ソウルのコンビニでは色んな種類のキムパップが並んでいるしキムパップの専門店もある

酢飯ではなくご飯にはごま油と塩で味を付ける
これには韓国の香りの高いごま油が向いていると思う
隠し味にニンニク醤油を少々
後は普通の海苔巻きのように海苔の上にご飯を広げ具を置いて巻くだけ

はい出来上がり

早速頬張る
胡麻の香りが食欲をそそる

c0090543_21553738.jpg


これは美味しい
具を変えることで色々楽しめそう

だがしかし
この度私のしたことといったら
材料を揃え
カニかまをフィルムから出して渡しただけ
後は友人がささっとやってくれた
巻きずしはうまく巻けたためしがない
果たしてこの次一人で作れるのか
…不安
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-22 22:09 | うちごはん | Comments(0)
2008年 07月 21日
魔法のガラス
子どもが大きくなると家族揃っての晩ご飯を食べる機会は貴重である
連休最終日私は午後仕事だったが夕方には帰宅できた

今夜は焼き肉と決めていたので準備は簡単
なのでちょこっと頑張ってサラダも作る

新じゃが(ところで「新」はいつまでつけていいものなんだろうか)は皮付きのまま一口大に切り素揚げする
蒸すか茹でるかしたほうがあっさりするのだが先日野菜の天ぷらを作ったときの油があったので という台所事情あり
薄切りのたまねぎ
乱切りのキュウリとトマト
それに先ほどのじゃがいもをフレンチドレッシングで和える
じゃがいもを揚げているのでドレッシングの油は控えて酢を心持ちしっかりと使う
晩ご飯に少し食べ残りは明日の朝用に冷蔵庫へ

c0090543_22362270.jpg



親子三人ワイン飲み飲み焼き肉をつつく
ほろ酔いで後かたづけもせずついついゴロゴロしてしまう
一息ついたら腰を上げ
片づけではなくおもむろに冷凍庫からハーゲンダッツを取り出す
焼き肉の後のアイスがこれまた美味しいのだ

c0090543_22424960.jpg


ハーゲンダッツは贅沢品だ
1カップを三人で分ける

三谷龍二さんのアイスクリームスプーンはカップアイスに付いてくる木の匙で食べいるような感触
匙の中にアイスクリームがが残らないので食べやすい

佐藤玲朗さんのアイスクリームカップに入れると溶けにくい気がする
なんといっても可愛いし
けれども作るのには手間がかかるようで
佐藤さんが日記の中で「作れば作るほど貧乏になる魔法のガラスだ」と書かれていた

私にとっては
少しのアイスクリームでも満足できる
安いアイスクリームでも美味しく感じる
魔法のガラス
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-21 22:54 | うつわ | Comments(0)
2008年 07月 20日
なつのごちそう
毎日暑い
今日はまだ風があるものの、部屋の中にいても汗が出てくる

水分補給の基本は水としているけれど
楽しみに色々な飲み物を用意する

ここ何日かは日々さんで買った紅茶を楽しんでいる
チェリー、フランボアーズ、スグリ、ストロベリーの香り
フレーバーティーは使用している香料によって実は苦手なものが多いのだが、これは天然の香料でとてもやわらか
暖かくても美味しいがこの季節はやはりきりっと冷やして

ポットに一杯作り
WECKに注ぐ
約500mlのサイズは紅茶の作り置きにはいい量である
氷の上から注ぐなど急冷することなくそのまま冷まして後は冷蔵庫へ入れる
ポットに少し残しておいて氷を入れたコップに注ぎ、まず一杯楽しむ

佐藤玲朗さんのテーパードグラスはこのところ大活躍
お気に入りのコップで冷たい飲み物
なによりのご馳走である

c0090543_18502319.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-07-20 18:57 | おいしい | Comments(0)