<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 31日
焼き芋リメイク
あちこちからサツマイモをいただいた
どれも甘くてホクホクで幸せに浸りながら食べている

友人にお裾分けしようとすると
焼き芋にしてからくれという 笑
それではとヘルシオでどっさりと焼き芋製造

土鍋でも美味しく焼けるのだけれど
ヘルシオだとほったらかしでいいので用事をしながら作るときには具合がよいのだ

ほどなくこんがりホクホクの焼き芋の出来上がり
早速二人で頬張る

彼女は焼き芋が大好きで
サツマイモがあるととりあえずは焼き芋にするのだそうだ
そして毎日のように食べるのだと

その彼女に教えてもらった焼き芋のおかず

適当な大きさに切って
オリーブオイルで炒めて塩胡椒するというもの

ただこれだけなのだが
焼き芋とも 生の芋から作ったときとも
ひと味違う美味しい一品の出来上がり
今日は早速お弁当に登場させた

c0090543_7455233.jpg


画像は家でお昼を食べる息子用に取り分けたもの
脇に見えているのは
ピーマンをさっと蒸して塩昆布をまぶしたのと
鶏もも肉をオリーブオイルで焼いたのち柚子胡椒と醤油を混ぜ合わせたものをからめたのと
これにほうれん草のおひたしが本日のお弁当のおかずの全てである
我が家の在庫の都合上これにてご勘弁
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-31 21:36 | おべんとう | Comments(0)
2008年 10月 30日
今年はさらに大玉
山形からラ・フランスが届いた
今年は天候に恵まれ豊作で出来も良いと聞いていたので楽しみに待っていた

恒例の箱買いである
蓋を開けるといつもにもまして見事な女王様が顔を出した
なんと超大玉である
5キロ入りで12玉
昨年もしっかりした大玉だと思ったがそれでも14玉だった

食べ頃のものを選んで早速切り分ける
この香りと舌触り
ほどよい甘み
我が家に秋を告げる食べ物の代表である

c0090543_8134335.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-30 23:56 | おいしい | Comments(0)
2008年 10月 29日
やっと見えた
c0090543_17515088.jpg

元町の大丸から東に移動するとき
お天気が良くてしかもそれが午後だったりすると
期待を込めて山側を見る

神戸信用金庫前の交差点辺りが絶好のビューポイントと聞いている

サンプラザかセンタープラザか失念してしまったがその南側の壁面によく見るとわかるくらいの線状の突起があり
太陽の位置により、その突起がつくる影が見事に絵になるのだ
それも一番うまく見えるのは一日のうちで20分程度と聞いたように思う

これは何年か前 神戸の歴史を重ねた建物いくつかにまるで彩色を施したかのように様々な色の光を当てるという幻想的なイベントがあり(残念ながらその名前は失念してしまったが)
少し離れたところから建物全体に光を当てるのだが、まるで直接色を塗ったかのように柱 壁と見事に色が分かれている様は 技術にも驚いたけれどまるで別の世界にきたような美しいものであった

ヨーロッパから来ていたその技術者(芸術家と呼ぶべきか)の置き土産が件の壁の突起なのである
今までに何度見上げたけことか
けれどお天気が悪かったり時刻が合わなかったりで見ることは出来なかった

今日初めてそれが見えたのだった
携帯を空に向けるようにして一生懸命シャッターを押している私を見て通り掛かりのビジネスマンが北のほうを見たけれど肝心のものには気付いただろうか
この画像では不鮮明だろうが、はっきり見えないほうが楽しみがあってかもしれない
なので敢えて図柄の説明も加えない

ともかく本当に良く計算されたものであることは確かである
しかもロマンチック

お天気のいい日の午後
神戸信用金庫の前を通りかかったら足を止めて山側の壁を探してみて欲しい

当然綺麗に見える時刻は季節によって違うわけで
ちなみに画像の撮影時刻は10/29 13:25である
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-29 17:51 | Comments(0)
2008年 10月 27日
土鍋でお好み焼きを焼く
土鍋が好き もとい土鍋も好き
なので我が家にはいつの間にか土鍋がたくさん

一番小さいのは
韓国産のもの
かつて入っていた生協で購入 
毎朝のお味噌汁にちょうどいい大きさである
ピビンパップにも使える優れもの
ごはん1合も上手く炊ける

その次は
白のシンプルな土鍋
インターネットの通販で買った
オーブン電子レンジOKというもの
蓋は鍋敷きにもお皿としても使える

じつはこの2種家族数分ある
つまり4個ずつある訳で…でも4個一気に使ったことは今までにない訳で…少々勿体ない

それより少し大きいのが
正島克哉さんの片手土鍋
ラーメン鍋という名前も付いているようであるが
そのまま食卓に出してもなかなか良いのである

更に少し大きくなって
ソウルで買い求めたイ・ヒョンベさんの土鍋
プルコギも出来る
豚キムチを作ったり
2合ほどごはんを炊くにもいい大きさ
これで炊くともっちりとした美味しいごはんになる

炊飯鍋は雲井窯のもの
当時半年待ちであったが
デパートの催事に出店された折りに買うという裏技を使ったので待ち時間はゼロだった
初めてこれでごはんを炊いたとき今までのステンレスのお鍋との味の違いに夫と私が一瞬沈黙したものだ

そして一番大きいのが同じく雲井窯のすき焼き鍋(正式名称かどうかは定かでない)
その名の通りすき焼きも出来る
先ほどの炊飯鍋もそうだけれどどっしりと重い
なので蓄熱性は凄い
火を止めてもかなり長い間ぐつぐつと煮立っている

この土鍋は無水調理も出来るということで
野菜炒めやら焼きそばやらに重宝していた

今年7月号の天然生活で飛田和緒さんが同じ雲井窯の土鍋をお持ちで
それを使ってお好み焼きを作っておられた記事が出ていた
この土鍋でお好み焼きが出来ることは知ってはいたけれど
どう考えても鍋底にくっついてしまいそうで実践する勇気がなかったのだ

ちょうどお昼前
本に載ったお好み焼きの写真はそれは美味しそうで
もうすっかりお好み焼きモードに突入してしまった
幸いなことに材料は全部揃っている

土鍋に油を馴染ませたら
生地を流し込みそれから点火
弱いめの中火でじっくり焼く

期待せず でもドキドキしながらコテ二枚を使ってひっくり返す
予想を裏切り殆ど鍋底にくっつくことなく綺麗に裏返った

中央はかなりの厚みになったけれど
外はカリッと 中はジューシーに焼き上がった

我ながら上出来である
このお好み焼き
冷めても美味しかったりする

やっぱり凄いぞ雲井窯

c0090543_22192393.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-27 22:19 | うちごはん | Comments(2)
2008年 10月 26日
市場へ行こう
ぴりぴり雨の降る日曜の午後テクテクと出かける
リュックサックマーケットでその存在を知ったkakkeさんのお店に行こうと思い立ったから
王子公園駅から東に延びている水道筋商店街も久しぶりに覗いてみよう

水道筋商店街はたくさんの人が行き交っている
その中を東へ東へ
手にはリュックサックマーケットの会場でkakkeさんからいただいたショップカードをしっかり握って
目印の青果店と古道具屋さんが見つかったのは商店街のアーケードの東の端だった
角を曲がってすぐのところにkakkeさん発見
カウンターだけの可愛いお店にはお客様が3人
私の姿が見えると常連さんぽいお客さんがすぐに荷物をどけて席を作ってくれた
初めて行ったけれど肩の力が抜けるような空気がそこにはあった

ゆっくりとケーキセットを食べる
c0090543_21142859.jpg

ケーキは幾つかの中から選べるが今日は豆乳のパンナコッタにした
コーヒーは北海道のアトリエモリヒコの豆をその都度ミルで挽いていれてくれる

優雅にお茶をと思っていたけれど
それはお隣のお客さんが着ていたTシャツを私が見たときから一変する
見覚えのある柄 
袖に書かれた”神戸魂世界へ”の文言で確信する 
勇気を出して声を掛ける
「もしかしてヴィッセルのサポーターですか?…私もなんです」

こんなところでサポーターの人に会うとは…お互いにビックリ
さてさてそれからしばし昨日の大分戦の話やらで盛り上がってしまった
kakkeさんが眼をぱちくりされていたように見えたのは気のせいではないな

せっかくここまで来たのだから市場を抜けて帰ろう
少し北にあがると水道筋商店街と平行に市場がある

このご時世を反映するようにシャッターの降りた店舗もあるけれど
思ったよりたくさんの人が行き交っている
みなさん野菜はここで魚は…と決まったお店があるのだろうな

私もあちこちで美味しそうなものを仕入れる
こういうところではお店の人との会話は必須
それが楽しい

駅に着く頃には
買い物バッグは満杯状態である
c0090543_2132759.jpg


少しカーブした線路を電車が入ってくる
うきうきと家に帰ろう

c0090543_21344537.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-26 21:34 | でかける | Comments(4)
2008年 10月 25日
四連勝だあ!
今日はJ1リーグ30節
ヴィッセル対大分トリニータ戦
今まで大分には1勝2分け6敗という苦手な相手
しかも大分は現在リーグ2位と優勝争いにからむチームである

前節の浦和レッズに勝った勢いで今日こそは勝ってほしいと
願いを込めて勝利のお祝い用にスパークリングワインを冷やして出かけた

今日もスタジアムでは様々なイベントがあり
キックオフ一時間前に着いたにもかかわらずたくさんの人で賑わっている
観戦のお楽しみのひとつが美味しいもの
ここホームズスタジアムにも名物の食べ物が幾つかあって
その中から本日はこちらを
c0090543_20594183.jpgc0090543_210135.jpg



















ホームズスタジアムの中にあるレストランウルティモが出している
ヴィッセルさんちのカレーとヴィッセルドッグ
今日はスタッフが慣れていなかったのか少々味が落ちていた感がなきにしもあらずだけれど
それでもいわゆる売店の味とは違う美味しさがある
今日は特別メニューのミネストローネも買う
c0090543_2145734.jpg

具もしっかり入っていてこれも美味

試合はお互い譲らずのまま後半36分
大久保嘉人のヘディングゴールが決勝点となり勝利!
実に1999年以来の4連勝となった

神戸にはレアンドロというフォワードの選手がいるのだが
そのおじいちゃん(元プロサッカー選手)が来日していると神戸は負けないのだ
昨年もおじいちゃんがいる間 神戸は7戦負け無し
まさに勝利の神である
今日も
c0090543_18131911.jpg

出場停止のレアンドロ選手の隣で観戦
今日の勝利はそのお陰?

試合に勝った日は当たり前だが気分がいい
スタジアムの敷地内では”ミサキガーデン”と名付けられた地元商店街の方達による模擬店が出ている
地元にもお金を落とそうという言い訳の元
c0090543_2124813.jpg

スジコンに焼きそば 餃子 ビールと缶酎ハイを買い込み祝勝会第1弾
回りにも神戸のサポーター達がたくさんいて盛り上がっている

帰宅後は冷やしておいたスパークリングワインで引き続き祝勝会
録画しておいた試合の画像を見ながらだとなおさら美味しかったりする
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-25 21:30 | すき | Comments(2)
2008年 10月 24日
お任せの12本
ワイン好きの友人からの耳寄り情報
元町のワインショップジェロボアムさんでワインをおまかせで選んでもらい自宅に直送して貰えるシステムがあるらしい
そちら方面に出かけたついでに早速お店に立ち寄る

12本だと10%オフ送料もサービスだと記憶している(うろ覚えなので正確なことはジェロボアムさんで確認願いたい)

今回は 赤6 白3 ロゼ1 スパークリング2
予算は総額で20000円以内でとお願いした

水曜日に大量の入荷がありそれを待ってから選んで貰ったそうだ
お店での会話でワイン初心者であることは良くおわかりいただいている様子だし
いままでこちらで選んでもらったワインはピンポイントではずれ無しというのは友人達も認めるところである
さてさてどのような12本が選ばれたのか

どのワインにも詳しい説明書きが添えられている
今夜のおかずと照らし合わせながらどれにしようかと選ぶのも楽しい作業である
c0090543_1537775.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-24 15:39 | うちごはん | Comments(4)
2008年 10月 22日
肥後橋で
月曜日大阪に出かける
用があったのは国際会議場
午前中で終わり早速考えるのはランチのこと

梅田に勤務している友人の案内で川沿いにテクテク歩いて目的のお店に向かう
前日京阪中之島線が開通した
木をあしらった入口がいい感じ
川沿いの道も整備されてこれからの季節歩くと気持ちよさそうだ

渡辺橋から少し南へ肥後橋そばのレストランに到着
建物の外観からして期待大である
c0090543_1591139.jpg


1階にもカフェがあるのだが本日は2階のオーガニックトマトへ
川の見える窓縁は特等席だ
c0090543_15123098.jpg


幾つかあるランチメニューから迷った末に選んだのはコロッケランチ
野菜の旨みたっぷりのスープと塩加減良くふっくら炊きあがった玄米はおかわり自由である
c0090543_15141860.jpg


玄米なので普段より噛むことを意識するためか
全員口数少なめ

こちらはマイ箸を持参すると10円引きになるそうだ
この次は是非とも持っていこう
大阪駅からも歩いていける距離
近くには堂島ロールのお店もあり寄り道も楽しそう
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-22 23:52 | でかける | Comments(0)
2008年 10月 21日
リュックサックマーケット 買い物編
お昼頃と終了間際の二度にわたっての買い物で見つけたものたち

一袋100円のカブのおつけもの
素朴な味わいの食パン
kakkeさんのマフィンとパウンドケーキ
サングリア
これら食品は現地で自宅で既に消化済みにつき画像無し
どれも美味しかった!

そして
c0090543_2246359.jpg

封筒など紙類
これらがみんな一束何十円なのだ
喜々としてかっさらうように買ってしまった

ククサも見つけてしまった
白樺のこぶをくりぬいて作られるという北欧の伝統品
小さいのでカップとしての実用性は余りないかもしれないけれど
飾っていても何か入れても可愛い
c0090543_22531899.jpg


帰り支度をしている人が多い中で買った洋服たち
かなり安く手に入れた
ちなみにこれ全部で野口君でおつりが来る
c0090543_22555823.jpg



リュックサックマーケットは会場のせいかどことなくのんびりした雰囲気だ
出店している人もそのユルユル感を楽しまれている様子
もっと早く行っていれば良かった
来月で今年はお終い
次の開催は3月なのだ
来月も行けるといいなあ
お天気になりますように
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-21 22:40 | でかける | Comments(0)
2008年 10月 19日
摩耶山を歩く
リュックサックマーケットで賑わう掬星台を後にしてロープウェーよりも少し西にカーブするルートを徒歩で下る

この道を選んだのは天上寺の跡を見たかったから
山の中を進む道は良く整備されていて私のような初心者でも急がずのんびり歩けば十分楽しめる

c0090543_7512652.jpg


木々の間をしばらく下ってまた少し登ると石の垣が見える
これは権現跡だそう
その南側に天上寺跡がある
昭和51年に火災に遭い無くなってしまった(今は別のところに移転している)
本当に惜しいことである
ここのベンチで景色を眺めながらしばし休憩

かつての参道を下りながら摩耶ケーブルとロープウェーの中継地虹の駅を目指す

c0090543_801328.jpg


石段と坂道をひたすら下る下る…下る下る…
すれ違う人と自然に挨拶できるのは山の力のなせる技か

c0090543_833515.jpg


あちこちにお寺の名残がある
火災に遭っていなければこの景色も違っていただろうにと思う

景色を楽しみつつのんびり歩いたので1時間20分ほどかけて虹の駅に到着
あとはケーブルカーで帰路につく…つもりだったが
再度ロープウェーに乗り込む

掬星台まで戻ってリュックサックマーケットの会場へ再度行く
この時刻だともう終わり頃 きっと投げ売り価格になっているであろう掘り出し物を捜そうというのだ(実はフリマ大好き人間なのだ)

ケーブルカーもロープウェーも乗り放題という年間パスを持っているお陰でこんなことも気楽に出来る

さてさて人の波と逆走するように向かったリュックサックマーケット
狙い通り幾つかの掘り出し物を買い込んで
本日の摩耶山散策はようやく終了したのであった

リュックサックマーケット買い物編は後日
[PR]

by gonnosuke117 | 2008-10-19 07:41 | でかける | Comments(0)