「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 29日
08’ソウル 2 三清洞から北村へ
付岩洞から再びバスに乗る
ここで来るときに乗ったバス停の名前を覚えていないことに気付く
が、適当に降りようと暢気に構える

ここだと思ったときには既にバスは発進している
さすがソウルのバスである
次の目的地近くの地名が聞こえたように思ったので降りてみる

ちょうどすぐ傍に有名なお寺があり自分たちのいる場所は確認できた
表示を見ながら適当に歩いていたら仁寺洞に出た
ここは娘が行きたがっていたサムジキルのあるところ
洋服やアクセサリーなど様々なお店が緩やかなスロープの回廊に添って並んでいる

友人に頼まれていたオンギのお店もここにあり無事に買えた

焼き栗を食べながら仁寺洞を少しぶらぶらして
三清洞に向かう
ここは韓国の伝統家屋(韓屋)と新しい建物が共存しているところ
ガイドブックも地図も見ないで歩いてみる
そのとき日本人の家族連れの会話が聞こえる
「ここを上がっていくととてもお洒落なところがあるんだよ」

娘と小声で会話
(ついてってみる?)
(ついてってみよう。はずれだったら戻ればいいよ)

果たして…

細い路地をくねくねと進み高台に出た
坂の下には韓屋が並ぶ一角があり
その向こうには景福宮の屋根が見える
右手には青瓦台(大統領官邸)の屋根も

いつの間にか家族連れの姿は見えなくなっていた
振り返るともう少し坂を登った辺りにも韓屋が見える

その路地を入ったところでお茶屋さんを発見
朝から歩きっぱなしなのでここで一息入れようかと入ってみる
伝統茶を楽しめるカフェだった
チャマシヌントゥル

窓際の席に座ったので景福宮の屋根や民家を眺めながらゆっくりお茶を飲む
反対側の窓からは中庭と韓屋の屋根が連なっているのが見える
c0090543_13133948.jpg


娘は木蘭の花茶を
私は桑の葉のお茶を
c0090543_12572141.jpg

まずポットにお湯を入れ
片口に注ぎきる
それから小さなうつわに
テーブルにポットを置いてくれているので足し湯をして何煎も楽しめる

お腹も空いたし
かぼちゃ餅も注文
15分待ってくださいとのこと
程なくして運ばれてきたのは蒸したて熱々のかぼちゃ餅だ
フウフウいいながら口へ運ぶ
かぼちゃの香りと甘さが美味しい
二人にひとつで十分の量である
c0090543_132640.jpg


お腹一杯になったし
しっかり休憩も出来た
韓屋の並ぶ路地を歩きながら東へ移動
古くからあるお店が並ぶ細いとおりに出る
ちょうど小学生の下校時刻なのか子ども達がたくさんいる
「おじさんただいま!」と元気いっぱい
この子達がたまっていたトッポギ屋さん
かぼちゃ餅を食べていなければ絶対行ってたな

坂を登り切ったところにある中央高校はかの冬のソナタのロケ地である
韓流グッズを売るおばさんんに誘われるまま正門の前で写真を撮ったりする
坂を下りながらお店を探す
この通りに化学調味料を使わない手作りの味噌や醤油、醤油漬けのお店があるはずなのだが

見つからない
もう一度坂を登ってみる
やっぱり無い
諦めようかと思ったとき素敵な出会いが…つづく
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-29 06:32 | でかける | Comments(6)
2008年 09月 28日
08’ソウル その1 路線バスに乗る
2泊3日
しかも初日は夜にソウル入りとなると二日目をどう過ごすかが大きな鍵となってくる

二日目は5:30起床
入浴を済ませ(昨晩は深夜まで歩き回ったのでメイクも落とさず眠ってしまった母娘)
7:00 ホテルで朝食をそそくさと済ませる
本当は外で食べたかったけれど朝食付きだったので食べないと損みたいに思ってしまう主婦根性で娘を説得したのだった

ホテルは地下鉄のすぐそばだったのでどこへ行くにも便利
せかせかと早歩きで駅へ向かう

ソウルのラッシュ初体験である
階段も車両もたくさんの人だ
娘は毎日の通勤で慣れっこかもしれないが私はドキドキだった


地下鉄を乗り継いで景福宮の駅で降りる
最初の目的地付岩洞へは路線バスを利用する
ソウルの路線バスに乗ってみたいというのが娘と私のかねてよりの希望だったのだ
よくお邪魔するブログから情報を得て下調べはしておいた
プリントアウトした紙をしかと握りしめバス停へ向かう
乗るべきバスの路線に目的のバス停があることを確認する
一文字一文字ゆっくりしか読めない私がモタモタしているうちに娘がさっさと見つけてくれた

いよいよバスに乗り込む
料金は先払いのようだがTmoneyが使える
小銭を用意する必要もなくカードを触れるだけでいいので我々のような初心者にはありがたい

運転は荒い
バス停でもさっと止まってさっと発進する
みなさん降りるバス停が近づくと出口近くで待機している
バスが止まるやいなやだだっと降りる
次のバス停とその次のバス停をアナウンスしてくれるのだが
それと同じくらいの音量でラジオがかかっているので
アナウンスなんだかラジオの音声なんだかわからなくなるときがある
ずっと緊張して耳を澄ませる
さすがに娘はきちんと聞き分けていて
間違えることなく下車できた

付岩洞はバスで10分くらいのところなのに
静かな佇まいである
小さいけれど雰囲気のあるお店が点在している
今注目のスポットらしい

c0090543_7581874.jpg


c0090543_7583919.jpg


朝早いこともありお店の殆どは開いていない
気になるお店の前で恨めしそうに中を覗く 
我ながら少々怪しい…
人通りも少なく適当に歩く

路地を見つけて入ってみたり
思いつくままに歩く
この時期のソウルの空は綺麗だと聞いていたが
この日はぬけるような青空で散歩日和だった

c0090543_1392640.jpgc0090543_1394529.jpg

















ソウル二日目は順調な滑り出しである
…つづく
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-28 23:55 | でかける | Comments(0)
2008年 09月 25日
いってきます
c0090543_14543829.jpg

夕方6時の飛行機でソウルに発つ
今年も娘と二人
昨日帰宅は夜8時を回っていて一息いれたら直ぐさま娘を空港に迎えに行った
遅い晩御飯を食べたらバタンキューで支度もなにもしないまま今日を迎える

パスポートと航空券と後はいくばくかのお金があればなんとかなるさというのんびり構えている

けれどもさすがに時間は押せ押せになり
留守番の男性二人の食事の段取りをするに留まり部屋の片付けまでは手が回らなかった
まあいつものことではあるのだが…

今回は車で空港島まで行き
ベイシャトルを利用する
このルートを選んだ理由は二つだ
まずは旅行社との期間限定の企画だとかで、片道1000円で乗船できること
二つめ
ベイシャトル利用者は理由期間に関わらず駐車料無料

これで節約できたお金で、かなりいろんなものが食べられる

さて 今回もマニアックな旅になりそう
毎度の旅のお供は
Tmoney
地下鉄 バス タクシー 買い物にも利用できる プリペイドカードだ
いちいち切符を買ったり小銭を用意しなくていいのでとても便利
これまでは地下鉄で使うのみだったが、路線バスに乗ってみたいというのが前々から二人の一致した意見である
さて今度こそ実現するであろうか
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-25 14:54 | Comments(2)
2008年 09月 21日
濱文様
仕事で京都へ
時折激しい雨の降るあいにくのお天気だったけれど
行くときは心優しい夫が駅まで車で送ってくれ、京都ではひどい雨のときにはたまたま屋内にいて濡れずにすんだ

仕事はお昼過ぎに終了
せっかくここまで来たのだから、「りこ」に寄りたい

目的は二つ
まずは開催中の写真展「キリントリメラ」を見ること
本業は美容師さんだそうだが
写真一枚一枚が世界を持っている
作品の多くがスナップ写真サイズだったが、それがまた作品の良さを引き出していると思う
この企画展は今月いっぱい
見に行けてよかった

もう一つの目論見
最近りこで扱い始めた「濱文様」の手ぬぐいを見ること
その名から推察できるように横浜のブランドである
120年の歴史のある横浜擦染の技法で作られたもの
風呂敷やガーゼハンカチもあるけれど
私はやはり手ぬぐいが気になる
選んだ柄は食べ物がらみばっかり
お腹が空いていた訳ではないと思うのだが…

c0090543_9154888.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-21 23:27 | もの | Comments(2)
2008年 09月 18日
もらったものは
c0090543_16563326.jpg

たくさん買ったのでどうぞといただいたムスカリの球根
我が家のベランダの様子も私がグリーンの管理が苦手なこともよくご存知で
「オリーブの脇に植えられてもいいかも」
というアドバイスに、育て方のプリントまで添えて。気配り上手の彼女らしい贈り物だ。

オリーブにトネリコ 後はパセリという緑ばっかりで花のない我が家のベランダ。
ムスカリのような小ぶりでかわいい花が加わると雰囲気が柔らかくなるだろうな。

はてさて、ちゃんと芽を出し、元気に花を咲かせられるか。彼女がくれたのは球根と、これから花開くまでのちょっとドキドキで楽しみな時間。
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-18 21:56 | もの | Comments(2)
2008年 09月 17日
炊きたてごはんの会
1,2ヶ月に一度我が家へひとを招いてお昼ご飯を食べる集まりをしようと決めて
今日は2回目

折悪しく皆さん都合が悪く本日のお客様は一人
これもまたよし
二人差し向かいでゆっくりのんびりと過ごそう

電車を乗り継いで1時間半かけてやってきてくれた
我が家へは実に10年ぶりの来訪である

お土産に
ご自宅で採れた丹波グリをどっさりいただいた

c0090543_20593021.jpg


話をしながら
ごはんを炊く準備にとりかかる
本当ならば土鍋で炊きたいところなのだけれど
そうするとそちらに気を取られてしまうので
慣れるまではステンレスのお鍋で
ガスコンロの自動炊飯モードのお世話になる

おかずは
ゴーヤの味噌炒め…昨晩準備しておいた物 配膳はお客さんにお任せ
ゴロゴロれんこんと牛肉のペペロンチーノ…個人的な好みによりニンニクはしっかり
もやしとニラの胡麻和え…胡麻たっぷり 胡麻擂りから味付けまでこれもお任せした
薄揚げをさっとあぶってポン酢で…ここのところピリ辛おろし入り博多んポン酢がお気に入り

c0090543_2131316.jpg


さて 肝心の炊きたてごはん
これが少々硬めだったのだ
今にして思えばどうも水加減を間違ったような (大汗)
申し訳ない

美味しいケーキ屋さんを教えて欲しいとのことだったので
迷わずplus freshさんへ案内する
そこでエクレアを見つけた彼女
この次来るときにはこれをというリクエストをくれたので
ごはんの失敗はあれどまずまず楽しんで頂けたかとホッとする

さて次のごはん会には何を作ろうか
食事の支度をしながら
「これいいかも」とメニューの開拓に余念がない今日この頃
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-17 20:48 | うちごはん | Comments(4)
2008年 09月 15日
大変身
ル・ボナーさんにお願いしていた腕時計のベルトが出来上がった様子である
オーナーの松本さんのブログにアップされた画像は私の想像を膨らませるに充分なものだった
早速お店に伺う


母からもらった状態に手を加えることに抵抗がなかった訳ではないが
母も元々は黒い革のベルトが付いていたものを取り替えたらしいということに加え
今までついていた華奢なベルトが嫌いだった訳ではないのだけれど、私には少々きついこともあり
思い切ってルボナーさんに相談したのだった

衝撃を和らげる装置が付いていないため
外すときに取り落としたりすると命取りになりかねない
なのでDバックルをつけるのは大前提だった
その為ベルトにある程度の幅が必要になる
一方私の時計はベルトを通す部分がかなり細かったため、デザインにかなり工夫をして頂いた
そのお陰でちょっと個性的な時計になった
クリスペルカーフの黒に青のステッチというところにも遊び心が感じられてとても好き
仕事でカチッとしたスーツを着ても似合いそう

ますますどこにもないものになった
仕舞い込まずに使いこなしたいお宝である


c0090543_2151229.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-15 21:51 | もの | Comments(5)
2008年 09月 13日
曜日が変われば
毎週月曜日に尼崎に行っている仕事を
今回は都合で土曜日に変更してもらった

同じ時刻だけれど
電車やバスの混み具合が違う

いつもの曲がり角を曲がったら
あれ?
小さな看板が出ている
zakkka OSORAの文字

入り口脇に置かれた木の枝がどう見てもオブジェのようで前々から気になっていたお宅だった
約束の時間までにはほんの少しゆとりがある
勇気を出して入ってみる

私の好みの雑貨達がたくさん
これは
見つけてしまったかも

このお店は火曜日から土曜日にオープン
月曜日にこの前を通っても何も気付かないのも道理である

許された時間は10分ちょっと
またの機会を信じて全部見ようとしないで
端からじっくり見ていくことにする

そして出会ってしまった
デッドストックのカゴ
戦後間もない頃のものだそう
新品ではあるけれど時代を経たそれはいい感じの飴色になっている
一番小さいので直径15センチほど
細い竹で丁寧に編まれている
デッドストックであるからか元々そんなに高くなかったのがセールになっていて3個で野口君二人
これは衝動買いしても許されるよね

c0090543_2140168.jpg



同じ道を歩いても
曜日が変わると違う街になったりする
ちょこっとの変則もまた楽し
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-13 21:41 | でかける | Comments(6)
2008年 09月 12日
気付いてよかった
ふと気になってパスポートを開いてみた
げげっ
有効期間は今年の10月だ

大慌てで更新手続きに行く
実は今月末に恒例の娘との旅行を計画中
気がつくのが遅ければ全てがパーになるとこだった

前回更新手続きをしたのはハーバーランドのクリスタルビルだったと記憶している
今は三宮の国際会館に旅券事務所がある

更新申請のときも受け取りのときも
余り待つことなくスムースに完了

前回のと大きく違うのは
ICチップが使われていること
そして
国際規格に近づいたというとかで
恥ずかしいほど顔写真が大きいこと

夫が写してくれたのにうっかり忘れてしまい
慌てて近くで撮った写真はイマイチ気に入らない
これを10年間持つのか…

写真を忘れた自分が悪いのだから
誰も責められない

c0090543_2115338.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-12 20:59 | くらし | Comments(0)
2008年 09月 10日
最後の梨
c0090543_11402483.jpg

友人から大きな箱が届く
中には二十世紀梨がたくさん
梨が好き 中でも二十世紀は子供の頃から馴染んだ味ということもあってか一番好きだ

これは彼女のおばさんが作られたものだとか 袋に入ったままの梨はもぎ取ってすぐに箱に詰められたかのよう 袋から出してみるとみずみずしくずっしりとしている

添えられた手紙には冷やしてどうぞと書いてあったが、冷えるまでなんて我慢できない
息子の帰宅を待って早速ひとついただく

包丁を入れたそばから果汁が滴り落ちる
お皿に入れるいとまもなく剥いたそばから頬張る
甘味もしっかり
本当に美味しい

晩御飯の後にもまたひとつ

なんてしあわせ

この梨を作られた友人のおばさんは今シーズン限りで梨の栽培を止められるそうだ
最初で最後の梨
ますます味わい深い


ところで二十世紀梨は
「にじっせいきなし」なのか
「にじゅっせいきなし」なのか
私は前者だと思っていたら今朝のNHKのニュースでアナウンサーが最初から最後まで「にじゅっせいきなし」と言っていた
ほんとのとこはどっち?
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-09-10 11:40 | Comments(2)